[TVドラマ]NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の歴代高視聴率ランキング 1位は全ドラマ中トップの記録を持つあの…

1961年(昭和36年) 4月3日、記念すべき第1作目となる「娘と私」(主演:北沢彪)から始まったNHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”。

テレビドラマ黎明期から半世紀以上にわたって歴史を紡いできた朝ドラの名作ドラマの数々…そんな中でも平均視聴率の高かったドラマをランキング形式にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



ランキング次点 1970年代、80年代の名作ドラマ揃いで視聴率40%↑が並ぶ

順位 ドラマタイトル 視聴率(平均/最高) 主演 脚本 作数/製作年 制作局
20 ノンちゃんの夢 39.1%/50.6% 藤田朋子 佐藤繁子 40作/1988年 NHK
19 都の風 39.3%/44.9% 加納みゆき 重森孝子 37作/1986年 NHK大阪
17 おはようさん 39.6%/44.0% 秋野暢子 松田暢子 16作/1975年 NHK大阪
17 なっちゃんの写真館 39.6%/45.1% 星野知子 寺内小春 25作/1980年 NHK
15 水色の詩 40.1%/46.8% 大竹しのぶ 石森史郎 15作/1975年 NHK
15 雲のじゅうたん 40.1%/48.7% 浅茅陽子 田向正健 17作/1976年 NHK
14 心はいつもラムネ色 40.2%/48.6% 新藤栄作 冨川元文 33作/1984年 NHK大阪
13 はね駒 41.7%/49.7% 斉藤由貴 寺内小春 36作/1986年 NHK
12 鮎のうた 42.7%/49.1% 山咲千里 花登筺 24作/1979年 NHK大阪
11 マー姉ちゃん 42.8%/49.9% 熊谷真実 小山内美江子 23作/1979年 NHK

いやはや、第11位の「マー姉ちゃん」で42.8%ですからこの上のトップ10はどんだけーって感じですよね。ここ(11~20位)に入っているドラマはすべて1970~80年代、昭和50~60年代作品という偏りがあるのが面白いですね。

ちなみに、どーでもいい超私的事実で申し訳ないのですが、わたしのリアルタイムでの初見の朝ドラは17位の「なっちゃんの写真館」です。おばあちゃんとよく見てたのを思い出しますね。

第10位 朝ドラ21作目「おていちゃん」(1978年) 主演:友里千賀子

放送期間 :1978年4月3日~9月30日
制 作 局:NHK
音   楽:玉木宏樹
イメージ曲:「わたしの祭りうた」森山良子
原   作:沢村貞子
脚   本:寺内小春
主   演:友里千賀子
主 人 公:大沢てい子(沢村貞子)
時   代:大正初期~終戦直後
平均視聴率:43.0%
最高視聴率:50.0%

NHK朝の連続テレビ小説における高視聴率ランキング10位となったのは、四代目沢村國太郎さんや加藤大介さんを兄妹に持ち、長門裕之・津川雅彦兄弟を甥に持つ昭和の大女優・沢村貞子さんの半生を描いた「おていちゃん」。原作はその沢村さん自身で、沢村さんをモデルにした大沢てい子を当時俳優座所属の無名女優だった友里千賀子さんが演じられました。

現在の朝ドラではすっかりお馴染みとなった感のある“実在女性をモデルとした物語”ですが、このドラマは高瀬春奈さんと五代路子さん主演で前年に放送された「いちばん星」(日本初のレコード歌手・佐藤千夜子)などに続き、当時はまだまだ少なかった実在女性の生涯を描いたドラマの一つとなりました。

第9位 朝ドラ34作目「澪つくし」(1985年) 主演:沢口靖子

放送期間 :1985年4月1日~10月5日
制 作 局:NHK
音   楽:池辺晋一郎
主 題 歌:「澪つくし」採恵津子
脚   本:ジェームス三木
主   演:沢口靖子
主 人 公:古川かをる
時   代:昭和元年~終戦直後
平均視聴率:44.3%
最高視聴率:55.3%

現在に至るまで数多くの映画やドラマで活躍する沢口靖子さんの名を全国津々浦々まで知らしめたのがこの「澪つくし」です。当時人気絶頂だった明石家さんまさんがラッパの弥太郎役で出演したといった話題性もあいまって、凄まじい人気を博したのを昨日の事のように覚えてますね。

ちなみにこのドラマの制作・中村克史、脚本・ジェームス三木、音楽・池辺晋一郎というスタッフ体制は2年後に再びタッグを組み、大河ドラマ史上最高視聴率を記録した「独眼竜政宗」を制作したのです。

スポンサーリンク



第8位 朝ドラ8作目「あしたこそ」(1968年) 主演:藤田弓子

放送期間 :1968年4月1日~1969年4月5日
制 作 局:NHK
音   楽:桑原研郎
イメージ曲:「あしたこそ」倍賞千恵子
原   作:森村桂
脚   本:橋田壽賀子・中沢昭二
主   演:藤田弓子
主 人 公:香原摂子
時   代:昭和34年~昭和44年
平均視聴率:44.9%
最高視聴率:55.5%

NHK連続テレビ小説では数多くの大ヒット作を手掛けた大脚本家・橋田寿賀子先生の初の朝ドラ作品となったのがこの「あしたこそ」です。そして初作品となったこのドラマも堂々歴代視聴率の8位という数字をたたき出しているのですから、もう素晴らしいという言葉しか出ません。

ちなみに、それまでは白黒放送だった朝ドラの、初のカラー放送となったのがこの「あしたこそ」です。

第6位 朝ドラ6作目「おはなはん」(1966年) 主演:樫山文枝

放送期間 :1966年4月4日~1967年4月1日
制 作 局:NHK
音   楽:依田光正
イメージ曲:「おはなはん」倍賞千恵子
原   作:林謙一
脚   本:小野田勇
主   演:樫山文枝
主 人 公:浅尾はな
時   代:大正4年~昭和37年
平均視聴率:45.8%
最高視聴率:56.4%

NHK朝ドラの人気を決定づけ、現在に至るまでの老舗ドラマ枠として存続する繁栄の基礎を築いたドラマこそこの第6作目「おはなはん」なのではないでしょうか。その人気の凄さは、「おはなはん」の放送時間(朝8時15分から30分までの15分間)には、全国の家庭における水道の使用量が極端に少なくなった…という伝説からも明らかでしょう。

なお、このドラマでヒロインを演じて一躍人気者となった主人公の樫山文枝さんですが、実は当初の予定ではあの国民栄誉賞を受賞した大女優・森光子さんの予定でした(クランクイン直前に乳腺炎による病気降板)。降板前後の主人公である森さんと樫山さんの年齢差はなんと21歳。これ程若い役に内定していたというのも、森さんが年齢を感じさせないキュートさも併せ持つ女優さんだったからこそ…という逸話ですよね。

第6位 朝ドラ7作目「旅路」(1967年) 主演:横内正・日色ともゑ

放送期間 :1967年4月3日~1968年3月30日
制 作 局:NHK
音   楽:依田光正
原作・脚本:平岩弓枝
主   演:横内正、日色ともゑ
主 人 公:室伏雄一郎と妻・有里
時   代:大正4年~昭和37年
平均視聴率:45.8%
最高視聴率:56.9%

我々世代には水戸黄門の格さん役や暴れん坊将軍の大岡忠相役といった、時代劇のイメージが強い横内正さんと劇団民藝の女優・日色ともゑさんのW主演ドラマである「旅路(たびじ)」が堂々の平均視聴率第6位となっています。

男性主人公の中では朝ドラ歴代1位の視聴率を誇る同作品。「朝ドラ=女性主人公」という固定観念もこのドラマの成功を見れば、揺らぐのではないでしょうか。大河ドラマもほぼ2年に1作というペースで女性主人公が活躍するこの時代、朝ドラも男性主人公の比率をもっと高めても良いのではないでしょうか。

第5位 朝ドラ13作目「北の家族」(1973年) 主演:高橋洋子

放送期間 :1973年4月2日~1974年3月30日
制 作 局:NHK
音   楽:三枝成彰
主 題 歌:「風は旅人」赤い鳥
イメージ曲:「白い花」森るみ子
脚   本:楠田芳子
主   演:高橋洋子
主 人 公:佐々木志津
時   代:昭和46年~昭和49年
平均視聴率:46.1%
最高視聴率:51.8%

現在では小説家としても活躍している才女、高橋洋子さん主演の「北の家族」が堂々の5位にランクインです。

脚本は、映画監督の木下恵介と音楽家の木下忠司を兄に持つ楠田芳子さん。そして音楽は個人的に大好きな三枝成彰さんが務められています。まあ朝ドラの場合どの作品もそうなのですが、やはりこのドラマもスタッフ・演者共に豪華絢爛なのです。

スポンサーリンク



第4位 朝ドラ14作目「鳩子の海」(1974年) 主演:斉藤こず恵・藤田美保子

放送期間 :1974年4月1日~1975年4月5日
制 作 局:NHK
音   楽:冬木透(現:蒔田尚昊)
イメージ曲:「日本よ日本」斉藤こず恵
脚   本:林秀彦、中井多津夫
主   演:藤田美保子(現:藤田三保子)
主 人 公:鳩子(桃宴仮名子)
時   代:昭和20年8月~昭和50年
平均視聴率:47.2%
最高視聴率:53.3%

当時劇団若草所属の子役、7歳の斉藤こず恵さんが幼少期を演じて一躍天才子役として名を馳せたのがこの「鳩子の海」です。斉藤さんとの劇団若草入団同期には坂上忍さんや杉田かおるさんがいたというから、改めて凄い劇団だったのだなと思いますね。

そして主人公・鳩子の成年期を演じたのが藤田美保子さん。わたし的にはやはりGメン75における美人女刑事、響刑事役が印象深いです。今の女優さんにはない雰囲気を持った女優さんですね。

そして脚本を務めたのは第6作「おはなはん」の原作者、林謙一さんの子である林秀彦さん。おはなはんのモデルとなった林はなさんのお孫さんという事です。

第3位 朝ドラ12作目「藍より青く」(1972年) 主演:真木洋子

放送期間 :1972年4月3日~1973年3月31日
制 作 局:NHK
音   楽:湯浅譲二
イメージ曲:「耳をすましてごらん」本田路津子
脚   本:山田太一
主   演:真木洋子
主 人 公:田宮真紀(村上真紀)
時   代:昭和18年~昭和38年
平均視聴率:47.3%
最高視聴率:53.3%

「まきようこ」さんといえば、今の若い世代は真木よう子さんを思い浮かべるのでしょうが、50代以上の朝ドラオールドファンにはこの「藍より青く」で主演した真木洋子さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。2000年に白血病のため51歳という若さでお亡くなりになられましたが、ミステリアスな雰囲気を漂わせた、まさに「オーラ」を纏った女優さんでしたね。

ちなみにこのドラマで主人公の夫として真木さんの相手役を務められたのが、現在ではバラエティなどでも活躍する大和田伸也さんです。奥様の五代路子さんはこのドラマの5年後に「いちばん星」で朝ドラヒロインに選ばれた女優さんですね。

第2位 朝ドラ11作目「繭子ひとり」(1971年) 主演:山口果林

放送期間 :1971年4月5日~1972年4月1日
制 作 局:NHK
音   楽:柳澤剛
イメージ曲:「繭子ひとりのテーマ」島崎みどり
原   作:三浦哲朗
脚   本:高橋玄洋
主   演:山口果林
主 人 公:加野繭子
時   代:現代
平均視聴率:47.4%
最高視聴率:55.2%

現在でも演技派女優として映画やドラマ、舞台で活躍している山口果林さんが主演した「繭子(まゆこ)ひとり」が半世紀以上にもわたるNHK連続テレビ小説歴代視聴率2位に輝いています。

視聴率の凄まじさの通り、日本国中にブームを巻き起こしたこのドラマ、その熱狂ぶりはドラマの舞台となった(主人公・繭子の出生地)青森県三戸町の城山公園に主人公の繭子像が建立された事からもその凄さが分かると思います。

ちなみにこの三浦哲郎さん原作の「繭子ひとり」、この朝ドラでドラマ化される5年前の1966年(昭和41年)にもテレ朝の「ゴールデン劇場」で映像化されています。その時の主人公・繭子役は藤純子さん(現:富司純子さん)でした。

第1位 朝ドラ31作目「おしん」(1983年) 主演:小林綾子・田中裕子・乙羽信子

放送期間 :1983年4月4日~1984年3月31日
放送回数 :全297話
制 作 局:NHK
音   楽:坂田晃一
原作・脚本:橋田壽賀子
主   演:小林綾子、田中裕子、乙羽信子
主 人 公:谷村しん(おしん)
時   代:明治40年~昭和59年
平均視聴率:52.6%
最高視聴率:62.9%

平均視聴率52.6%…(笑)。いやいやもう笑うしかないでしょう。日本人二人に一人以上が見ていたという信じられないオバケドラマであり、これからも破られることのないであろう不滅の金字塔を打ち立てたドラマがこの「おしん」なのです。

おしんの少女時代を小林綾子さん、青春・成人時代を田中裕子さん、そして老年期までを乙羽信子さんが演じられましたが、特に少女期の小林綾子さんの当時11歳とは思えぬ演技力は社会現象にまでなりました。苦労した人を「おしん○○」というふうに名付けたりもしましたよね(例えば大相撲の隆の里を“おしん横綱”等)。日本だけでなくアジアをはじめとする世界各国で放送されて人気を博した、まさに日本を代表するドラマなのです。

何度もいいますが、もうこのドラマを視聴率という数字で抜けるドラマは未来永劫現れる事はないでしょう。なお、この「おしん」が記録した平均視聴率、最高視聴率の数字は朝ドラだけでなく、全ての日本のテレビドラマ全作においても最高視聴率なのです。まさに歴史に残るドラマですね。

 

なお、20世紀作品を除いた21世紀の朝ドラ限定での高視聴率ランキングについては以下の記事をご覧ください。

21世紀高視聴率朝ドラランキング

不名誉な朝ドラのワーストランキングについてはこちらを。

NHK朝ドラ(連続テレビ小説)歴代視聴率ワーストランキング

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ