刑事ドラマの警察官階級は?ボスや大門、相棒杉下右京、青島俊作らは警視や警部補、巡査長?

スポンサーリンク
ドラマ

ボス、山さん、長さん、スッポンのトシさん…「太陽にほえろ」に登場する刑事の階級

日本のドラマ史における70~80年代における刑事ドラマ黄金期はこのドラマから始まったといえるでしょう。そう、日テレ金曜夜8時の金看板だった「太陽にほえろ」です。

登場人物名 階級 演じた俳優 摘要
 藤堂俊介 警部 石原裕次郎 ボス
 山村精一 警部補 露口茂 山さん
 野崎太郎 巡査部長 下川辰平 長さん
 井川利三 巡査部長 地井武男 スッポンのトシさん
 橘兵庫 警部 渡哲也 病気療養の藤堂に代わる係長代理

以上がドラマ設定で明らかになっている七曲署刑事たちの階級なのですが、設定上階級が明らかになっていない刑事たちが多く、公式設定で明らかとなっている刑事のみをご紹介している事をご了承ください。

七曲署捜査第一係長である”ボス”こと藤堂俊介は警部でナンバー2の山さんは警部補と、その存在感や実力、カリスマ性から考えると意外と階級が低いと感じるのはわたしだけでしょうか。

意外だったのは野崎刑事のニックネーム、”長さん”の由来が巡査部長の長から取られていたこと。

ジーパン(松田優作)やマカロニ(萩原健一)、テキサス(勝野洋)ら壮絶な殉職を遂げた若手刑事たちはおそらく階級は巡査だったと思われますね。

黒木警視正、小田切警視、関屋警部補、立花警部補…「Gメン’75」に登場する刑事の階級

TBSの土曜夜9時といえば、「キイハンター」「アイフル大作戦」「バーディー大作戦」と丹波哲郎御大主演ドラマが人気の枠でしたが、その決定版ともいえるのがこの「Gメン’75」でしょう。

登場人物名 階級 演じた俳優 摘要
 黒木哲也 警視→警視正 丹波哲郎
 小田切憲 警視 夏木陽介
 南雲義明 警視 川津祐介
 関屋一郎 警部補 原田大二郎
 立花吾郎 警部補 若林豪
 津川蛍子 警部補 夏木マリ
 津村冴子 警部補 江波杏子

1970年代後半に「太陽にほえろ」と人気を二分した刑事ドラマ「Gメン’75」。そのタイトルにあるように放送開始は1975年の事でした。

太陽にほえろを陽とすればこのドラマは陰といってもいいかもしれません。登場するレギュラー刑事にニックネームは無く、犯罪も陰惨なものや猟奇的なものが多くて子供心に怖かった記憶があります。

しかし空港を横一列に並んで菊池俊輔氏のテーマ曲と芥川隆行氏のナレーションをバックに展開するオープニングと同様にそのカッコよさは刑事ドラマ随一です。

刑事役も丹波哲郎氏を筆頭に夏木陽介さんや若林豪さん、原田大二郎さんととにかくシブい。男のカッコよさを存分に味わわせてくれました。

刑事役は黒木警視正に小田切、南雲の両警視など、他の刑事ドラマに比べると階級の高い刑事が多いという印象ですね。

神代、桜井、橘、船村、高杉、紅林、津上…「特捜最前線」に登場する刑事の階級

1977年(昭和52年)にテレビ朝日系列で放送開始された「特捜最前線」。日テレ「太陽にほえろ」TBS「Gメン’75」とともに刑事ドラマ全盛期を支えた名作です。ヒューマンドラマとしても評価の高いこの「特捜最前線」に登場する刑事たちの階級は以下の通りです。

登場人物名 階級 演じた俳優 摘要
 神代恭介 警視正 二谷英明
 桜井哲夫 警部 藤岡弘、
 橘剛 警部 本郷功次郎
 船村一平 警部補 大滝秀治
 紅林甚一 警部補 横光克彦
 時田伝吉 警部補 渡辺篤史
 高杉陽三 巡査部長 西田敏行
 犬養清志郎 巡査部長 三ツ木清隆
 吉野竜次 巡査長→警部 誠直也 殉職による特進
 津上明 巡査長 荒木しげる
 滝二郎 巡査 桜木健一
 杉敏夫 巡査 阿部祐二

物語の主人公である特命捜査課課長の神代恭介警視正を筆頭に以下、警部から巡査まで各階級の刑事が並んでいますね。

アクティブで熱い桜井と理知的で冷静な橘が警部で神代の脇を固め、さらに紅林、大ベテランの船村という二人の人情派刑事が警部補という階級となっています。

初期のレギュラーだった西田敏行さん演じる高杉刑事は階級は巡査部長でした。巡査である杉刑事を演じたのは、現在は「事件です」の決めセリフでお馴染みの熱血リポーター・阿部祐二さんです。この頃はバリバリの俳優さんだったのです(笑)

小暮課長、大門団長、鳩村、リキ、沖田ら…「西部警察シリーズ」に登場する刑事の階級

1979年に始まったの石原プロ制作の「西部警察」。その後はⅡとⅢがシリーズとして放映され、その日本のドラマらしからぬ壮大なアクションで一大ブームを巻き起こした刑事ドラマとしても語り草となっている作品です。

登場人物名 階級 演じた俳優 摘要
 小暮謙三 警視 石原裕次郎 PARTⅠ~Ⅲ
 大門圭介 巡査部長 渡哲也 PARTⅠ~Ⅲ
 鳩村英次 巡査長 舘ひろし PARTⅠ~Ⅲ
 二宮武士 警部補→警視 庄司永建 PARTⅠ~Ⅱ退職時に二階級昇進
 佐川勘一 警部補 高城淳一 PARTⅡ~Ⅲ

以上が階級が明らかになっている刑事達ですが、2004年に放送された西部警察SPECIALにおける階級は除いています。

大門軍団の団長こと大門圭介の階級は巡査部長。ショットガンをぶっ放す巡査部長…うーん、素敵です(笑)

大門の上司にあたる小暮課長は警視ですね。キャリア組で最年少警視総監誕生か?とまで言われたエリートですが、敢えて現場での職務を希望したところがこれまたカッコいいです。

甲高い声で「大門くーん」と狼狽する姿がカワイイ二宮係長は退職時に警視となっていたんですね(笑)。これまたワイルドな大門軍団と対を成す印象的なキャラでした。

沖田(三浦友和)や大将(山県刑事/柴俊夫)、リキ(松田刑事/寺尾聰)源さん(苅谷俊介)、ジョー(北條刑事/御木裕)ら鳩村以外の大門軍団は巡査という階級だと思われます。

コメント