歴代最高視聴率テレビアニメ番組ランキング 数字トップはあの国民的漫画?人気作品の夕方再放送の強さも

アニメ・漫画

今やクールジャパンを代表するコンテンツとして世界に誇る日本の漫画・アニメ文化。

数多くの作品が生まれて愛されてきたわが国のアニメですが、中には国民的人気を獲得して高視聴率を記録したものも多くあります。

ここではそんなテレビアニメ化された作品のうち、歴代の高視聴率10作品をランキング形式でご紹介したいと思います。

なお、視聴率データは「ビデオリサーチ」によるもので1977年9月26日以降に放映された作品の関東地区でのものを対象としたものです。

スポンサーリンク


第10位 ゲゲゲの鬼太郎 第3シリーズ第24話(1986年/フジテレビ)

放送期間 :1985年10月12日~1988年2月6日
放映時間 :毎週土曜日18:30~19:00
放送回数 :全108話
放 送 局:フジテレビ系列他
製   作:フジテレビ、読売広告社、東映
音   楽:川崎真弘(From 竜童組)
原   作:水木しげる
主 題 歌:吉幾三「ゲゲゲの鬼太郎」
最高視聴率:29.6%(第24話)
アニメーション制作:東映動画

水木しげるさん原作で現在に至るまで多くのシリーズ作品が作られている「ゲゲゲの鬼太郎」第3シリーズの第24話が見事トップ10入りです。

ちなみにこの鬼太郎第3シリーズの声優陣は鬼太郎役を戸田恵子さん、ねずみ男役を富山敬さんとなっており、レギュラーに妖怪ではない天童ユメコが仲間入りした、前シリーズよりかなりマイルドになってより多くのファンを獲得した作品です。

第9位 ドラえもん テレ朝版第1期 1983年2/11放送分(1983年/テレビ朝日)

放送期間 :1979年4月2日~2005年3月25日
放映時間 :毎週金曜日19:00~19:30他
放送回数 :全1787話
放 送 局:テレビ朝日系列他
製   作:テレビ朝日、シンエイ動画、ADK
音   楽:菊池俊輔
原   作:藤子・F・不二雄
主 題 歌:大杉久美子「ドラえもんのうた」他
最高視聴率:31.2%
アニメーション制作:シンエイ動画

藤子・F・不二雄先生が生み出し、日本のみならず世界中の子どもたちに夢を与え続けている世界的アニメキャラクターとなっている「ドラえもん」。1973年の日テレ版アニメに続いて1979年にテレ朝で始まったテレ朝版が9位となっています。

この31.2%を記録した時の声優さんは大山のぶ代さん(ドラえもん)、小原乃梨子さん(のび太)、たてかべ和也さん(ジャイアン)、肝付兼太さん(スネ夫)、野村道子さん(しずかちゃん)となっています。やっぱり個人的にはドラえもんといえばこのメンバーなんですよねぇ…

第8位 あしたのジョー 第13話再放送(1980年/日本テレビ)

放映時間 :18:00~18:30(再放送時)
放送回数 :全79話
放 送 局:日本テレビ系列他(再放送)
製   作:虫プロダクション、フジテレビ
音   楽:八木正生(A・R・A)
原   作:高森朝雄・ちばてつや
主 題 歌:尾藤イサオ「あしたのジョー」
最高視聴率:31.6%
チーフディレクター:出崎統

日本のボクシング漫画の最高峰であり、いちボクシング漫画の括りでは言い表せないほどの影響を社会に与えた「あしたのジョー」。その影響力の大きさは、主人公矢吹ジョーのライバル、力石徹の葬式が実際に行われたという事実からもわかるのではないでしょうか。

そしてこのあしたのジョーの高視聴率が夕方6時からの再放送によるものというのがまた凄い(笑)。再放送で31.6%って…まさに規格外の作品だったのです。この驚異の高視聴率記録の約半年後に再放送した日テレで「あしたのジョー2」が開始されることとなるのです。

第7位 タッチ  第37話(1985年/フジテレビ)

放送期間 :1985年3月24日~1987年3月22日
放映時間 :毎週日曜日19:00~19:30他
放送回数 :全101話
放 送 局:フジテレビ系列他
製   作:旭通信社、東宝株式会社、グループ・タック
音   楽:芹澤廣明
原   作:あだち充
主 題 歌:岩崎良美「タッチ」他
最高視聴率:31.9%
総 監 督:杉井ギサブロー

放映当時、ティーンエイジャーたちの間でカリスマ的人気を誇っていた人気漫画家、あだち充さんが「週刊少年サンデー」で連載していた「タッチ」のアニメ版が7位にランクインです。

わたしのような1980年代に青春を過ごした人間にとってあだち充作品は切っても切り離せないものといってもいい程身近でしたね。ただ、個人的には「タッチ」と同じかそれ以上に「みゆき」が好きでした。「みゆき」も「タッチ」くらいに一般的に認知されてほしいですね。

スポンサーリンク



第6位 ルパン三世 (1シリーズ再放送)最終回 (1978年/よみうりテレビ)

放映時間 :18:00~18:30他(再放送時)
放送回数 :全23話
放 送 局:日本テレビ系列他
製   作:読売テレビ、東京ムービー
音   楽:山下穀雄
原   作:モンキー・パンチ
主 題 歌:チャーリー・コーセイ「ルパン三世主題歌1」他
最高視聴率:32.5%
監   督:大隅正秋、宮崎駿、高畑勲

まあこのアニメも入ってますよね(笑)。こちらも既に世代を超えて愛され続けている「ルパン三世」の第1シリーズの再放送です。青ジャケットルパンの最終回がなんと31.9%というとんでもない視聴率を再放送でたたき出しました。1971~1972年の本放送時には一けた台の低視聴率にあえいで打ち切りとなったのとは何とも皮肉な結果となりましたね。

しかしこの青ジャケルパン第ⅠSの再放送の大ヒットによってルパン三世というコンテンツは再度脚光を浴び、見事に第2シリーズが製作され、その後は劇場版やスペシャルドラマが定期的に制作されるキラーコンテンツとなっていきました。やはりいいもの、素晴らしいものはいつかは認められて日の目を見るという見本のように痛快な逆転劇ですよね。

第5位 まんが日本昔ばなし 第434話 (1978年/TBS)

放映時間 :毎週土曜日19:00~19:30他
放送回数 :全1470話(基本1回1~2話収録)
放 送 局:TBS系列他
製   作:愛企画センター、毎日放送(MBS)
音   楽:北原じゅん
語   り:市原悦子、常田富士男
主 題 歌:花頭巾「にっぽん昔ばなし」
最高視聴率:33.6%
監   修:川内康範
企画・製作:川内彩友美(愛企画センター)

「ぼうや~良い子だ、ねんねしな~」で始まるかつての土曜夜の定番といえば、アラフィフ世代の方々には「まんが日本昔ばなし」ですよね。まさに祖父母世代から子供まで楽しめる、一家団欒で見るアニメ番組でした。こういうアニメが今無いのはやはり寂しい気がしてしまいます。

ちなみに最高視聴率を記録した回に放送したお話は「二つ道のおいはぎ」というお話でした。2018年7月に市原悦子さんと共にこのアニメの顔といってもいい優しい語り口で親しまれていた常田富士男さんが脳内出血のためお亡くなりになられました。もうお二人による新作は叶わぬ夢となりましたが、お二人による名作は永遠に残り続け、子どもたちに受け継がれていく事でしょう。合掌。

第4位 ど根性ガエル (1972年版再放送) (1979年/日本テレビ)

放映時間 :18:00~18:30他(再放送時)
放送回数 :全103話
放 送 局:日本テレビ系列他(再放送時)
製   作:朝日放送(ABC)、東京ムービー
音   楽:広瀬健次郎
原   作:吉沢やすみ
主 題 歌:石川進・荒川少年少女合唱隊「ど根性ガエル」
最高視聴率:34.5%
作画監督 :小林おさむ、芝山努

またまた、夕方6時からの再放送アニメのランクインです。朝日放送制作の「ど根性ガエル」の日テレによる1979年再放送分が34.5%という驚異の高視聴率を記録したのです。

1972年にアニメ化された、週刊少年ジャンプ連載の平面カエルのぴょん吉とひろしによるドタバタコメディは、この再放送によって再び人気が再燃し、1981年には再放送した日テレによって「新・ど根性ガエル」が製作される運びとなりました。ど根性ガエル人気は、未だに若者たちがピョン吉Tシャツを着ている事からも分かる通り、若い世代にも確実に受け継がれていますね。

スポンサーリンク



第3位 Dr.スランプ アラレちゃん 第34回(通算51話)(1981年/フジテレビ)

放送期間 :1981年4月8日~1986年2月19日
放映時間 :毎週水曜日19:00~19:30他
放送回数 :全246回(264話)
放 送 局:フジテレビ系列他
制   作:フジテレビ、東映動画
音   楽:菊池俊輔
原   作:鳥山明
主 題 歌:水森亜土、こおろぎ’73「ワイワイワールド」他
最高視聴率:36.9%
監   督:岡崎稔

「ジャングル大帝」から始まり、「あしたのジョー」や「ドカベン」、「ドラゴンボール」に「ONE PIECE(ワンピース)」に至る、フジテレビが誇る水曜夜7時からのアニメ枠が産んだ「Dr.スランプ アラレちゃん」が堂々の3位です。当時週刊少年ジャンプをリアルタイムで読んでいた小学生の小生はこのアニメ化に狂喜乱舞したのを朧気ながら覚えていますね。前枠の「がんばれ元気」の終了に意気消沈していたのを忘れるくらいの喜びでしたね。

それにしても、少年ジャンプで「Dr.スランプ」を大ヒットさせてその連載終了後に今度は次の連載作である「ドラゴンボール」でそれ以上の大ヒットを生み出した鳥山明、まさに恐るべし…ですな。

第2位 サザエさん 1979年9月16日放送分(1979年/フジテレビ)

放送期間 :1969年10月5日~
放映時間 :毎週日曜日18:30~19:00他
放 送 局:フジテレビ系列他
制   作:フジテレビ、エイケン
原   作:長谷川町子
主 題 歌:宇野ゆう子「サザエさん」
最高視聴率:39.4%

1969年の放送開始以来、現在まで日曜夕方の象徴としてあり続けている「サザエさん」。世界最長放映アニメ番組というギネス記録を持つこの長寿アニメ作品が堂々の第2位です。つーか、個人的には「サザエさん」が第1位だろうと勝手に思い込んでいただけに2位という結果は凄いのと同時にちょっと驚きですらありますね。

まさに日本における家族の象徴として親しまれ続けてきたこの「サザエさん」。日本人における家族像が変化する中でいつまで続いていくのか…永遠に古き良き日本の家族というものを未来に残し続けていってほしいと切に願います。

第1位 ちびまる子ちゃん 第1期 第43話(1990年/フジテレビ)

放送期間 :1990年1月7日~1992年9月27日(第1期)
放映時間 :毎週日曜日18:00~18:30
放送回数 :全142回
放 送 局:フジテレビ系列他
制   作:フジテレビ、日本アニメーション
音   楽:中村暢之
原   作:さくらももこ
主 題 歌:関ゆみ子「ゆめいっぱい」
最高視聴率:39.9%
キャラデザ:重国勇二
監   督:芝山努

テレビアニメで歴代最高視聴率をたたき出したのは、2位のサザエさんと同じ日曜夕方の顔といってもいい「ちびまる子ちゃん」。フジテレビの日曜18時台のアニメが堂々のワンツーフィニッシュです。まさに最強のアニメ枠ですね。

ちなみにこの39.9%という、恐らくこれからも塗り替えられないであろう視聴率を記録した第1期まる子の第43話のタイトルは「まるちゃん実験をする」でした。

それにしても2018年は「ちびまる子ちゃん」ファンにとっては非常に辛い年でしたね。作者のさくらももこさんと、エンディングで「走れ正直者」を歌っていたさくらさんが大ファンと公言する西城秀樹さんの訃報。お二方ともあまりにも早すぎる逝去でした。合掌。

現代ドラマ及びテレビ時代劇の連続ドラマ視聴率ランキングについては以下からどうぞ。

歴代高視聴率民法連続ドラマランキング一覧32位~40位

歴代高視聴率民法連続ドラマランキング一覧24位~30位タイ

歴代高視聴率民法連続ドラマランキング一覧12位~21位タイ

歴代高視聴率民法連続ドラマランキング一覧1位~10位タイ

歴代テレビ時代劇ドラマの最高視聴率ランキング

コメント