必殺シリーズ歴代主題歌&挿入歌と歌手一覧 歴史的名曲の数々を作詞家や作曲家データ等と共に

スポンサーリンク
時代劇

第11作 新・必殺からくり人 東海道五十三次殺し旅 主題歌「惜雪」みずきあい

主題歌「惜雪」
歌手:みずきあい

作詞:喜多條忠
作曲:平尾昌晃
作曲:竜崎孝路

再び主演としてからくり人シリーズに帰ってきた山田五十鈴さん主演のこのドラマの主題歌を歌ったのはみずきあいさん。1976年に「愛は引き潮」でデビューした2年目の若手歌手ですね。

作曲・平尾昌晃、編曲・竜崎孝路の黄金コンビは変わらず、作詞にはかぐや姫「神田川」で知られる喜多条忠(きたじょうまこと)さんを迎えた本作も、からくり人シリーズの哀愁をよく表している佳曲となっています。

第12作 江戸プロフェッショナル・必殺商売人 主題歌「夢ん中」小林旭

主題歌「夢ん中」
歌手:小林旭

作詞:阿久悠
作曲:森田公一
作曲:EDISON

それまで必殺シリーズの音楽を担当していた平尾昌晃氏が歌手活動の多忙のため、初めて平尾氏以外の作曲家が起用された本作「必殺商売人」。

本作の主題歌には、作詞には昭和の大ヒットメイカー・阿久悠氏。作曲は森田公一とトップギャランで「青春時代」のメガヒットを放った他、多くの楽曲提供で作曲家としても超大物の森田公一氏で、編曲には秋川雅史さんの「千の風になって」他多数のヒット曲の編曲やプロデュースで知られるEDISON氏。そして歌うは日活の大スター、小林旭。まさに昭和歌謡界を代表する超豪華メンバーとなっています。

小林旭さんの曲といえば、「熱き心に」や「昔の名前で出ています」が有名ですが、個人的にはこの「夢ん中」が断トツで好きです。本当に名曲中の名曲です。カラオケで歌ったら染みますよ~(笑)

第13作 必殺からくり人・富嶽百景殺し旅 主題歌「夢ん中」小林旭

主題歌「夢ん中」
歌手:小林旭

作詞:阿久悠
作曲:森田公一
作曲:EDISON

前作「必殺商売人」に続いて主題歌には小林旭さんの「夢ん中」が起用されたからくり人シリーズ最終作となったこのドラマ。ただし、2番の歌詞が起用された「商売人」と違ってこちらは1番の歌詞が使われています。

スポンサーリンク

第14作 翔べ!必殺うらごろし 主題歌「愛して」和田アキ子

主題歌「愛して」
歌手:和田アキ子

作詞:浜田省吾
作曲:浜田省吾
作曲:井上鑑

前作と同じく多忙のため平尾昌晃氏が音楽担当から外れたこのドラマ。劇中音楽は「新・必殺仕置人」で火野正平さんの挿入歌の編曲を担当した比呂公一氏が手がけましたが、主題歌を手掛けたのはなんとあの“ハマショー”浜田省吾さん。んでもって歌ったのはドラマ内で殺し屋「若」を演じたあの和田アキ子さん!夢の競演という言葉も大げさではない大物同士のタッグです。

曲はハマショー作だけあって従来の必殺主題歌とは一線を画すロック調。和田さんのパワフルなヴォーカルも相まって素晴らしい出来となっています。

なお、浜田省吾さんの名曲「愛を眠らせて」(アルバム“マインド・スクリーン”収録)はこの「愛して」の歌詞違い曲です。ちなみに「愛を眠らせて」の歌詞はあの三浦徳子さんによるもので、こちらもまあ超豪華なんですよね。聴き比べてみるのも一興です。

第15作 必殺仕事人 主題歌「浜千鳥情話」金沢明子

主題歌「浜千鳥情話」
歌手:金沢明子

作詞:茜まさお
作曲:平尾昌晃
作曲:竜崎孝路

主題歌「みちのく流れ唄」
歌手:金沢明子

作詞:茜まさお
作曲:平尾昌晃
作曲:竜崎孝路

挿入歌「いま走れ!いま生きる!」
歌手:三田村邦彦

作詞:三田村邦彦
作曲:小坂明子
作曲:小坂務

必殺シリーズ中最長記録となる約2年間・全84話のロングラン人気シリーズとなった「必殺仕事人」で主題歌となったのが「浜千鳥情話」。4作ぶりに平尾昌晃さんが必殺音楽を担当することとなった復帰作でもあります。

金沢明子さんが歌い上げるこの「浜千鳥情話」も異色の主題歌といえるでしょう。金沢さんの圧倒的声量と高音域でのパワフルな熱唱はそれまでのしっとりとした必殺主題歌とは一線を画すものとなっています。演歌の持つ詫び寂びに民謡の熱量がプラスされて唯一無二のせか世界観を形成しています。

なお、飾り職人の秀役で大ブレイクしてこの後必殺不動のレギュラーに君臨する三田村邦彦さんが自身で作詞して歌った曲も挿入歌として使用されています。作曲・小坂明子、編曲・小坂務という超大物親子との合作となっています。

コメント