大河ドラマ史上最高にカッコいいライバル・敵役や脇役キャラは?歴代作品・キャストから選んだ登場人物たち

スポンサーリンク
時代劇

芹沢鴨(せりざわかも)「新選組!」演:佐藤浩市

近藤や土方、沖田らの前に立ちはだかる物語前半の最大の敵だったのが新撰組初代局長・芹沢鴨。演じた俳優は三谷作品常連の佐藤浩市さん。

佐藤さんの父である三國連太郎さんもかつて映画で演じられたこの芹沢鴨。大酒のみで粗暴な人物として描かれることの多い芹沢ですが、佐藤さんの芹沢は繊細で弱い部分もしっかりと表現されており、芹沢の葛藤をうまく描いてあります。良い意味で人間臭さを感じ取る事が出来る人物ですね。

土方らとの最終決戦の夜。寝室に踏み込んだ土方や沖田を嘲笑う芹沢鴨の笑顔が雷光で露になった場面は恐怖とともにそのカッコよさに震えがきましたね。

上杉謙信(うえすぎけんしん/長尾景虎)「風林火山」演:GACKT

武田信玄の伝説の軍師として活躍した山本勘助の半生を描いた2007年の大河ドラマ「風林火山」。“甲斐の虎”信玄といえば、永遠のライバルである“越後の龍”上杉謙信。武田家を主人公サイドとして描くのであれば、上杉謙信は当然準主人公的扱いとなります。

その意味で注目された「風林火山」での上杉謙信役ですが、そのキャストが人気ミュージシャンであるGACKTさんと発表された時のインパクトたるや、ネットなどでも大騒ぎだったことを思い出しますね。

信心厚かった謙信は多くの作品で僧形姿で描かれる事が多いのですが、このGACKT謙信は長髪の水干(すいかん)姿。妖艶で神秘的なその謙信像はこれまたインパクト十分。

とにかくインパクトという点においてはこの上杉謙信は大河キャラ史上屈指でしょう。賛否両論あったこのGACKT版謙信ですが、とにかくカッコよかった。そこはアンチの方々も認める部分でしょう。唯一無二のオリジナリティを持ったこの謙信が“有り”だったのも、やはりこの「風林火山」というドラマ自体が徹底的に重厚で硬派なドラマだったからでしょう。だからこそ異形の謙信も一層際立ち、多くのファンに受け入れられたのだと思います。「スイーツ大河」での登場だったらスイーツの象徴として大きく批判を受けていたような気がしますね。

織田信長(おだのぶなが)「天地人」演:吉川晃司

「スイーツ大河」と揶揄される事も多い2009年の大河ドラマ第48作目「天地人」。ファンの間では決して評価が高いと言えないこの作品ですが、個々のキャラクターを見ればハマり役もあるのです。

個人的おススメは織田信長ですね。大河ドラマ初出演であるミュージシャンの吉川晃司さんがキャスティングされたことでも話題となりました。

天下人となった織田信長のエキセントリックな部分や現実主義者(リアリスト)的側面を見事に好演した吉川晃司さん。ビジュアル的にもハマっていましたよね。

この後、吉川さんは俳優としても様々な作品で活躍される事となるのですが、このドラマの信長役での演技が高評価だったことも無関係ではないでしょう。

岡田以蔵(おかだいぞう)「龍馬伝」演:佐藤健

1968年の「竜馬がゆく」以来、42年ぶりに坂本龍馬を主人公として描いた「龍馬伝」。幕末屈指の人気を誇る日本史の英雄・龍馬を演じたのは福山雅治さんでした。

そんな龍馬の同郷の親友で幕末四大人斬りの一人、“人斬り以蔵”こと岡田以蔵を演じたのは人気俳優の佐藤健さん。

時代に翻弄されて最後は非業の死を遂げる以蔵の哀愁の刑死は、土佐勤皇党の武市半平太(大森南朋)の壮絶な最期とともに間違いなく前半のハイライトでしたね。大きく目を腫らして涙を流す刑場での斬首前の以蔵のあの表情は未だに忘れられません。

個人的に一つケチをつけさせてもらえるのであれば、佐藤さんの素晴らしいアクションを活かすためにもっと殺陣のシーンが欲しかったですね。

コメント

  1. リキ太 より:

    初めまして。いつもとても楽しみに拝読しております。
    まずは今回取り上げられた名優の方々については全面的に全力で賛同します。私も挙げだしたらキリがないのですが…敢えてお一人加えるとすれば「八重の桜」に出演していた綾瀬剛さん(松平容保 役)です。私の中のベスト容保公です。笑
    今回は男性ばかりでしたので、きっと女優編もあるかと勝手に期待しております。(以前の記事のヒロイン編?と被ってしまうまかも知れませんね。)ヒロイン編に無かったので女優もお一人挙げます。準大河「真田太平記」の遥くららさん(お江 役)です。こちらも替わりが想像できません。

    • りぞっと より:

      お江さんは素晴らしかったですよね。確かにリメイクするとなっても代役は今の女優さんでは見つかりません。引退されたのが残念ですね。
      本当に真田太平記は素晴らしかったです。実は真田太平記からは又五郎も選ぼうかと思ったんです。夏八木勲さん大好きなんで(笑)。蓮司さんの猫田与助も素晴らしかったし、中村梅之助さんの家康もハマり役でした。今見ても全く色あせない名作です。景勝公に真田親子やこの辺りは素晴らしいキャスティングでした。
      八重の桜の容保公ですか。あのドラマの会津戦争までは本当に面白かったですね。綾野剛さんもピッタリでした。
      実は来年の「麒麟がくる」辺りで再び綾野さん何かの役で来るかなってひそかに期待してるんですけどね。

  2. リキ太 より:

    先日、三國連太郎さんが芹沢鴨を演じている「新選組」をcsで視聴しました…今さらながらでお恥ずかしい限りですが。
    何となく知っている?新選組の古典的名作をいつか視てみようと思っておりました。

    何本か作品を視ましたがさすがは名優 三國さん!他の方々とは一線を画した演技でした。
    そして、佐藤浩市さんに似てますよね〜。見た目もそうですが、演技が!
    “三國さん+カッコ良さ=佐藤浩市さん”という感じです。
    三國さんは重量感=スケール感があるだけに醸し出す小者の演技からくる哀れさがたまりませんでした。