C.C.ガールズ初代メンバー脱退後の今は?結婚や現在の夫、ブログにインスタ、動画やプロフィール等

バブル期末期である1991年に結成され、その美貌とプロポーションで世の男性を虜にしたC.C.ガールズ(シーシーガールズ)。

バラエティにグラビア、さらには歌と、マルチに活躍した4人組の彼女たち。その後はメンバーチェンジを経て初期の4人は途中で脱退して最終的にはメンバーが総入れ替えとなったのですが、わたしのようにバブル真っ盛りを知る世代にとっては、やはりC.C.ガールズといえば初代の四人でしょ!という人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、CCガールズの黄金期を築いた初期メン(オリジナルメンバー)4人のプロフィールや解散後の動向、そして現在に至るまでをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



青田典子(あおたのりこ/初代リーダー)プロフィールと現在、オフィシャルブログ等

名   前:青田典子(あおたのりこ)
本   名:玉置典子(旧姓:森田)
生年月日 :1967年(昭和42年)10月7日
出   身:愛媛県松山市
身   長:164cm
スリーサイズ:88-58-85(1995年時)
血 液 型:O型
愛   称:てんこ、バブル青田
CC加入年:1991年
CC脱退年:1998年11月
所属事務所:グレートデン

初代C.C.ガールズ最年長者にして初代リーダーだったのがこの青田典子さん。セクシーガールズグループ隆盛の元祖ともいえるこの伝説のグループにおけるリーダーに相応しいセクシーさをこれでもかと兼ね備えた存在でしたね。

青田典子さんの1998年のCCガールズ脱退は初代メンバー4人の中では最も遅いものであり、初期メン四名の中では最長期間に渡ってグループに残っていたメンバーでもあります。まさにC.C.ガールズの“顔”といってもいい存在といっていいかもしれません。

グループ脱退後は“ロンハー”等人気バラエティなどにも活路を見出し、“バブル青田”名義でソロデビューを飾ったりもしました。初期メンバー4人の中で脱退後も露出が一番多かったのがこの青田典子さんなのは間違いないでしょう。

プライベートでは2004年11月に1歳年下の青年実業家と結婚したものの翌2005年10月に離婚。2010年5月にはアーティスト・玉置浩二さんとの熱愛が発覚して7月には無事に再婚を果たしました。青田さんは二度目、玉置さんは4度目の結婚という事となりました(1度目は同じ北海道出身の一般女性で2度目は女優の薬師丸ひろ子さん、3度目は安全地帯のサポート・キーボーディストの安藤さと子さん)。

玉置さんとの結婚後はメディア出演を控えて安全地帯メンバーである夫の創作活動を影ながら支える良き妻ぶりをいかんなく発揮している青田さん。本当に幸せそうで何よりですね。

最後に青田さんの近況がわかるブログもご紹介しておきますね。

青田典子オフィシャルブログ「Aota Style」

藤森夕子(ふじもりゆうこ)のプロフィールと現在、インスタやブログ

名   前:藤森夕子(ふじもりゆうこ)
本   名:松本夕子
生年月日 :1968年(昭和43年)12月12日
出   身:東京都
身   長:164cm
スリーサイズ:85-58-86(2016年9月時)
血 液 型:O型
趣   味:料理・ゴルフ・映画鑑賞・手芸
CC加入年:1991年
CC脱退年:1996年
所属事務所:オスカープロモーション

C.C.ガールズの中ではリーダーの青田典子さんに次ぐ年長者であり、グループ在籍期間も青田さんの次に長かったのがこの藤森夕子さん。CCのサブリーダー的ポジションといってもいいメンバーかもしれません。

まあCCガールズといえば当然ながら“イイ女”揃いなのですが、そんな中でも最も“イイ女”オーラを放っていたのはこの藤森夕子さんなのではないでしょうか。ちょっと普通の男は声を掛けづらい程の「イイ女オーラ」を持つ女性ですよね。

グループ脱退後は映画やテレビドラマ、Vシネマなどで女優を中心として活動し、主演や助演をこなされていましたが、2004年10月22日にテレビ制作会社社長と入籍して翌年5月に挙式。2006年の9月26日には待望の長男である「有生(ゆうき)」くんを出産されました。その後は芸能活動のペースを落として家庭を中心とした生活を送っていらっしゃるようです。

以前はブログで情報を発信していらっしゃいましたが、残念ながらブログは2014年から更新されておらず、現在はインスタグラムの方がメインとなっているようです。

藤森夕子オフィシャルブログ「GREENDAYS」

藤森夕子 (yukofujimori2525)

スポンサーリンク



藤原理恵(ふじわらりえ)のプロフィールと現在、インスタグラム

名   前:藤原理恵(ふじわらりえ)
生年月日 :1970年(昭和45年)2月5日
出   身:岡山県
身   長:163.5cm
スリーサイズ:85-59-89(時期不明)
血 液 型:A型
趣   味:お酒・映画・音楽・読書・ヨガ・タップダンス
CC加入年:1991年
CC脱退年:1995年6月

ぶっちゃけますが、C.C.ガールズが1991年に結成されて一躍グラビア界のトップアイドルとしてもてはやされたのですが、この藤原理恵さんだけは既に超メジャーな存在でした。多分わたしたちと同世代の人間からしてみれば、CCガールズでの藤原さんを見た瞬間に、「うぉ、セーラー服通りのあの女の子ですやん!」となった男子は多いはずです。

そう、TBSで1986年に放送された連続テレビドラマ「セーラー服通り」で主人公のうちの一人である原秋子を演じ、シングルレコードも4枚発売するなど、既に藤原理恵さんは大きな実績を持つアイドル女優兼歌手だったのです。

そんな藤原さんのセクシーグラビアアイドルへの転身は「セーラー服通り」等で既にその存在を知っていた私たちにとっては衝撃的なものでした。わたしの周囲ではCCメンバーの中でも藤原さんの人気が一番高かったという印象でしたね。

1995年6月にグループを脱退して以降は、Rie ScrAmble名義でのロック・アーティスト活動の後に舞台演出助手や振付師、ダンスインストラクターとして現在でもバリバリの活躍を続けています。

プライベートではテレビ・映像ディレクター、映画監督、脚本家として活動するタカハタ秀太さんと結婚していらっしゃいます。裏方としての活躍が目立つ藤原さんですが、たまには表舞台にもふらっと姿を現してもらいたいですよね。藤原さんの詳しい近況はインスタグラムで知る事が出来ます。

藤原理恵(fujiwararie)

青田典子さん、藤森夕子さんと藤原さんとの3ショットもあり、見どころ満載で懐かしいですね。てか、みなさんの変わらなさが凄いんだな(笑)、さすが一流の芸能人です。

原田徳子(はらだのりこ)のプロフィールと現在、YouTubePV動画等

名   前:原田徳子(はらだのりこ)
生年月日 :1970年(昭和45年)1月8日
出   身:石川県七尾市
身   長:164cm
スリーサイズ:86-59-87(グループ在籍時)
血 液 型:O型
愛   称:のりのり
CC加入年:1991年
CC脱退年:1995年6月
所属事務所:ロックライアードピクチャーズ(2015年時点)

“のりのり”の愛称で人気だった原田徳子さん。一時期は後に国民栄誉賞を受賞した当時巨人軍の主砲で同じ石川県出身の松井秀喜選手との熱愛も囁かれるなど、公私ともに脚光を浴びる存在でした。目鼻立ちのハッキリしたエキゾチックな美貌の持ち主でしたね。

同い年でグループ最年少だった藤原理恵さんと同時期にC.C.ガールズを脱退した後しばらくのソロ活動後、1999年5月に実業家の男性と結婚して芸能界を引退して家庭に入った原田さんでしたが、2009年に元々の芸能界入りの動機でもあった歌手活動で芸能界に復帰。原田徳子名義でアルバムやシングルをコンスタントに発表してライブ活動を行う等、現在に至るまで精力的に活動をこなしていらっしゃいます。

初代CCメンバーの青田さんと藤森さん、藤原さんは既に競演済みなのですが、原田さんだけはまだ旧メンバーとの共演がありません。しかしこうしてソロ活動で芸能活動をしているとなったら、一夜限りでもいいからCCガールズの初代メンバー4人が勢ぞろい!!なんて事も可能性は無きにしもあらずといった望みもありますよね。もし実現すればうちら世代にはとても嬉しい限りで、原田さんが芸能界復帰した事でその夢も広がりますよね。

上は現在の原田徳子さんのYouTubeで公開されているPV動画です。

いやあ、お綺麗だしスタイルも変わりません。原田さんはYouTubeでご自身のチャンネルを開設して新作情報やライブ映像なども載せていらっしゃいます。最後にオフィシャルサイトもご紹介しておきましょう。

原田徳子公式サイト

裏舞台中心や家庭中心、休業からの復活…芸能界で活躍する初代CCメンバー達

というわけで、C.C.ガールズというユニットの最盛期を築いた第一期メンバー4人のプロフィールや現在の活動についてご紹介しました。

表舞台から裏舞台へと移ったメンバーや結婚して家庭を第一にシフトしたメンバー、結婚休業から復活したメンバー…4人の現在は様々ですが、皆それぞれに元気な近況が見えるのは非常に嬉しい限りですよね。

あとは、一時代を築いたこの4人がまた一堂に会するのを楽しみに待つこととしましょう、その日が再び訪れる事を信じて…

なお、初代メンバーと入れ替わりでCCガールズに加入し、2003年の卒業まで在籍していた4名のメンバーについては以下の記事に詳しいのでご覧ください。

二代目CCガールズメンバープロフィールや現在

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ