日本史

スポンサーリンク
日本史

徳川歴代征夷大将軍の死因(病名)と享年 11代将軍・家斉から家慶、家定、家茂、15代・慶喜まで

医療の進化した現代では簡単に病名が確定できますが、昔は偉人であってもその人がどんな病気で亡くなったかも確定することが困難な時代であり、資料も少ないためにどのような病気だったのか手がかりさえないこともしばしばです。 そんな中、徳川幕府の...
日本史

徳川歴代15代全征夷大将軍の死因となった病気と享年 6代将軍・家宣から家継、吉宗、家重、10代・家治まで

医療の進化した現代では簡単に病名が確定できますが、昔は偉人であってもその人がどんな病気で亡くなったかも確定することが困難な時代であり、資料も少ないためにどのような病気だったのか手がかりさえないこともしばしばです。 そんな中、徳川幕府の...
日本史

徳川歴代15代全征夷大将軍の享年と死因(病名) 初代家康から秀忠、家光、家綱、五代・綱吉まで

医療の進化した現代では簡単に病名が確定できますが、昔は偉人であってもその人がどんな病気で亡くなったかも確定することが困難な時代であり、資料も少ないためにどのような病気だったのか手がかりさえないこともしばしばです。 そんな中、徳川幕府の...
日本史

病死した戦国武将の死因(病名)一覧 戦国三傑に関東三国志、中国三大謀略王、独眼竜や九州のキリシタン大名も

戦国時代に活躍した全国各地の戦国大名たち。 苛烈な時代を生き抜いた男たちの生涯は様々ですが、当然その死に様も様々です。戦場で命を散らしたり、捕えられての刑死や自害などという最期を迎えた戦国武将たちも多いですが、病気によってその生涯を閉...
日本史

実在?架空?史実の時代劇主人公達 鬼平(長谷川平蔵)、伝七、暴れん坊将軍に鼠小僧、石川五右衛門まで

戦前や戦後間もなくの映画界、そしてその後のテレビドラマなどの普及によって数多く生み出された名作時代劇の数々。そしてその中でも日本人の中で大きな存在となっていった時代劇におけるスター主人公たち。 そんな時代劇のスター主人公たちは実在した...
日本史

時代劇主人公は実在の人物?架空?史実の水戸黄門、大岡越前、遠山の金さん、子連れ狼、銭形平次、助さん格さん

、少し前、時代劇専門チャンネル(だったはず汗)で萬屋錦之介さん主演の「子連れ狼」を見ていたうちの母がわたしに訪ねて来ました。 「この子連れ狼って昔本当にいた人なの?」 即答で 「いや、架空の人物だよ」 と答えたのです...
日本史

新撰組最強の隊士は誰?一番強い剣士を決める同時代人の証言や池田屋事件での実績から導かれる人斬り№1とは?

幕末の京都に咲いた幕府の凄腕剣豪の集まりだった「新選組」。 天然理心流剣術の「試衛館」道場主の局長・近藤勇を初め、その試衛館の錚々たる剣士のみならず、全国から様々な流派の一流剣士たちが集まった新選組という組織は、最強の剣術集団といって...
日本史

山中鹿之助(しかのすけ/鹿介)幸盛主人公で大河ドラマを!山陰初の快挙は鴻池直文(新六)がカギ??

NHK大河ドラマといえば、50年以上続く日本国民の奥深くに根付いた国民的ドラマであるという部分以外に、全国の都道府県の村おこし町おこしとしての側面も年々際立ってきています。 大河ドラマで取り上げられた地域は多くの観光客の来訪が...
日本史

大坂城五人衆の壮絶な最期➁牢人衆最強の毛利勝永、土佐の長宗我部盛親、切支丹武将・明石全登

毛利豊前守勝永(もうりぶぜんのかみかつなが) 天正六年(1578年)、織田信長家臣であった豊臣秀吉に仕える毛利勝信の子として生を受けた毛利勝永。当時の姓は森で、森吉政と名乗っていました。 織田信長死後、天下人となった豊臣秀吉の九州平...
日本史

大阪城五人衆の壮絶な最期➀大坂夏の陣で真田幸村、後藤又兵衛はどう戦い、どう散っていったのか?

徳川家との大坂の陣において滅亡した豊臣家。 全国の大名家を敵に回して戦った大坂の陣は、豊臣家にとってほとんど勝ち目のない戦でした。 そんな斜陽の豊臣家にあって、大坂の陣で獅子奮迅の働きを見せた五人の名将たちがいます。 真田...
スポンサーリンク