戦国武将のカッコいい異名・あだ名・別名一覧 風神雷神、龍虎獅子、謀将、黒衣の宰相…

スポンサーリンク
日本史

織田信長 第六天魔王(だいろくてんまおう)

こちらはもう説明不要ですよね。三英傑の一人、戦国の風雲児・織田信長です。

多くの異名をとる信長ですが、最も有名なものの一つがこの「第六天魔王」でしょう。この場合の「第六天魔王」とは「仏敵」であり、比叡山焼き討ちや本願寺との抗争など、仏教勢力と激突することの多かった信長らしい異名です。が、いかにも信長という部分が、この異名を自分自身で名乗ったという事でしょう。信長らしいエキセントリックな逸話ですよね。

柴田勝家 瓶割り柴田(かめわりしばた)

織田四天王の筆頭格ともいえる、織田家譜代の家臣・柴田勝家。織田家きっての剛の者といわれた勝家の渾名が「瓶割り柴田」。

その由来は、六角承禎に対する籠城戦で水を絶たれた勝家が、貴重な水の入った瓶を敢えて叩き割って自軍を鼓舞したという逸話からきています。

スポンサーリンク

丹羽長秀 米五郎左(こめごろうざ)

柴田勝家と同じく織田家譜代の家臣にして織田四天王に数えられたのがこの「米五郎左」こと丹羽長秀(にわながひで)。

「米五郎左」の五郎左とは長秀の通称である「五郎左衛門」から。そして「米」の意味は、人間にとっての食料としての米のように、織田家にとってなくてはならないものであるという意味です。同じ四天王の勝家、明智光秀らに比べると地味な印象のある長秀ですが、この異名は長秀の存在の不可欠さを現す見事なものといえるでしょう。

前田利家 槍の又左(またざ)

織田信長の小姓から槍働きで出世し、前田家加賀百万石の礎を築いた前田利家。“かぶき者”として人気の前田慶二の兄としても知られますが、利家自身が若かりし日はかぶき者であったというのもまた有名な話です。

6mを超える長槍を手に戦場で数々の戦功を挙げた利家に相応しい異名こそこの「槍の又左」といえるでしょう(又左は利家の通称である又左衛門から)。

竹中半兵衛重治 今孔明(いまこうめい)

羽柴秀吉に仕えて黒田官兵衛と共に“両兵衛”と呼ばれ、軍師として秀吉の天下取りに大きく貢献した竹中半兵衛重治。彼の別名である「今孔明」とは、現在における諸葛亮孔明という意味です。孔明は中国・三国志時代の蜀の名軍師。軍師にとっては最高の褒め言葉といえるでしょう。

織田信長が何年もかけて落とせなかった難攻不落の稲葉山城(岐阜城)を、計略を用いて僅かな兵で落城させたその手腕はまさに名軍師の名に相応しいものでしょう。

スポンサーリンク

コメント