サッカーワールドカップ日本代表メンバー 歴代チームの平均年齢や出場監督、キャプテン等データ一覧

4年に1度のサッカーの祭典、FIFAワールドカップ。

1998年大会から6大会連続で本戦出場を果たしている我らが日本代表「侍ブルー」。ここではワールドカップ本大会における日本代表メンバーを全員、当時の所属クラブや年齢、平均年齢などとともに一人残らずご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1998フランスワールドカップ日本代表メンバー一覧 平均年齢25.3歳

背番号 選手名 Pos. 満年齢 所属クラブ 備考
1 小島伸幸 GK 32歳 ベルマーレ平塚
20 川口能活 GK 22歳 横浜マリノス
21 楢崎正剛 GK 22歳 横浜フリューゲルス
2 名良橋晃 DF 26歳 鹿島アントラーズ
3 相馬直樹 DF 26歳 鹿島アントラーズ
4 井原正巳 DF 30歳 横浜マリノス キャプテン
5 小村徳男 DF 28歳 横浜マリノス
16 斉藤俊秀 DF 25歳 清水エスパルス
17 秋田豊 DF 27歳 鹿島アントラーズ
19 中西永輔 DF 24歳 ジェフユナイテッド市原
6 山口素弘 MF 29歳 横浜フリューゲルス
7 伊東輝悦 MF 23歳 清水エスパルス
8 中田英寿 MF 21歳 ベルマーレ平塚
10 名波浩 MF 25歳 ジュビロ磐田
11 小野伸二 MF 18歳 浦和レッドダイヤモンズ
13 服部年宏 MF 24歳 ジュビロ磐田
15 森島寛晃 MF 26歳 セレッソ大阪
22 平野孝 MF 23歳 名古屋グランパスエイト
9 中山雅史 FW 30歳 ジュビロ磐田 1ゴール
12 呂比須ワグナー FW 29歳 ベルマーレ平塚 1アシスト
14 岡野雅行 FW 25歳 浦和レッドダイヤモンズ
18 城彰二 FW 22歳 横浜マリノス

監督は岡田武史監督(当時41歳)。全22選手の平均年齢は25.3歳となっています。

直前合宿で日本代表のエースだった三浦知良選手が落選して話題となったフランスW杯の日本代表メンバーでしたが、こうやって見てみると、中田英寿や城彰二といった若手レギュラーに加えて、ゴン中山や井原正巳、山口素弘、呂比須ワグナーといった経験豊富なベテランとをミックスさせたバランスの良い布陣だったなぁという印象です。当時天才と呼ばれた18歳の小野伸二もしっかり選出して次のワールドカップを見据えてますし、結果は3連敗でしたが、ここでの経験が次の日韓での躍進に繋がったという側面も十分あった大会だと思いますね。

ちなみに全選手が国内組(Jリーグ所属選手)というのは、海外組が当たり前となっている今見てみると何て新鮮なのでしょうか(笑)

2002日韓ワールドカップ日本代表メンバー一覧 平均年齢25.3歳

背番号 選手名 Pos. 満年齢 所属クラブ 備考
1 川口能活 GK 26歳 ポーツマスFC
12 楢崎正剛 GK 26歳 名古屋グランパスエイト
23 曽ヶ端準 GK 22歳 鹿島アントラーズ
2 秋田豊 DF 31歳 鹿島アントラーズ
3 松田直樹 DF 25歳 横浜F・マリノス
4 森岡隆三 DF 26歳 清水エスパルス キャプテン
16 中田浩二 DF 22歳 鹿島アントラーズ
17 宮本恒靖 DF 25歳 ガンバ大阪 キャプテン代行
5 稲本潤一 MF 22歳 アーセナル 2ゴール
6 服部年宏 MF 28歳 ジュビロ磐田
7 中田英寿 MF 25歳 パルマ 1ゴール
8 森島寛晃 MF 30歳 セレッソ大阪 1ゴール
14 三都主アレサンドロ MF 24歳 清水エスパルス
15 福西崇史 MF 25歳 ジュビロ磐田
18 小野伸二 MF 22歳 フェイエノールト
19 小笠原満男 MF 23歳 鹿島アントラーズ
20 明神智和 MF 24歳 柏レイソル
21 戸田和幸 MF 24歳 清水エスパルス
22 市川大祐 MF 22歳 清水エスパルス
9 西沢明訓 FW 25歳 セレッソ大阪
10 中山雅史 FW 34歳 ジュビロ磐田
11 鈴木隆行 FW 25歳 鹿島アントラーズ 1ゴール
13 柳沢敦 FW 25歳 鹿島アントラーズ

監督はフィリップ・トルシエ監督(当時47歳)。日本代表全23選手の平均年齢は25.3歳となっています。これは前回フランス大会と同じですね。

キャプテンでフラット3の中央に位置していた森岡隆三が緒戦のベルギー戦で負傷し、宮本恒靖が主将代行としてフラット3中央に入って危機を救いました。チーム戦術がしっかりしているからこそ代わりの選手が入ってもチーム力が落ちないのは流石トルシエとうならされましたね。この頃が日本代表の最強時代だというファンが多いのも頷けますね。だからこそ決勝トーナメント初戦でトルコに敗れたのは悔しかったですね。もっと上に行ける可能性を秘めたチームだっただけに…

スポンサーリンク



2006ドイツワールドカップ日本代表メンバー一覧 平均年齢27.4歳

背番号 選手名 Pos. 満年齢 所属クラブ 備考
1 楢崎正剛 GK 30歳 名古屋グランパスエイト
12 土肥洋一 GK 32歳 FC東京
23 川口能活 GK 30歳 ジュビロ磐田
2 茂庭照幸 DF 24 FC東京
3 駒野友一 DF 24歳 サンフレッチェ広島
5 宮本恒靖 DF 29歳 ガンバ大阪 キャプテン(1&2戦)
6 中田浩二 DF 26歳 バーゼル
19 坪井慶介 DF 26歳 浦和レッズ
21 加地亮 DF 26歳 ガンバ大阪
22 中澤佑二 DF 28歳 横浜F・マリノス キャプテン(3戦)
4 遠藤保仁 MF 26歳 ガンバ大阪
7 中田英寿 MF 29歳 ボルトン
8 小笠原満男 MF 27歳 鹿島アントラーズ
10 中村俊輔 MF 27歳 セルティック 1ゴール
14 三都主アレサンドロ MF 28歳 浦和レッズ
15 福西崇史 MF 29歳 ジュビロ磐田
17 稲本潤一 MF 26歳 ウェスト・ブロムウィッチ
18 小野伸二 MF 26歳 浦和レッズ
9 高原直泰 FW 27歳 ハンブルガーSV
11 巻誠一郎 FW 25歳 ジェフユナイテッド市原
13 柳沢敦 FW 29歳 鹿島アントラーズ
16 大黒将志 FW 26歳 グルノーブル
20 玉田圭司 FW 26歳 名古屋グランパスエイト 1ゴール

監督はジーコ監督(当時53歳)。日本代表全23選手の平均年齢は27.4歳となっています。前々回フランス、前回日韓の両大会から約2歳ほど年齢が底上げされていますね。黄金世代と呼ばれたシドニー五輪世代のゴールデンエイジが20代後半を迎え、まさに脂が乗り切った状態で迎えたのがこのドイツワールドカップだったともいえるでしょう。

結果的には0勝2敗1分で予選敗退となりましたが、ブラジル、クロアチア、オーストラリアが揃ったこの大会の予選の対戦相手はどこも手ごわかったですね。戦術で相手をハメるフラット3から、選手の自主性に任せたジーコの戦術に代わったのも大きかったかもしれません。長年チームの“王様”として君臨した中田英寿はこの大会を持って現役を引退、日本代表も新たな時代へと入っていく事となります。

2010南アフリカワールドカップ日本代表メンバー一覧 平均年齢27.8歳

背番号 選手名 Pos. 満年齢 所属クラブ 備考
1 楢崎正剛 GK 34歳 名古屋グランパス
21 川島永嗣 GK 27歳 川崎フロンターレ
23 川口能活 GK 34歳 ジュビロ磐田
3 駒野友一 DF 28歳 ジュビロ磐田
4 田中マルクス闘莉王 DF 29歳 名古屋グランパス
5 長友佑都 DF 23歳 FC東京
6 内田篤人 DF 22歳 鹿島アントラーズ
13 岩政大樹 DF 28歳 鹿島アントラーズ
15 今野泰幸 DF 27歳 FC東京
22 中澤佑二 DF 32歳 横浜F・マリノス キャプテン代行
2 阿部勇樹 MF 28 浦和レッズ
7 遠藤保仁 MF 30歳 ガンバ大阪 1ゴール
8 松井大輔 MF 29歳 グルノーブル
10 中村俊輔 MF 31歳 横浜F・マリノス
14 中村憲剛 MF 29歳 川崎フロンターレ
17 長谷部誠 MF 26歳 ヴォルフスブルク キャプテン
18 本田圭佑 MF 23歳 CSKAモスクワ 2ゴール
20 稲本潤一 MF 30歳 川崎フロンターレ
9 岡崎慎司 FW 24歳 清水エスパルス 1ゴール
11 玉田圭司 FW 30歳 名古屋グランパス
12 矢野貴章 FW 26歳 アルビレックス新潟
16 大久保嘉人 FW 28歳 ヴィッセル神戸
19 森本貴幸 FW 22歳 カターニア

監督はフランスW杯に続いて2度目の指揮となる岡田武史監督(当時53歳)。日本代表全23選手の平均年齢は27.8歳となっています。

前回のドイツW杯後に監督となったイビチャ・オシム監督が脳梗塞で倒れて急きょ監督に就任した“岡ちゃん”こと岡田武史監督。大会直前になって阿部勇樹をアンカーに据え、ディフェンスラインを下げて守りを固め、本田圭佑を1トップに起用してのカウンター戦術に方針転換、これが見事に当たって日韓共催以来の決勝トーナメント進出を果たしました。岡田武史という男の「勝負師」の一面をまざまざと見せつけてくれましたね。

しかし個人的にはオシムのサッカーの完成形をW杯ワールドカップの舞台で見たかったという思いもまた強いのです…

スポンサーリンク



2014ブラジルワールドカップ日本代表メンバー一覧 平均年齢27.8歳

背番号 選手名 Pos. 満年齢 所属クラブ 備考
1 川島永嗣 GK 31歳 スタンダール・リエージュ
12 西川周作 GK 27歳 浦和レッズ
23 権田修一 GK 25歳 FC東京
2 内田篤人 DF 26歳 FCシャルケ04
3 酒井高徳 DF 23歳 シュツットガルト
5 長友佑都 DF 27歳 インテル
6 森重真人 DF 27歳 FC東京
15 今野泰幸 DF 31歳 ガンバ大阪
19 伊野波雅彦 DF 28歳 ジュビロ磐田
21 酒井宏樹 DF 24 ハノーファー
22 吉田麻也 DF 25歳 サウサンプトン
7 遠藤保仁 MF 34歳 ガンバ大阪
14 青山敏弘 MF 28歳 サンフレッチェ広島
16 山口蛍 MF 23歳 セレッソ大阪
17 長谷部誠 MF 30歳 ニュルンベルク キャプテン
4 本田圭佑 FW 27歳 ACミラン 1ゴール
8 清武弘嗣 FW 24歳 ニュルンベルク
9 岡崎慎司 FW 28歳 マインツ 1ゴール
10 香川真司 FW 25歳 マンチェスター・ユナイテッド
11 柿谷曜一朗 FW 24歳 セレッソ大阪
13 大久保嘉人 FW 32歳 川崎フロンターレ
18 大迫勇也 FW 24歳 1860ミュンヘン
20 斉藤学 FW 24歳 横浜F・マリノス

監督はイタリア人監督で「ザック」の愛称で親しまれたアルベルト・ザッケローニ監督(当時61歳)。日本代表全23選手の平均年齢は26.8歳となっており、前回大会から1歳程若返っています。とはいえ、本田、長友、岡崎、川島、長谷部、遠藤らチームの中枢は前回大会で活躍した選手らであり、そこに香川真司や吉田麻也、高徳、宏樹の両酒井ら海外組の若手選手らが加わるという構図のチームとなりました。

恐らく過去最高に期待された日本代表でしたが、結果は0勝2敗1分で敢え無く予選敗退に終わりました。このチームの敗因は、コンディショニングの失敗が最大の原因だと思いますね。この教訓は次に生かしてほしいです。

2018ロシアワールドカップ日本代表メンバー一覧 平均年齢27.8歳

背番号 選手名 Pos. 満年齢 所属クラブ 備考
1 川島永嗣 GK 35歳 メス
12 東口順昭 GK 32歳 ガンバ大阪
23 中村航輔 GK 23歳 柏レイソル
2 植田直通 FP 23歳 鹿島アントラーズ
3 昌子源 FP 25歳 鹿島アントラーズ
4 本田圭佑 FP 31歳 パチューカ
5 長友佑都 FP 31歳 ガラタサライ
6 遠藤航 FP 25歳 浦和レッズ
7 柴崎岳 FP 26歳 ヘタフェ
8 原口元気 FP 27歳 デュッセルドルフ
9 岡崎慎司 FP 32歳 レスター・シティ
10 香川真司 FP 29歳 ボルシア・ドルトムント
11 宇佐美貴史 FP 26歳 デュッセルドルフ
13 武藤嘉紀 FP 25歳 マインツ
14 乾貴士 FP 30歳 レアル・ベティス
15 大迫勇也 FP 28歳 ヴェルダー・ブレーメン
16 山口蛍 FP 27歳 セレッソ大阪
17 長谷部誠 FP 34歳 フランクフルト
18 大島僚太 FP 25歳 川崎フロンターレ
20 槙野智章 FP 31歳 浦和レッズ
19 酒井宏樹 FP 28 マルセイユ
21 酒井高徳 FP 27歳 ハンブルガーSV
22 吉田麻也 FP 29歳 サウサンプトン

監督は岡ちゃん以外で初のワールドカップ日本人監督となる西野朗監督(63歳)。日本代表全23選手の平均年齢は28.6歳となっており、前回大会から約2歳程高くなっています。なお、ポジション表記はゴールキーパー(GK)以外の選手はすべてフィールドプレーヤー(FP)という表記となっています。

W杯本番2ヵ月前になってヴァイド・ハリルホジッチ前監督を解任する等、今までにない程の逆風で本大会を迎える侍ブルー。個人的にハリル解任は止む無しという見解なのですが、どちらにしても結果が全ての勝負の世界ですから、結果で雑音を封じてほしいものですね。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ