歴代最高視聴率30%超えの民法連続ドラマランキング一覧 トップ4は何と40%超え

スポンサーリンク
ドラマ

第24位 誰にも言えない 最終回(1993年/TBS) 主演:賀来千香子

放送期間 :1993年7月9日~9月24日
放映時間 :毎週金曜日22:00~22:54
ドラマ枠 :金曜ドラマ
放送回数 :全12話
制   作:TBS
音   楽:小林武史
主 題 歌:松任谷由実「真夏の夜の夢」
脚   本:君塚良一
主   演:賀来千香子
最高視聴率:33.7%(最終話)
プロデューサー:貴島誠一郎

ちょうど1年前の同じ「金曜ドラマ」でセンセーションを巻き起こした「ずっとあなたが好きだった」と同じ賀来千香子さん主演で佐野史郎さんと野際陽子さんも出演したこのドラマ。登場人物は違いますが、位置づけとしては続編と捉えてもいいと思います。

冬彦さんの怪演で人気を博した佐野さんはここでも高木麻利夫(マリオ)役でさらにパワーアップした強烈キャラを演じてくれています。

第21位 熱中時代 第2シリーズ第1話(1980年/日本テレビ) 主演:水谷豊

放送期間 :1980年7月5日~1981年3月28日
放映時間 :毎週土曜日21:00~21:54
ドラマ枠 :土曜グランド劇場
放送回数 :全38話
制   作:日本テレビ
音   楽:平尾昌晃
主 題 歌:水谷豊「やさしさ紙芝居」
脚   本:布勢博一、篠崎好、田上雄、桃井章
主   演:水谷豊
最高視聴率:34.1%(第1話)
プロデューサー:高野幹夫、永野保徳

ご存知、熱血小学校教師の北野広大(きたのこうだい)を水谷豊さんが演じて一大ブームを巻き起こした学園ドラマです。当時小生は小学生でしたが、クラスのほとんど全員が見ていたと思います。TBSの裏番組で人気刑事ドラマの「Gメン’75」を放送していて両親がそちらを見ていたので、お爺ちゃんの部屋で見せてもらっていたのが懐かしいですね(笑)

平均視聴率では第1シリーズに及ばなかったものの、この後もスペシャルドラマが3本製作されるなど、後々まで根強い人気を誇った名作ですね。

第21位 ずっとあなたが好きだった 最終回(1992年/TBS) 主演:賀来千香子

放送期間 :1992年7月3日~9月25日
放映時間 :毎週金曜日22:00~22:54
ドラマ枠 :金曜ドラマ
放送回数 :全13話
制   作:TBS
音   楽:小林武史
主 題 歌:サザンオールスターズ「涙のキッス」
脚   本:君塚良一
主   演:賀来千香子
最高視聴率:34.1%(最終話)
プロデューサー:貴島誠一郎

賀来千香子さん主演の金曜ドラマですね。相手役は布施博さんでしたが、この主役と相手役を見事なまでに食ってしまったのが冬彦さんを演じた佐野史郎さんと、冬彦を溺愛するその母親を演じた野際陽子さん。

「マザコン夫」と「息子を溺愛する姑」を怪演した二人の強烈な存在感によってこのドラマも「冬彦さん現象」という社会現象を巻き起こしました。初回放送時は13.0%だった視聴率が最終回では34.1に跳ね上がっているという事実だけ見てもその凄さがご理解いただけるのではないでしょうか。

第21位 ひとつ屋根の下2 最終回(1997年/フジテレビ) 主演:江口洋介

放送期間 :1997年4月14日~6月30日
放映時間 :毎週月曜日21:00~21:54
ドラマ枠 :月9
放送回数 :全12話
制   作:フジテレビ
音   楽:日向敏文
主 題 歌:チューリップ「サボテンの花」
脚   本:野島伸司
主   演:江口洋介
最高視聴率:34.1%(最終話)
プロデューサー:杉尾敦弘

第1作目の大ヒットを受けて制作された人気ドラマの第2シリーズの最終回も堂々のランクインです。「「あんちゃん」こと達也、「チイ兄ちゃん」こと雅也、小雪らの柏木家が織り成す笑いと涙のハートフルドラマですね。

江口洋介と福山雅治という今では実現不可能な豪華キャストに脚本は当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった野島伸司氏という事で、大ヒットも当然といった感がありますね。

第19位 渡る世間は鬼ばかり 第3シリーズ最終回(1997年/TBS) 主演:山岡久乃

放送期間 :1996年4月4日~1997年3月27日
放映時間 :毎週木曜日21:00~21:54
ドラマ枠 :木曜21時
放送回数 :全50話
制   作:TBS
音   楽:羽田健太郎
脚   本:橋田壽賀子
主   演:山岡久乃
最高視聴率:34.2%(最終話)
プロデューサー:井下靖央

1990年の第1シリーズ開始以来、現在でも定期的にスペシャルドラマが制作されている、TBSの看板といってもいい長寿ドラマシリーズ「渡る世間は鬼ばかり」高視聴率ドラマだった「渡鬼」からは第3シリーズの最終回がエントリーです。

この第3シリーズは、それまでドラマの主人公だった岡倉節子を演じた大女優・山岡久乃さんの最後の出演シリーズとしても有名ですね。次の第4シリーズ以降は小島五月役の泉ピン子さんが主演に昇格しています。

第19位 やまとなでしこ 最終回(2000年/フジテレビ) 主演:松嶋菜々子

放送期間 :2000年10月9日~12月18日
放映時間 :毎週月曜日21:00~21:54
ドラマ枠 :月9
放送回数 :全11話
制   作:フジテレビ
音   楽:住友紀人
主 題 歌:MISIA 「Everything」
脚   本:中園ミホ、相沢友子
主   演:松嶋菜々子
最高視聴率:34.2%(最終話)
プロデューサー:岩田祐二

松嶋菜々子さんの「家政婦のミタ」と並ぶ代表作といえばこの「やまとなでしこ」でしょう。劇中で流れるMISIAさんの唄う主題歌「Everything」の素晴らしさとセットとなり、松島さんと堤真一さんの映像が脳裏に浮かぶという視聴者の方も多いのではないでしょうか。

このドラマは韓国や中国でもリメイクドラマが放映される程に東アジア圏では大きな人気を巻き起こしました。

第18位 おしん 少女編アンコール(18)(1983年/NHK総合) 主演:小林綾子

放送期間 :1983年8月17日
放映時間 :毎週月~金曜日18:00~18:30
制   作:NHK放送センター
音   楽:坂田晃一
脚   本:橋田壽賀子
主   演:小林綾子
最高視聴率:34.6%
プロデューサー:岡本由紀子(小林由紀子)

歴史あるNHK朝の連続テレビ小説(通称:朝ドラ)の中でも歴代1位となる平均視聴率52.6%(!!!)を記録した「おしん」。この「おしん少女編アンコール」というのは、おしんの中でも最も人気の高かった、小林綾子さんが演じたおしんの少女期を2話づつ毎週月曜から金曜の夕方6時から30分放映した再放送です。

そんなおしん少女編アンコールの第18回が16位となっています。2話連続放送の18回という事は本編の35・36話という事でしょうか。朝ドラ本編の視聴率はここでは番外扱いとしましたが、このアンコール放送はランク適用とさせていただきました。

第17位 ドラマ人間模様 夫婦 最終回(1978年/NHK総合) 主演:芦田伸介

放送期間 :1978年5月7日~6月25日
放映時間 :毎週日曜日20:50~21:35
ドラマ枠 :ドラマ人間模様
制   作:NHK放送センター
音   楽:林光
演   出:清水満
脚   本:橋田壽賀子
主   演:芦田伸介
最高視聴率:34.8%

1976年から1988年まで曜日と時間を変えながら様々なドラマを生み出したNHKの「ドラマ人間模様」枠。未だ多くのファンから評価される「夢千代日記」や「あ・うん」「花へんろ」等もこのドラマ人間模様で誕生したドラマですね。

脚本はこれまた橋田壽賀子さん。凄いですよね。主演は芦田伸介さんでその妻役には山岡久乃さんで他に泉ピン子さんなど橋田作品にはお馴染みの役者さんも出演していらっしゃいました。

コメント