バラエティ/クイズ番組の歴代高視聴率ランキング 萩本欽一や大橋巨泉、志村けん&加藤茶等視聴率男がズラリ

スポンサーリンク
エンタメ

第6位 38.2% 連想ゲーム (1981年/NHK) 出演:加藤芳郎・中田喜子

放送期間 :1969年4月9日~1991年3月20日
放映時間 :毎週水曜日19:30~20:00他
放 送 局:NHK総合
主な出演者:加藤芳郎・中田喜子他
最高視聴率:38.2%(1981/9/23放送)

これまた懐かしい。今は亡きおばあちゃんが大好きで毎週楽しみに見てました。紅組と白組に別れて各チームキャプテンが出すヒントから連想される答えを当てるという実にシンプルなクイズ番組でしたね。

最高視聴率を記録した1981年当時のキャプテンは漫画家の加藤芳郎氏と女優の中田喜子さんでした。個人的に一番思い出深いレギュラー解答者はベテラン俳優の田崎潤さん。解答の際のあのバカデカい声(すんません汗)は未だに忘れられません(笑)。

第5位 38.8% 欽ドン!良い子悪い子普通の子 (1982年/フジテレビ) 出演:萩本欽一

放送期間 :1981年4月6日~1983年9月12日
放映時間 :毎週月曜日21:00~21:54
放 送 局:フジテレビ系列他
制作著作 :フジテレビ
主な出演者:萩本欽一
音   楽:あかのたちお
最高視聴率:38.8%(1982/7/26放送)
プロデューサー:常田久仁子

通称「欽ドン」と呼ばれるこの番組でふつお・よしお・わるおを演じた長江健次、山口良一、西山浩司によるユニット「イモ欽トリオ」の「ハイスクールララバイ」はオリコンチャート7週連続1位というスーパーヒットを記録しました。その他、一人で良い妻・悪い妻・普通の妻を演じた歌手の中原理恵さんもその多芸ぶりが評価されて大人気タレントとなりましたよね。普通のOL・フツ山を演じた当時中学生の松居直美さんもこの番組でブレイクしました。この辺りの欽ちゃんのプロデュース力と眼力はやはり只者ではないといわざるを得ません。

ちなみに若き日の柳葉敏郎さんが良川先生を演じたのはこの後番組の「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」の方ですね。

第4位 40.8% クイズダービー (1979年/TBS) 出演:大橋巨泉、はらたいら、竹下景子他

放送期間 :1976年1月3日~1992年12月19日
放映時間 :毎週土曜日19:30~20:00
放 送 局:TBS系列他
構   成:景山民夫、菅谷健一
音   楽:たかしまあきひこ、ボブ佐久間
主な出演者:大橋巨泉、はらたいら、竹下景子他
最高視聴率:40.8%(1979/6/30放送)

ここから上位のランクは40%超え

無類の競馬マニアだった大橋巨泉がオッズによって馬券を買うスタイルをクイズにとり入れて大成功させた人気クイズ番組がこの「クイズダービー」。ここから8時の「8時だョ!全員集合」という流れはまさに1970年代後半~80年代前半のTBSの必殺パターンでしたね。

解答者も安定感抜群の漫画家、3枠のはらたいらさんと三択の女王・4枠の竹下景子さん、外れても憎めない1枠の篠沢教授と個性豊かな面々が揃っていました。

スポンサーリンク

第3位 42.0% 欽ちゃんのどこまでやるの! (1983年/テレビ朝日) 出演:萩本欽一

放送期間 :1976年10月6日~1986年9月24日
放映時間 :毎週水曜日21:00~21:54
放 送 局:テレビ朝日系列他
制作著作 :テレビ朝日
企   画:秋房子
制作協力 :浅井企画
主な出演者:萩本欽一
最高視聴率:42.0%(1983/8/19放送)
プロデューサー:皇達也

欽ちゃんの代表番組の一つでもある「欽どこ」が3位となっています。この42%という驚異の視聴率を記録した1983年当時の萩本欽一さんはまさに絶頂期。この「欽どこ」以外に「欽どん」「週刊欽曜日」と高視聴率番組レギュラーを数多く抱える超売れっ子だったのです。

欽ちゃんのバラエティでは欽ちゃんに見出されてブレイクを果たした芸能人がたくさんいました。もちろんこの「欽どこ」も例外ではありません。のぞみ・かなえ・たまえによるユニット「わらべ」や長男役の見栄晴(藤本正則)、そのお母さんにして欽ちゃんの妻役を演じた女優・真屋順子さんに、黒子とグレコの小堺一機・関根勤、村の時間の頼りないアナウンサー役の斎藤清六…。何度も言いますが、欽ちゃんの眼力恐るべしなのです。

第2位 42.2% クイズ面白ゼミナール (1982年/NHK) 出演:鈴木健二

放送期間 :1981年4月9日~1982年3月25日
放映時間 :毎週木曜日20:00~20:49他
放 送 局:NHK総合
主な出演者:鈴木健二
最高視聴率:42.2%(1982/9/12放送)

著書である「気くばりのすすめ」が単行本・文庫本合わせて400万部を超える大ベストセラーとなり、一躍時の人となったNHKアナウンサーの鈴木健二さんが司会を務めた人気クイズ番組がこの「クイズ面白ゼミナール」でした。

この「クイズ面白ゼミナール」という番組は、その圧倒的な知識力と分かりやすく且つ知性的で巧みな話術、親しみやすい人間性を併せ持った、類い稀なる能力を有したこの鈴木健二さんという不世出の天才アナウンサーありきの番組といっていいでしょう。

いわゆるMCが行う、解答者との掛け合いや番組進行といった部分は元より、問題の出題や回答の解説まで鈴木さんが一人で行うという、今のクイズ番組では考えられない程の仕事量をこなしていましたね。しかもそれが全て完璧な仕事という…。子ども心ながらに「あー、NHKの人って凄いんだなぁ」と思っていましたね(笑)。

第1位 47.6% 8時だヨ!全員集合 (1987年/TBS) 出演:ザ・ドリフターズ

放送期間 :1969年10月4日~1985年12月28日
放映時間 :毎週土曜日20:00~20:54他
放 送 局:TBS系列他
製作著作 :TBS
企   画:渡辺プロダクション
音   楽:たかしまあきひこ/山本直純、青山勇
主な出演者:ザ・ドリフターズ
最高視聴率:47.6%(1987/11/21放送)

恐らく50代以上の方々にはほぼ予想通りの第1位なのではないでしょうか。わたしもまあこの番組が1位だろうなと思っていました。

「8時だヨ!全員集合」

もう何も言う事はないでしょう。日本のテレビ番組を変えたといっても過言ではない番組です。この番組で育った子供たちが一体何人いたでしょうか。いかりや長介、加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けん、荒井注…。偉大なるコメディアンの皆さん、まさに歴史に名を残す方々です。夢と笑いをありがとうとこの番組で育った一人として心から言いたいですね。まあ途中から「オレたちひょうきん族」に浮気してしまいましたが…(爆汗)

コメント