[動画有]ジョジョ登場人物元ネタの洋楽アーティスト集 第3部空条承太郎&仲間とディオ(DIO)&館の側近達

スポンサーリンク
ジョジョ

「ホウィール・オブ・フォーチュン“運命の車輪”」ズィー・ズィーの元ネタとなったバンド

ジョースター一行が自動車に乗ってパキスタンへと向かう途中で襲ってきた自動車一体型のスタンド使いです。

窓からのぞかせる腕だけはマッチョで後は貧弱という、実態は情けないスタンド(運命の車輪“ホイールオブフォーチュン”)使い、その名が「ズィー・ズィー」。その名の由来は…

ZZ Top – Sleeping Bag (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

アメリカの人気スリーピースバンド、「ZZトップ」。

「ZZ(ジージー)」から取られた名前が「ズィー・ズィー」というわけですね。金髪の長髭にグラサンというビリー・ギボンズとダスティ・ヒルの個性的なルックスに目が行きがちですが、バリバリの実力派トリオです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」EDテーマ「ダブルバック」は有名ですね。この動画は大ヒットした1985年アルバム「アフターバーナー」のトップを飾る「スリーピング・バッグ」です。泥臭いですがその泥臭さこそがまた「イイッ!!」のです。

「ジャスティス“正義”」エンヤ婆(エンヤ・ガイル)の元ネタ女性アーティスト

両手が右腕の男、J・ガイルの母親である両手が右腕の女、エンヤ婆(本名:エンヤ・ガイル)。

クソ外道の息子と違ってどこか憎めないキャラだと思ったのはわたしだけでしょうか(汗)。誰よりも信頼していたDIOによって粛清された最期はなんともいえぬ哀れなものでしたね…そんなエンヤ婆の元ネタはこのアイルランドの歌姫です。

Enya – Wild Child (video)

スピリチュアルな独特な雰囲気を持ち、“癒し系音楽”とも呼ばれるニューエイジミュージックの代表的存在として日本でも多くのファンを持つエンヤが元ネタです。

皇后陛下の希望により、天皇皇后両陛下のアイルランド訪問での歓談の場にこのエンヤが呼ばれたというのはとても有名な話です。天皇皇后両陛下が自分の音楽を聴くと聞いたエンヤはとても感動したと語っています。

数多くのヒット曲があるエンヤですが、上に紹介した「ワイルド・チャイルド(Wild Child)」がここ日本では最も有名なのではないでしょうか。竹野内豊主演「冷静と情熱の間」(2001年公開)の主題歌として使用され、この曲が収録されたオリジナルサウンドトラックを兼ねたアルバムは日本だけで120万枚を売る大ヒットを記録しました。

にしても、エンヤが作る音楽の世界観とエンヤ婆のキャラとは対極のような気もするのですが…まあそこが面白いんですけどね(笑)。

「ラバーズ(恋人)」スティーリー・ダンの元ネタミュージシャン

ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーというアメリカの鬼才二人によるロック・デュオ、スティーリー・ダン。

ロックを基調としてポップスやジャズ、フュージョンなどのエッセンスを多分に加えながら独自のサウンドを確立した、まさに唯一無二の存在がこのスティーリー・ダンといってもいいでしょう。母国アメリカなどにおける知名度の割に日本では評価が低めという感じがするのですが、ロックの殿堂入りを果たす程の超大物アーティストなのです。

なお、ジョジョの第2部における超重要なキーアイテム、「エイジャの赤石(せきせき)」の元ネタもこのスティーリー・ダンの1977年発表の大ヒットアルバム「AJA(エイジャ/邦題:彩)」だといわれています。荒木飛呂彦先生お気に入りアーティストの一人ですね。

「サン(太陽)」アラビア・ファッツの元ネタアーティスト

「太陽」の暗示を持つスタンド使い、アラビア・ファッツ。

砂漠で鏡のトリックを使って承太郎たちを追い詰めましたが、最終的には花京院たちにトリックを見抜かれてあっさりとリタイアさせられた、強かったのか弱かったのかよくわからんスタンド使いでしたね(笑)。そんな彼の由来となったのがこちらのミュージシャン。

Fats Domino – Blueberry Hill (From "Legends of Rock 'n' Roll")

1950年代から1960年代にかけて全米を席巻したピアニストであり歌手のファッツ・ドミノ。

R&Bからロックン・ロール、ブルースとその音楽性が後世に与えた影響は大きく、あのビートルズもこのファッツ・ドミノからの音楽的影響を公言しています。そんな音楽界の巨星も、2017年に89歳で亡くなりました。

動画はそんな彼の代表曲の一つで、後にエルヴィス・プレスリーなどにもカヴァーされた「ブルーベリー・ヒル(Blueberry Hill )」です。名曲ですな。本物とはいくつになっても輝きを失わないものです。

「デス・サーティーン(死神13)」マニッシュ・ボーイの元ネタアーティスト

夢の中で姿を現し、敵の夢の中で敵を攻撃するという夢の中では無敵の「デス・サーティーン(死神13)」を操る生後間もない赤子のスタンド使い「マニッシュ・ボーイ」。

死神13にいち早く気付き機転を利かせた花京院に敗れて最後はう〇ち入りのスープを飲まされたマニッシュ・ボーイの元ネタは?

Muddy Waters – Mannish Boy (Audio)

「シカゴ・ブルースの父」と呼ばれるアメリカブルース界の大御所・マディ・ウォーターズ、この超大物ブルース・ミュージシャンの代表曲の一つが「マニッシュ・ボーイ(Mannish Boy)」なのです。

ジミヘンが生前にカヴァー音源を残していた事で話題となった他、日本の人気ヒップホップグループ「RIP SLYME」(リップスライム)もRYO-Z(リョージ)のソロ曲でカバーしている等、未だに世代を超えて受け継がれている名曲中の名曲ですね。

「ジャッジメント(審判)」カメオの元ネタのファンクバンド

ランプから現れて「Hail 2 U! (ヘイル・トゥ・ユー)」という決め台詞とともに願いをかなえる(風)のスタンド。

実際には土人形を具現化して対象者の願望を利用して攻撃する下衆な能力であり、ポルナレフの妹を生き返らせるという願いは叶わなかったものの、ポルナレフ最後の願いとなったアヴドゥルについては見事に帰ってきたというオチでしたね。そんなランプの魔人ならぬ「審判(ジャッジメント)」の暗示を持つスタンド使い、カメオの元ネタはこちら。

Cameo – Back And Forth

アメリカン・ファンクバンドの雄、キャメオです。

このPVは「バック・アンド・フォース( Back And Forth)」。ジャン・ポール・ゴルチエがデザインした衣装にキャメオメンバーが身を包み、さらにPV内にはあのジャズ界の大御所、マイルス・デイヴィスもゲスト出演しているという豪華さ。当時のキャメオの勢いを象徴するようなMVとなっていますね。

コメント