ROOKIES(ルーキーズ)ドラマ・映画版ニコガク野球部員一覧②高校生役を演じた俳優の実年齢比較も

森田まさのり原作の人気漫画、「ROOKIES」の実写ドラマ及び劇場版でニコガク野球部員を演じた今を時めく人気俳優たちのキャストとプロフィール紹介後編。早速行きましょう。

なお安仁屋や新庄、御子柴らに関してはこちらの記事をどうぞ。

ROOKIES(ルーキーズ)ドラマでニコガク野球部員役でブレイクの豪華若手俳優➀

スポンサーリンク



センター・関川秀太(せきかわしゅうた)役:中尾明慶(なかおあきよし)

ニコガクの切り込み隊長・不動の一番センターといえば、モヒカンヘアの韋駄天・関川秀太ですよね。野球部再建に孤軍奮闘していた御子柴に対して一番最初に同調して野球部に復帰した男、関川。そんな関川秀太を演じたのが…

名   前:中尾明慶(なかおあきよし)
生年月日 :1988年(昭和63年)6月30日
出 身 地:東京都中野区
身   長:172cm
血 液 型:A型
デビュー年:2000年(平成12年)
所属事務所:ホリプロ

現在では俳優はもちろんの事、バラエティなどでのタレント活動やレーシングドライバー、声優、小説家としても活躍するマルチな才能を発揮している中尾明慶さんです。この「ROOKIES」当時の年齢は、ニコガクの中でも最年少の佐藤健さんに次ぐ20歳という若さでした。とはいえ、子役時代からのその俳優キャリアは長く、ニコガクメンバーの中でも芸歴ではベテランの域に入るほどですね。

金髪モヒカンというド派手なヘアスタイルとは対極といってもいい、優しさや思いやりに溢れた“漢”の役はそのルックス的なハマり具合と相まって実にピッタリでした。女優の仲里依紗さんと結婚したのはこのドラマから5年後となります。今では夫婦生活を番組で語る事なども多く、そのエピソードの面白さなども手伝って新たな芸能界のおしどり夫婦のポジションを確実に築きつつありますね(笑)

ライト・今岡忍(いまおかしのぶ)役:尾上寛之(おのうえひろゆき)

平塚を「平っち」と呼ぶほど仲が良く名コンビぶりを発揮したライトの今岡忍(途中から岡田とポジションチェンジでレフトに)。ニコガクメンバー内では最も影の薄いといってもいいキャラですが、内外野にピッチャーもこなせるマルチぶりに加え、プレースタイルもまさかのアンダースローや一本足打法(笑)等、平塚もビックリするほどの隠れた「意外性男」であり、赤星入部前は貴重な「ユーティリティープレーヤー」でもありました。そんな今岡役は子役からの叩き上げであるこの俳優さんです。

名   前:尾上寛之(おのうえひろゆき)
生年月日 :1985年(昭和60年)7月16日
出 身 地:大阪府茨木市
身   長:165cm
血 液 型:A型
デビュー年:1993年(平成5年)
所属事務所:鈍牛倶楽部

小学校低学年から子役としてこの世界でもまれてきた実力派バイプレーヤーの尾上寛之さんです。ドラマ放映時は23歳ですが、芸能界でのキャリアはニコガクメンバー内でも断トツの存在でしたね。

不良揃いのニコガク野球部の中では見た目も性格も至ってフツーの(に見える)今岡は、ある意味「ROOKIES」において異端の存在ともいえるかもしれませんが、今岡の飄々と人を食ったような、しかしながら根底にチーム愛を持つという難しい役柄を尾上さんは見事に演じていたといっていいでしょう。まさに名脇役というやつです。

代打の切り札・平塚平(ひらつかたいら)役:桐谷健太(きりたにけんた)

悪球打ちの代打の切り札、ニコガク最終兵器の平塚平。打撃においても守備においても、型にはまらないその意外性は幾度となくニコガク野球部を救ってきた、影のヒーローでもあります。チーム最高のムードメイカーにしてニコガクのお笑い担当(笑)、平っちを演じたのがこの人気俳優さんです。

名   前:桐谷健太(きりたにけんた)
生年月日 :1980年(昭和55年)2月4日
出 身 地:大阪府大阪市北区天神橋6丁目
身   長:181cm
血 液 型:O型
デビュー年:2002年(平成14年)
所属事務所:ホットロード

俳優としてだけでなく、紅白出場歌手にまで昇りつめた桐谷健太さん。桐谷さんの平塚には何度となく笑かしてもらいました(笑)。

恐らく、この「ROOKIES」出演によって一番ブレイクした俳優こそこの桐谷さんといっていいと思います。それまでも映画やドラマに出演はしていましたが、このドラマの平塚役によって人気・知名度とも爆発的にアップしたのは間違いないところでしょう。

人気CMであるauの「三太郎」シリーズにおける浦ちゃん(浦島太郎)やこの平塚のような明るい役はもちろん、喧嘩っ早い役や狂気を帯びた役等も魅力的な桐谷健太さん。個人的には「龍馬伝」の池内蔵太が非常に素晴らしかっただけに、もっと時代劇でも見てみたいですね。

スポンサーリンク



メジャー志向の天才・赤星奨志(あかぼししょうじ):山本裕典(やまもとゆうすけ)

連続ドラマ終了の約10か月後に劇場公開された映画「ROOKIES」から加わったのが、安仁屋らの1学年下の世代の後輩となる二人の新入部員です。そのうちの一人が赤星奨志。投打に天才的なセンスを誇り、メジャーリーグ以外は興味が無いと言い放つ、まさに野球の天才児です。プライドが高く生意気で個人主義ながら、段々と熱き心に目覚めていく天才を演じたのは…

名   前:山本裕典(やまもとゆうすけ)
生年月日 :1988年(昭和63年)1月19日
出 身 地:愛知県豊川市
身   長:180cm
血 液 型:A型
デビュー年:2006年(平成18年)
所属事務所:なし(引退)

赤星役を演じたのは、劇場版公開当時21歳だったジュノンスーパーボーイコンテストで準グランプリを受賞して芸能界デビューした山本裕典さんでした。デビューはこの2年前の「仮面ライダーカブト」での仮面ライダーサソード役でしたね。その翌年にはTBSの昼ドラ「マイフェアボーイ」で早くも連ドラ初主演を果たす等、「ROOKIES」出演時には既に若手有望株として注目の存在となっていました。

数々のドラマや映画で活躍した山本さんでしたが、2017年には所属事務所との契約を終了して芸能界を引退。引退後は友人と飲食店を経営していると報じられました。五十嵐隼士さんに続くニコガク野球部メンバーの芸能界引退は寂しい限りです。

補欠・濱中太陽(はまなかたいよう):石田卓也(いしだたくや)

絶体絶命の状態を助けられたという勘違いから、1コ上の平塚平を神のように崇め尊敬してやまずにニコガク入りした濱中太陽。平塚とは別の意味でのムードメイカーでありいじられ役の浜中を演じたのは一体誰でしょう。

名   前:石田卓也(いしだたくや)
生年月日 :1987年(昭和62年)2月10日
出 身 地:愛知県
身   長:171cm
血 液 型:B型
デビュー年:2005年(平成17年)
所属事務所:不明

劇場版公開当時22歳の石田卓也さん。同学年の赤星を演じた山本裕典さんと同じ愛知県出身で、「ジュノン・スーパーボーイコンテスト」をきっかけに芸能界入りというのも共通点となっています。

この映画出演前には「リアル鬼ごっこ」などで主演を務めており、新レギュラーとして申し分ない実績を買われてのキャスティングといえるでしょう。

2018年現在、以前所属していた「フロム・ファーストプロダクション」のHPからはその名が消えており、現在はフリーなのかどこかの事務所に所属しているのかは不明となっていますが、2018年公開の映画「あの日の伝言」に出演する等、俳優としての活動は切れていないようなので一安心といったところでしょうか。

二子玉川学園野球部監督・川藤幸一(かわとうこういち):佐藤隆太(さとうりゅうた)

最後にこのドラマの主人公であり、ニコガク野球部監督として不良軍団の目を覚まさせた川藤幸一役をご紹介しましょう。もちろん皆さんご存知でしょうが(苦笑)

名   前:佐藤隆太(さとうりゅうた)
生年月日 :1987年(昭和62年)2月10日
出 身 地:東京都目黒区
身   長:180cm
血 液 型:A型
デビュー年:1999年(平成11年)
所属事務所:ケイファクトリー

1999年にデビューして翌年に放送された「池袋ウエストゲートパーク」のマサ(森正弘)役で一気にブレイク、スター街道を駆け上がった佐藤隆太さんが熱血教師・川藤幸一を演じました。

超のつく漫画「ROOKIES」のファンだった佐藤さんは、この川藤役が出来るなら引退してもいいという程思い入れの強い役だったようです。ちなみに、大の阪神タイガースファンとして有名な原作者の森田まさのり先生と同じく、佐藤さんも熱狂的な虎キチとして知られています。

数多くの名作に出演している佐藤さんの代表作の一つである作品なのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク



まとめ:ニコガクメンバー一覧とドラマ放映時の出演俳優実年齢

いかがでしたでしょうか。今考えてみればニコガク野球部メンバーのキャストは本当に豪華だったというのがお分かりいただけるでしょう。このメンツが揃ったのも、まだこれらの人気俳優たちが今ほどのビッグネームではなかったからだったのです。

最後にまとめを兼ねて、もう一度ニコガク野球部メンバーと当時の年齢を一覧にしてご紹介しておきましょう。

登場人物名 キャスト名 俳優実年齢
安仁屋恵壹 市原隼人 21歳
若菜智哉 高岡蒼佑 26歳
湯舟哲郎 五十嵐隼士 22歳
御子柴徹 小出恵介 24歳
新庄慶 城田優 22歳
桧山清起 川村陽介 25歳
岡田優也 佐藤健 19歳
関川秀太 中尾明慶 20歳
今岡忍 尾上寛之 23歳
赤星奨志 山本裕典 21歳
濱中太陽 石田卓也 22歳
川藤幸一 佐藤隆太 28歳

ニコガクメンバー最年長は高岡蒼佑さんの26歳で最年少は佐藤健さんの19歳。高校生の実年齢に最も近かったのは佐藤健さんでした。

高岡さんと監督役の佐藤隆太さんとは2歳しか年が違わなかったんですね。しかしそういった原作との年齢的な相違はほとんど感じなかった気がしますが皆さんはいかがでしょうか。

中には不祥事によって挫折した俳優さんや芸能界を引退した方、今やトップ俳優の仲間入りをした俳優さん…と様々ですが、ニコガク魂で人生を生き抜いてほしいものですね。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ