熊本地震被災地でのテレビ局の醜態 批判の声はノイジーマイノリティではなくサイレントマジョリティであると認識すべき

熊本地震で考える緊急災害報道番組の在り方 被災地のためなのか?視聴率や局の面子のためなのか?

という記事の中で緊急災害時の報道の在り方について語ってから2日経ちましたが、相も変わらずテレビ各局は現地に中継車やスタッフを派遣しての報道合戦。まるでスクープ合戦でも繰り広げるかの如く、災害映像や被災者の人たちへのインタビューなどを放送し続けています。

そして前回の記事をアップしてからわずか2日ほどしかたっていないにも関わらず、またもや現地マスコミに対する新たなバッシングが出ています。

本当にマスコミって何なんでしょうか?こういうのを見ていると、ネットで「マスゴミ」と揶揄されるのも致し方ないのかなと思ってしまいますね。

Sponsored Link

「ミヤネ屋」の割り込み取材が問題に・・大義なきエゴの見本のような事例

まず一つ目はこれですね。

【最悪】ミヤネ屋が「被災地で焼芋屋に並ぶ子供」を追い払って取材 / 大雨で子供がズブ濡れになる → 炎上

読売テレビのワイドショー「ミヤネ屋」の中で、ミヤネ屋の中継リポーターや番組スタッフたちが、鹿児島から被災者の人たちに食べてもらうために来ていた焼き芋屋さんを取材するために、並んでいた女の子たちの並んでいたスペースに割り込んでその女の子たちが雨除けの無い外でずぶ濡れになってしまったというニュースですね。

うーん、何かもう、「マスコミ」って感じですね。その一言しかないかなと。

スタジオから中継繋がるまで待機していて、中継来るよってなった途端、慌てて割り込んだって感じですよね。これを生中継しなければならない意義がどこにあるのでしょうか?お客さんがはけてから取材して、それをVTRで流したらいいんじゃないでしょうか。まあ番組としては生で中継したいんでしょうね。臨場感もあるし。でもそれにどれほどの意味があるのでしょうか。視聴者にとってどれほどの意味が。少なくとも被災地の女の子たちを雨ざらしにしてまで生で中継する意味があるのでしょうか。

ハッキリ言ってこんなのはテレビ局の勝手な都合であり、エゴ以外の何物でもありません。猛省を促したいですが、まあ本質が変わる事はないのでしょうね。

報道番組生放送中に被災者が激怒 ネットの反応が示す世間の見方

さらにこんな記事もありましたね。

【大炎上】熊本地震の生放送ニュースで前代未聞の放送事故 / 被災者がモラルなき取材班にブチギレ激怒

こちらはTBS系夕方の報道番組「Nスタ」の中の現地レポートの際のトラブル。現地でのボランティア取材の最中に、被災者と思われる人物が取材中の記者やスタッフに対してブチギレしたというものです。何故男性が激怒したのかという経緯は分かっていませんが、このやり取りは生中継で発生したために、編集などは一切出来ずそのまま放送される事となりました。

詳しい状況が分かっていないので、どちらに非があるのかなどということを論ずることは出来ません。出来ませんがひとつハッキリとした事実は、この件に関してネットでは局側を擁護し、被災者男性を非難する声がほとんどないという事です。

むしろ、被災者男性に対して「よくぞ言ってくれた」という称賛にも似た声が多数挙がっているのが実情です。

当然だと思います。世間の多くの人たちはこの熊本地震での、いや今回の地震に限らず緊急災害時のマスコミ、特にテレビ局の過剰な取材に対して辟易しているという事でしょう。そしてそれは恐らく被災地の人たちも同じ思いなのではないでしょうか。

被災地の現状を日本中の人たちに伝えるというマスコミの本来の役割よりも、他の局よりもより良い映像を、より良い被災地の声を、という事が優先されていると考えるのはわたしだけではないはずです。

そしてそんなテレビ局の醜悪な姿を誰よりもつぶさに見ているのが熊本で苦しんでいる現地の被災者たちではないかと思います。中継中に声を荒げた被災者男性はそんな被災者たちの心の声であるとも言えるかもしれません。

Sponsored Link

ネットの声は「ノイジーマイノリティ」なのか?「サイレントマジョリティ」なのか?

現地調達した弁当をツイッターにアップして炎上した毎日放送(MBS)、給油割り込みで非難を浴びた関西テレビ、中継を優先させて子どもたちを雨ざらしにした読売テレビ、そして被災者から厳しい声を浴びせられたTBS。

わずか数日の間にこれだけ問題になっているテレビ局のトラブル。

信じられないのは、これらの問題を取り上げるテレビ局がほとんどない事です。ネットではこれだけ話題になっているのにも関わらず、です。

臭いものには蓋ってことなのでしょうか。それとも、騒いでいるのは一部の「ノイジーマイノリティ」(声の大きな少数派)だと思ってたかをくくっているのでしょうか。もしもこれらの声がノイジーマイノリティだと思っているのであれば、完全にテレビ業界は終わっていると思いますね。

「Nスタ」の生中継で声を荒げた男性や、この男性に同調するネットなどの声は「ノイジーマイノリティ」などではなく、「サイレントマジョリティ」(声なき多数派)であるという事を認識すべきです。サイレントマジョリティが声を上げ始めるほどに事態が深刻化しているのであるんだと捉えなければ、この問題の本質を永遠に理解することは出来ないと思います。

視聴者のテレビ離れに拍車がかかって、視聴率は落ち、それに伴って広告料も激減してテレビ各局は悲惨な状況に陥っているというのは数年前から言われている事ですね。こうなってくると必然的に仁義なき視聴率獲得競争が始まります。少しでも広告収入を増やすためです。そうなると、モラルの低下、いわゆるモラルハザードが起きてきます。視聴率至上主義となった事で、マスコミとして、人間として尊重すべきモラルよりも視聴率を上げる事を最優先するという事になります。その結果が熊本地震での数々のマスコミの醜態となって表れているのだと思います。

テレビ各局には、報道の本来の役割と、視聴率や他局との競争以上にまず最優先すべきものをしっかりと認識してほしいものです。

追記4/23 ミヤネ屋での中継についての熊本県民テレビのコメント

この記事でも紹介した「ミヤネ屋」での焼き芋屋での中継について、取材を担当した熊本県民テレビ(KKT)がコメントを出しました。

「アナウンサーが子どもを無理にどかせた事実なかったと判断」熊本県民テレビ、「ミヤネ屋」取材への批判受けコメント

KKTのコメントによると、雨にぬれていた子どもたちは炊き出しの手伝いであってお客さんではなく、自発的に取材が始まるとその場から移動したとの事です。さらにこの子どもたちやその親族にも事情を聞き、取材によってどかされたという認識は無いという事を確認したとの事です。

さらに「この映像によって視聴者の皆様方に不快な印象を与えたのであれば、お詫び申し上げます」と結んでいます。

まあ子どもたちが自発的に列を退いて取材陣に譲ったのだとしても、雨に濡れている子どもたちを気遣うスタッフたちがいなかったというのは、見ていて不快に思う人が多いでしょうね。ゴメンね、くらいは言いながら傘をさしてあげるとかしていれば全く印象は違ったのではないでしょうか。やっぱり番組第一主義というか、まず中継ありき!って感じは拭えないと個人的には思いました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

コメントを残す

このページの先頭へ