「いだてん」キャストで「あまちゃん」出演俳優は誰?大河ドラマ常連やクドカン組も

スポンサーリンク
ドラマ

黒坂辛作役:ピエール瀧(あまちゃん:無頼鮨大将の梅頭役)

近年はすっかり大河ドラマでも朝ドラでもおなじみの存在となったピエール瀧さんの「いだてん」での役名は黒坂辛作。「足袋のハリマヤ」店主で金栗四三がマラソンで履く足袋の開発に取り組む足袋職人の役です。

「あまちゃん」では寿司を握るのに集中して基本的に客の話を聞いていない寿司屋の大将(笑)、梅頭(うめず)を演じました。

足袋職人と寿司職人、職人という部分は同じですが、「いだてん」ではもう少し頑固一徹な職人気質の強いキャラとなりそうです。

4代目橘家圓喬役:松尾スズキ(あまちゃん:喫茶店アイドルのマスター・甲斐役)

「いだてん」では美濃部孝蔵(後の志ん生/演:森山未來)の最初の師匠となる伝説の落語家、四代目橘家圓喬(たちばなやえんきょう)を演じる松尾スズキさん。

「あまちゃん」でスズキさんが演じたのは、若き日の春子やアキがアルバイトしていた「喫茶アイドル」のマスター・甲斐。「熱いよね」が口癖のアイドルオタクのおじさんです。セリフは少ないですが実にいい味出してたキャラの一人ですよね(笑)。甲斐さん好きのわたし的にはあまちゃんの最終週のタイトルが「おらたち、熱いよね」と甲斐さんの言葉から取られたのが凄く嬉しかったです。

可児徳役:古舘寛治(あまちゃん:静御前の監督役)

東京高等師範学校の助教授にして「徒歩部」部長として金栗四三の指導に当たった恩師・可児徳(かにいさお)を「いだてん」で演じるのは古舘寛治さん。

そんな古舘さん、あまちゃんにも出ていました。とはいっても出番は136話のみ。その役どころは、鈴鹿ひろ美が主演した「BSプレミアム時代劇 静御前」の監督役。覚えていない人が多いのも仕方がないっちゃあないんですが、それにしても贅沢なキャスティングですよね(笑)

田島錦治役:ベンガル(あまちゃん:おめでた弁護士の監督役)

後に立命館大学学長も務めた田島錦治を演じるのがベンガルさん。いだてんでは京都帝国大学教授として登場し、ひょんなことからストックホルムオリンピック開会式にも出席することとなる人物です。

出番は少なかったですが、ベンガルさんも「あまちゃん」の第87・88話に出演していました。その役柄は鈴鹿ひろ美主演「新春SPおめでた弁護士」の監督役。そう、アキのドラマ初出演作にして40回のNGを出した末にセリフ全カットされてしまったあのドラマです(笑)。この回はアキと手を取り合って喜ぶAD・小池(太賀)の方が印象的ですよね。

金栗スマ役:大方斐紗子(あまちゃん:鈴木のばっぱ役)

「いだてん」でベテラン女優・大方斐紗子(おおかたひさこ)さんが演じるのは、主人公・金栗四三(中村勘九郎)の祖母・金栗スマ。四三を温かく見守るおばあちゃん役ですね。

そんな大方さんが「あまちゃん」で演じたのは“鈴木のばっぱ”。出演時間自体は決して多くはないものの、春子とアキが北三陸に帰郷した時や、ユイと大吉が東日本大震災時に乗っていた北鉄に乗車していたりと、物語の重要な場面に立ち会っている印象的な役でしたね。

美川秀信役:勝地涼(あまちゃん:TOSHIYA役)

「あまちゃん」ではたった1話の出演だったにも関わらず、未だにファンの間では語り草となっている大人気キャラTOSHIYA。前髪クネ男という呼び名の方が通じやすいこの強烈キャラクターを演じたのが勝地涼さん。

「いだてん」で彼が演じるのは、主人公・金栗四三の同郷の幼馴染で玉名中学校と東京高等師範学校の同級生・美川秀信。気になるその役どころというと、「すぐに流行に乗っかるお調子者」なのだそうです。

今回も実に楽しみじゃあないですか(爆)

三遊亭小圓朝役:八十田勇一(あまちゃん:チーフディレクター・柏木誠司役)

「あまちゃん」で物語の大きなカギを握る曲「潮騒のメモリー」。鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の替え玉として若き日の春子(小泉今日子)がレコーディングした時に太巻(古田新太)らとスタジオにいたチーフディレクターの柏木役が八十田勇一さん。その後、レコード会社のお偉いさんになり、春子に仕事の斡旋を要求されたあの人物です。

そんな八十田さんが「いだてん」で演じるのが、若き日の古今亭志ん生(美濃部孝蔵/演:森山未來)の師匠となる三遊亭小圓朝。橘屋円喬(松尾スズキ)から孝蔵を託される役どころですね。

コメント

  1. リキ太 より:

    まだ第1部が終わったばかりですが…「いだてん」最高です!また一つ大河ドラマの名作が生まれた、と言った心境です。
    特に21話(女子スポーツ編)〜24話(震災編)のあたりは神回の連続で紛れもなく「大河ドラマ」を感じました。24話は号泣ではありませんが、ずっと涙が止まらない初めての感覚でした。リアルに地続きの歴史を感じます。

  2. リキ太 より:

    現時点でのキャラクターベスト5を挙げます。順位は…つけられません!笑

    美濃部孝蔵…演技が神懸かってますよね、佇まいから!
    橘屋円喬…まるで本物の落語家の師匠のようなオーラを感じました!
    シマ…初シーンの殆どエキストラレベルからまさかの展開に涙!
    三島天狗…ストックホルムでの激走〜完敗シーンで生田さんという役者を見直しました!
    美川…ある意味テッパン⁈第2部も期待大!
    スヤさん…自転車節の娘シーン(魂持っていかれました!)〜母親までの自然な変化にはさすがの一言!

    あれ、6人になってしまいました。汗
    って本当は「幾江&実次」コンビや「清さん&小梅」コンビも捨てがたいです。
    結局ベスト10になってしまいました!笑

    • りぞっと より:

      森山未來さんいいですよね。落語シーンも素晴らしいし、個人的にはこの人のパートが一番楽しみです。清さんや小梅ら市井の人らも、円蕎、熊本の実次ら金栗家に幾江ら池部家らどれもキャラが立ってますよね。人々が皆「生きている」って感じです。
      2部はまだ始まったばかりですが、マーちゃん無双!!って感じですよね、すでに(笑)
      口は悪いし空気読まないし、間違いなく大河史上最強のウザキャラでしょう(笑)。だがそれがいい!!さすがはクドカン&阿部サダです。関東大震災辺りからどんどん面白さが加速していってる感じですよね。

      …ところで美川くんは何処に??

      • リキ太 より:

        森山未來さんの落語シーンは最高ですよね。実は…5m以内の距離で観てきました!観客役=エキストラとして。
        たまたま自宅の近くのスタジオでの募集を見つけたので試しに応募してみたら当選してしまいました。
        運が良ければ後頭部がチラッと映るかも程度ですが、大好きな「いだてん」に少しでも携われたことが嬉しかったです。
        いい歳してお恥ずかしい限りではありますが、大河ドラマ好きとしても良い記念になりました。

        • りぞっと より:

          いやいや、地方在住の身である自分から見ると羨ましい限りです。募集を見つけたらわたしも迷わず応募していましたね。
          大河好きには一生自慢できるエピソードだと思います。しかもあの森山未來の落語シーンですから………ホントに羨ましいです(涙