「いだてん」キャストで「あまちゃん」出演俳優は誰?大河ドラマ常連やクドカン組も

スポンサーリンク
ドラマ

日本中に一大ブームを巻き起こし、主人公・天野アキが発する「じぇじぇじぇ」は新語・流行語大賞の大賞も受賞した2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」。

“クドカン”の愛称でお馴染みの人気脚本家・宮藤官九郎さんの初の朝ドラ作品として大いに話題となったこの作品でしたが、結果的には大成功という結果を残しました。

そして2019年に注目されているのが、同じく宮藤官九郎氏が初めて手掛ける大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」です。クドカン大河がどのような作品となるのか??大河ファンならずとも注目の的となっています。

普段大河ドラマを見ない方々の中にも、「あのあまちゃん書いたクドカンドラマなら見てみようか」という方が多くいるであろう事は想像に難くありません。

そこでここでは、「あまちゃん」出演キャストで「いだてん~東京オリムピック噺~」にも出演している俳優・女優さんをご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

美津子役:小泉今日子(あまちゃん:天野春子役)

いだてんでは五代目古今亭志ん生(演:ビートたけし)の長女であり志ん生の敏腕マネージャーでもある、江戸っ子らしい男前な性格の美津子役を演じる小泉今日子さん。

小泉さんがあまちゃんで演じたのが、主人公・天野アキの母親でアイドルを目指していた元スケバンの天野春子。あまちゃんの中ではもう一人の主人公といってもいい重要な役でした。あまちゃん視聴者には説明不要の登場人物ですよね。ズバズバ物申すそのキャラに加え、方や志ん生の辣腕マネージャーで方やアキ(能年玲奈)や鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)を抱えるスリーJプロダクション社長、美津子と春子、相通じる部分が多いともいえるかもしれませんね。

小梅役:橋本愛(あまちゃん:足立ユイ役)

「いだてん」では浅草十二階で客を引くきっぷのいい姉御肌の遊女・小梅を演じる橋本愛さん。

「あまちゃん」では主人公・天野アキの親友にして「潮騒のメモリーズ」メンバーのアイドルを夢見るユイちゃんこと足立ユイ役でした。こちらもあまちゃんファンには説明不要の人気キャラですね。

足立ユイは毒舌家ながらナイーブで影のある役どころでしたが、今回はきっぷのいい姉御肌という役どころ。ユイちゃんとは違った魅力が見られそうです。

大隈重信役:平泉成(あまちゃん:足立功役)

早稲田大学創設者にして内閣総理大臣にもなった明治の超大物政治家、大隈重信を演じるのが平泉成さん。

平泉さんがあまちゃんで演じたのが、ユイとヒロシ(小池徹平)の父親である足立功役。岩手県議会議員でしたが、職を辞して震災復興のために北三陸市長に出馬するという、こちらも政治家の役でしたね。でも政治家というよりもユイちゃんの夢を温かく見守る良きお父さんという面の方が印象的でした。

永井道明役:杉本哲太(あまちゃん:大向大吉役)

「梨明日(リアス)」でウーロン茶ロックを飲んで「ゴーストバスターズ」を歌う、北三陸駅駅長の大向大吉といえば、あまちゃんには欠かせない名物人気キャラの一人ですよね。

そんな「大吉っつぁん」をあまちゃんで演じた杉本哲太さんが「いだてん」で演じるのは、東京高等師範学校教授の永井道明(ながいどうめい)。

日本スポーツ界にヨーロッパから体操を持ち込んで普及させた熱い心を持つ人物です。大吉とは全く違った硬派な杉本哲太さんが見れそうですね。

今松役:荒川良々(あまちゃん:吉田正義役)

「あまちゃん」では杉本哲太さん演じる大吉と名コンビを組んだ北三陸駅副駅長・吉田正義役の荒川良々(あらかわよしよし)さん。個人的にはあまちゃんで最も笑わせてもらった一番好きなキャラです(笑)。

そんな「吉田君」演じた良々さんが「いだてん」で演じるのは、五代目志ん生(ビートたけし)の弟子の今松役。不器用だが皆に愛され、弟弟子の面倒をよく見る一門のムードメーカー的存在なのだとか。「いだてん」でも荒川さんでほっこり笑かしてもらえそうなキャラで実に楽しみですね(笑)

コメント

  1. リキ太 より:

    まだ第1部が終わったばかりですが…「いだてん」最高です!また一つ大河ドラマの名作が生まれた、と言った心境です。
    特に21話(女子スポーツ編)〜24話(震災編)のあたりは神回の連続で紛れもなく「大河ドラマ」を感じました。24話は号泣ではありませんが、ずっと涙が止まらない初めての感覚でした。リアルに地続きの歴史を感じます。

  2. リキ太 より:

    現時点でのキャラクターベスト5を挙げます。順位は…つけられません!笑

    美濃部孝蔵…演技が神懸かってますよね、佇まいから!
    橘屋円喬…まるで本物の落語家の師匠のようなオーラを感じました!
    シマ…初シーンの殆どエキストラレベルからまさかの展開に涙!
    三島天狗…ストックホルムでの激走〜完敗シーンで生田さんという役者を見直しました!
    美川…ある意味テッパン⁈第2部も期待大!
    スヤさん…自転車節の娘シーン(魂持っていかれました!)〜母親までの自然な変化にはさすがの一言!

    あれ、6人になってしまいました。汗
    って本当は「幾江&実次」コンビや「清さん&小梅」コンビも捨てがたいです。
    結局ベスト10になってしまいました!笑

    • りぞっと より:

      森山未來さんいいですよね。落語シーンも素晴らしいし、個人的にはこの人のパートが一番楽しみです。清さんや小梅ら市井の人らも、円蕎、熊本の実次ら金栗家に幾江ら池部家らどれもキャラが立ってますよね。人々が皆「生きている」って感じです。
      2部はまだ始まったばかりですが、マーちゃん無双!!って感じですよね、すでに(笑)
      口は悪いし空気読まないし、間違いなく大河史上最強のウザキャラでしょう(笑)。だがそれがいい!!さすがはクドカン&阿部サダです。関東大震災辺りからどんどん面白さが加速していってる感じですよね。

      …ところで美川くんは何処に??

      • リキ太 より:

        森山未來さんの落語シーンは最高ですよね。実は…5m以内の距離で観てきました!観客役=エキストラとして。
        たまたま自宅の近くのスタジオでの募集を見つけたので試しに応募してみたら当選してしまいました。
        運が良ければ後頭部がチラッと映るかも程度ですが、大好きな「いだてん」に少しでも携われたことが嬉しかったです。
        いい歳してお恥ずかしい限りではありますが、大河ドラマ好きとしても良い記念になりました。

        • りぞっと より:

          いやいや、地方在住の身である自分から見ると羨ましい限りです。募集を見つけたらわたしも迷わず応募していましたね。
          大河好きには一生自慢できるエピソードだと思います。しかもあの森山未來の落語シーンですから………ホントに羨ましいです(涙

          • リキ太 より:

            ロケ地での撮影とかあると思いますのでりぞっとさんの御当地ヒーロー?の山中鹿之助の大河がある時には是非ともご応募を!笑
            本日のいだてんにて5秒ほど、前からがっつり映っていました。最初で最後の良い記念です。大河は見続けますよ!

          • りぞっと より:

            おお、おめでとうございます。これで「いだてん」は永久保存版決定ですね(笑)
            昨日のシーンという事は、近くにマーちゃんやラトゥールもいたという事ですね。素晴らしいです。
            鹿之助大河…わたしが生きてるうちに実現するのでしょうか…(笑)

  3. リキ太 より:

    はい!お二人だけでなく、清さんもいましたよ。色々と細かい演技をされていましたが…殆どカットされていました。ラトゥールさんは撮影時はよくわからない気の良さそうな外人、って感じでした。
    実は前回の五りんの落語シーンも合わせて撮ったのですが、こちらは殆ど映りませんでした。合わせて10時間以上拘束されてました。
    色んな意味で役者さんやスタッフさんに頭が下がります。
    そういえば阿部サダさんは待機中は全くオーラを消されているのが印象的でした。エキストラレベル以下で本当に存在感すらありませんでしたよ。切り替えが凄すぎました!

    • りぞっと より:

      そうですか、峯田さん殆どカットされてたんですね(笑)
      阿部サダヲさんはバラエティ出演の時もシャイな感じですよね。オーラを完全に消せるというのがあれだけ様々な役をこなせる原動力なのかもしれませんね。
      大人計画の俳優さんってホントに好きな俳優さんが多いんです。