真田丸

スポンサーリンク
真田丸

[真田丸キャスト]大坂城五人衆最強の男・毛利勝永(もうりかつなが)元男闘呼組の岡本健一演じる武将の生涯

大坂の陣で豊臣方の主力武将としてその名を馳せた大坂城五人衆と呼ばれた男たちがいました。 真田丸の主人公である真田信繁、黒田家重臣・後藤又兵衛、宇喜多秀家腹心のキリシタン・明石全登(あかしてるずみ)、四国の覇者、長曾我部元親の子・長曾我...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第37話「信之」史実から見たネタバレ予想と第36話「勝負」視聴感想とMVP

佐助の敗戦報告のみに終わった関ヶ原の戦い 真田視点を貫いた衝撃の問題回? 個人的には信繁最後の戦いである大坂の陣とともに最も期待していたのが「関ヶ原の戦い」と、真田昌幸(草刈正雄)・真田信繁(堺雅人)親子が徳川秀忠(星野源)率いる徳川別動...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第36話「勝負」史実から見たネタバレ予想と第35話「犬伏(いぬぶし)」視聴感想とMVP

真田親子の決別、犬伏の別れを史実で見ると・・? ついに真田昌幸(草刈正雄)、真田信幸(大泉洋)、真田信繁(堺雅人)の親子兄弟が敵味方に分かれることとなった真田丸第35話「犬伏」。これが歴史上有名な真田親子の決別、「犬伏の別れ」です。 ...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第35話「犬伏(いぬぶし)」史実から見たネタバレ予想と第34話「挙兵」視聴感想とMVP

上杉景勝の男気を見た「直江状」 遂に石田治部少三成(いしだじぶのしょう/山本耕史)が立ちました。豊臣家を守るために。今回の真田丸第34話「挙兵」では、徳川家康(内野聖陽)による上杉景勝(遠藤憲一)の討伐が始まり、蟄居謹慎中で失脚させられて...
真田丸

【真田丸 キャスト】後藤又兵衛基次(ごとうまたべえもとつぐ) 黒田家追放・流浪の末に大阪城に入った槍の名手

後藤又兵衛基次(ごとうまたべえもとつぐ) 演:哀川翔 真田丸もいよいよ後半戦に突入し、明石全登(あかしてるずみ)、長宗我部盛親などの大坂の陣で信繁とともに豊臣方となって戦う武将達もちらほらと登場するようになってきましたね。 ここでは...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第34話「挙兵(きょへい)」史実から見たネタバレ予想と第33話「動乱」視聴感想とMVP

三成と家康の争いではなく、家康と前田利家の争いだった? 秀吉亡き後の豊臣政権内部の混乱ぶりを描いた真田丸の第33話「動乱」。 「動乱」では豊臣政権内部での徳川家康(内野聖陽)と石田三成(山本耕史)との権力闘争が描かれていましたね。 ...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第33話「動乱」史実から見たネタバレ予想と第32話「応酬(おうしゅう)」視聴感想とMVP

天下人への野心を露わにする家康、豊臣家のために家康を排除しようとする三成 稀代の英雄・豊臣秀吉(小日向文世)が亡くなり、いよいよ本格化する徳川家康(内野聖陽)と石田治部(山本耕史)の対立に主眼を置い真田丸第32話「応酬」でしたね。 ...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第32話「応酬(おうしゅう)」史実から見たネタバレ予想と第31話「終焉(しゅうえん)」視聴感想とMVP

歴史的事実を基にして過程を想像した秀吉の遺言状騒動 ついに日本史を代表する稀代の英雄・豊臣秀吉(小日向文世)がその人生の幕を閉じた、真田丸第31回「終焉」。 この「終焉」では秀吉の最期へと向かう姿と、茶々(竹内結子)や寧(鈴木京香)...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第31話「終焉(しゅうえん)」史実から見たネタバレ予想と第30話「黄昏(たそがれ)」視聴感想とMVP

関ヶ原の戦いのキーマン、上杉景勝と直江兼続久々に登場!直江状の読み上げに期待 真田丸第30話「黄昏(たそがれ)」。 黄昏とは、日が落ちて薄暗くなり始めた夕暮れ時の事であり、盛りを過ぎて衰え始める事にも使われる意味の言葉です。 ...
真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」第30話「黄昏(たそがれ)」史実から見たネタバレ予想と第29話「異変」視聴感想とMVP

現実となりつつある太閤秀吉の死・・そして時代は再び戦乱の世へ 豊臣秀吉(小日向文世)の晩年の姿を浮き上がらせた第29回「異変」。 幼少の拾(後の豊臣秀頼)を残して死ぬことに恐怖する天下人・秀吉の姿を余すところなく伝えてありましたね。...
スポンサーリンク