戦国武将のカッコいい異名・あだ名・別名一覧 風神雷神、龍虎獅子、謀将、黒衣の宰相…

スポンサーリンク
日本史

伊達政宗 独眼竜

こちらも戦国時代きっての人気を誇るレジェンドの一人、ご存じ「伊達政宗」。

幼少期に熱病により右目を失明した政宗、眼帯姿で采配を揮うその姿から「独眼竜」の異名で親しまれており、大河ドラマの大ヒット(大河史上最高視聴率を記録)も相まって「独眼竜政宗」という固有名詞は伊達政宗のもう一つの名前となっている感さえありますよね。

柳生宗矩 剣術無双(けんじゅつむそう)

剣聖・上泉信綱より伝授された新陰流の剣豪として世に名を轟かせた柳生石舟斎の息子にして、柳生家の名を後世に残した柳生宗矩の別名が「剣術無双」。

領地を失って浪人の地位にまで落ちた柳生家を大名の地位まで導いた宗矩の政治的手腕ももちろん特筆すべきものなのですが、やはり柳生といえば剣術。宗矩は二代将軍・徳川秀忠の剣術指南役となって柳生新陰流の地位を確固たるものとし、「剣禅一致」「活人剣」といった新たな兵法思想を打ち出したその功績は計り知れないものがあります。まさに「剣術無双」の名に恥じぬ名将です。

スポンサーリンク

真田昌幸 表裏比興の者(ひょうりひきょうのもの)

戦国時代最強の一族との誉れ高い真田氏。父に武田家の信濃先方衆として名を馳せた真田幸隆を持ち、信州上田城で徳川軍に二度までも苦杯を飲ませた事で名高い真田昌幸の異名は「表裏比興の者」。

この異名の由来は石田三成が昌幸を評した言葉です。表裏比興とは、狡猾、老獪、策謀家といった意味が込められており、卑下する言葉というよりもむしろ褒め言葉として使用されています。三成が昌幸を最大限に評価していたことがこの異名からわかりますね。

真田幸村 日本一の兵(つわもの)

最後は戦国屈指の人気者で締めましょう。

「日本一の兵」と称され、現在に至るまで日本人の心を惹きつけ続けている英雄、真田幸村(信繁)です。

大阪冬の陣では真田丸を築いて寄せ来る徳川の大軍を散々に蹴散らし、夏の陣においては乾坤一擲の突撃によって徳川家康に切腹を覚悟させた程の戦上手。まさに祖父・幸隆や父・昌幸の遺伝子を受け継いだ真田の一族です。

そんな大阪の陣での幸村の活躍を手紙にしたためたのが、島津忠恒。「鬼島津」と恐れられた島津義弘の子であり、当時の島津家当主です。その忠恒の手紙の中の一節をご紹介して締めさせていただきましょう。

真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由

コメント