戦国武将のカッコいい異名・あだ名・別名一覧 風神雷神、龍虎獅子、謀将、黒衣の宰相…

スポンサーリンク
日本史

北条氏康 相模の獅子(さがみのしし)

下剋上の祖といわれる北条早雲の孫であり、後北条家三代目として関東に覇を唱えた名将、北条氏康。

駿河の今川、甲斐の武田と甲相駿三国同盟を結び、越後の上杉謙信や常陸の佐竹、安房の里見に関東管領山内上杉氏などと死闘を繰り広げた氏康は、“甲斐の虎”信玄と‘越後の龍’謙信に対して「相模の獅子」との異名をとりました。龍・虎・獅子で繰り広げられた名勝負の数々は「関東三国志」と呼ばれて今でも語り草となっています。

立花道雪 雷神・雷の化身

九州北部を領した大友家の宿老にして、その武勇は戦場の敵を震え上がらせたとも伝わる立花道雪。

その渾名である「雷神」「雷の化身」の由来は、道雪が若いころに落雷によって半身不随になったという逸話から。不自由な体ながら、輿に乗って采配を振るい敵を蹴散らすその姿はまさに「雷の化身」と呼ぶに相応しい勇猛さであったといわれています。

スポンサーリンク

高橋紹運 風神

大友宗麟の家臣として、「雷神」立花道雪と並んで「風神」と称された猛将・高橋紹運(たかはしじょううん)。道雪と紹運、この大友家の“風神雷神”の活躍がなければ大友家の隆盛もなかったといわれる程です。

後に父に勝るとも劣らぬ猛将と名を馳せる立花宗茂の実父であり、大友家の窮地を救うために激烈な死を遂げた島津軍との「岩屋城の戦い」は思い起こすだけで胸が熱くなります。

立花宗茂 西国無双(さいごくむそう)

「西国無双」の異名をとった立花宗茂は、関ヶ原の戦いで西軍に与して改易され、浪人へと身をやつしながら最終的には旧領である筑後柳河藩主に復帰したという異色の経歴の持ち主です。

「西国無双」…西に敵なしの異名を持つ宗茂ですが、その呼び名もさもありなん。彼の実父は大友家の“風神”高橋紹運、そして義父(妻・誾千代の父)は“雷神”立花道雪なのです。風神雷神を父に持つ西国無双の武将。鷹の子は鷹だという事ですね。

本多忠勝 東国無双(とうごくむそう)

刃先にとまったトンボが真っ二つに切れたという名槍・蜻蛉切(とんぼきり)を手に幾多の戦で手柄を立て、傷一つ負わなかったといわれる徳川四天王の一人、本多忠勝(ほんだただかつ)。戦国時代の最強武将を語る上で必ず名が挙がる、戦国最強候補の一人です。

天下人となった豊臣秀吉はこう語ったといわれています。

「東に本多忠勝という古今無双の将がいれば、西には立花宗茂という古今無双の将がいる」

スポンサーリンク

コメント