戦国武将のカッコいい異名・あだ名・別名一覧 風神雷神、龍虎獅子、謀将、黒衣の宰相…

スポンサーリンク
日本史

島津義弘 鬼島津

武勇に秀でた武将の宝庫ともいえる戦国時代の九州の名将の中でもこの人が一番という人も多いのではないでしょうか。そう、「鬼島津」と呼ばれ恐れられた島津家第17代当主の島津義弘です。

いずれ劣らぬ器量を持つ島津四兄弟(他に長兄・義久、三男・歳久、四男・家久)の次男であり、豊臣秀吉、徳川家康という天下人二人も大いに恐れたというこの義弘、その武勇を決定づけたのはあの有名な関ヶ原の戦いにおける敵中突破ですよね。

龍造寺隆信 肥前の熊

「九州三国志」と呼ばれた島津、大友との三つ巴の死闘で有名な龍造寺隆信。沖田畷の戦い(おきたなわてのたたかい)で少数の兵力の敵(島津・有馬連合軍)に不覚を取り最期を迎えたため、評価が低くなりがちな隆信ですが、一時は領国肥前(現在の佐賀県)を追われた龍造寺家を5州2島の大大名へと成長させ、大友、島津と互角に渡り合える存在としたその手腕はもっと評価されて然るべきと思いますね。

「肥前の熊」という別名は、六人で担ぐ駕籠に乗るほどの巨漢であったその身体的特徴からともいわれています。

スポンサーリンク

太原雪斎・南光坊天海等 黒衣の宰相(こくいのさいしょう)

 

この項で取り上げる「黒衣の宰相」とは、権力者の側近として辣腕を振るった僧籍の人物のことをいい、戦国時代には「黒衣の宰相」と呼ばれた人物が複数いますので、ここではその代表的人物を取り上げたいと思います。

太原雪斎(たいげんせっさい)

今川義元の軍師的存在と言われた実力者です。彼が生きていれば「桶狭間の戦い」で主君・義元が信長に討たれることもなかったであろうとまで言われる器量人です。

後の天下人、徳川家康の教育係であり師でもあったという説もあります。

安国寺恵瓊(あんこくじえけい)

中国の太守となった毛利家の外交僧として有名ですね。中国大返しの時に秀吉との和睦をまとめた人物としても知られ、その縁から豊臣秀吉に見込まれて関ヶ原でも西軍につきましたが、敗れて斬首されたという波乱万丈の人生を送った人物です。

金地院崇伝(こんちいんすうでん)

家康の側近中の側近として、家康存命中のブレーン的存在だったのがこの金地院崇伝(以心崇伝とも)。政治、外交、経済に至るまで江戸幕府成立時の重要な法制にはこの崇伝が大きくかかわったとされています。

家康没後はこの後出てくるもう一人の「黒衣の宰相」との政争に敗れましたが、その能力に疑いの余地はありません。

南光坊天海(なんこうぼうてんかい)

前出の崇伝とともに家康の側近として暗躍したといわれるのが南光坊天海。

家康没後の神号を「東照大権現」と決めた人物であり、その神号を巡る争いで金地院崇伝に代わって秀忠の信頼を得、江戸の都市計画等にその手腕を振るったといわれています。

108歳で没したとされるこの「黒衣の宰相」はその前半生が謎に覆われており、日本史の中でも非常にミステリアスな存在となっています。山崎の戦いで落ち武者狩りによって命を落とした明智光秀が実は生き延びており、後に天海となったという異説もそのようなベールに包まれた前半生からきているのでしょうね。

スポンサーリンク

コメント