[PV動画有]レディオヘッド名作アルバム“ザ・ベンズ” トム・ヨークのメロディとジョニーのギターが唸る

先日ネットを見ていたら、イギリスのロックバンド、レディオヘッドが大ヒットアルバムとなった「OKコンピューター」の発売20周年記念のスペシャル盤をリリースするというニュースが出ていました。まあ当然買うのですが、ボックスセットで買うか、デジタルで買うか?どちらもか?などと悩んでいながら、そっかー、OKコンビューターから20年も経つのかあ、おっさんになるわけやねー、などと考えていました(笑)

というわけで(どういうわけだ笑)、わたしのフェイヴァリットアルバムベスト5に入るであろうレディヘの最高のアルバムをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



レディオヘッドで好きなアルバムは「キッドA」?「OKコンピューター」?それとも・・

レディオヘッドは本当にファンによって一番好きなアルバムが分かれるアーティストでしょうね。どのアルバムも個性が強く、方向性やサウンドが大きく異なっているからそれぞれの好みによる部分も大きいのでしょうけどね。

自分は「OKコンピューター」は1998年の来日ツアー、名古屋ダイヤモンドホール公演を見に行ったくらい好きでしたし、1stの「パブロ・ハニー(Pablo Honey)」や全米1位を獲得した問題作の「キッドA(Kid A)」も、その次の「アムニージアック(Amnesiac)」に「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ(Hail To The Thief)」、理解するのに時間を要したアルバムもありますけど(汗)、どれもそれぞれ好きなアルバムですね。

でもアルバム単位でどれが好きかと聞かれれば、断トツで1995年に発売された2ndアルバム、「ザ・ベンズ(The Bends)」と答えます。

理由は単純明快、捨て曲が全くない完璧なアルバム、何よりもただただ素晴らしい曲ばかりだからです。最も完成度の高いアルバムで、わたしが持っている全てのアルバムの中でも最も今までに聞いたアルバムの一つですね。何度聞いても色褪せることのない名盤中の名盤なのです。

レディオヘッド「ザ・ベンズ」アルバム12曲の収録曲

ではレディオヘッドの名盤「ザ・ベンズ」の収録曲をご紹介しましょう。

1 .プラネット・テレックス
2 .ザ・ベンズ
3 .ハイ・アンド・ドライ
4 .フェイク・プラスティック・トゥリーズ
5 .ボーンズ
6 .ナイス・ドリーム
7 .ジャスト
8 .マイ・アイアン・ラング
9 .バレット・プルーフ..アイ・ウィッシュ アイ・ワズ
10.ブラック・スター
11.サルク
12.ストリート・スピリット

これが捨て曲無しの最強の12曲のラインナップです。本当に素晴らしい曲ばかり。ちなみに全曲クレジット(作詞・作曲)はレディオヘッドのメンバー5人の共作という事となっています。

トム・ヨークとジョニー・グリーンウッド、エド・オブライエン、コリン・グリーンウッド、フィル・セルウェイ、の5人ですね。

ちなみにこの5人のレディオヘッドメンバーは、メジャーデビュー以降25年以上にわたってずっと同じメンバーで活動しています。脱退も新加入もありません。これは本当に珍しいことです。それだけメンバーの結束は強いんです。これだけの大物バンドにしては本当に稀有な例ですね。

ポップなメロディに乗る攻撃的なギターサウンド、その世界観はレディへ独特

さて、では1曲目から順を追っていきましょう。

この歴史的名盤のトップを飾るのが「プラネット・テレックス(Planet Telex)」。いきなり浮遊感を漂わせるようなエフェクトのかかったイントロで幕を開けます。そして気だるそうなトム・ヨークのヴォーカルが乗っかってきて何とも言えない不思議な世界観を醸し出します。そりゃそうでしょう、トムのこの曲でのヴォーカルは酔っぱらった状態で歌わされたものなのですから(笑)。

次作OKコンピューターにつながる世界観もありながら、決定的に違うのはやはり大きく主張するジョニーの歪んだギター音とメロディ。雰囲気に騙されそうですが、曲自体は結構ポップなんです。そしてこの傾向はこのアルバム全体に言える事なんですよね。

続いて2曲目の「ザ・ベンズ(The Bends)」。タイトルトラックです。これもジョニーのギターがただひたすらカッコいい。そしてトムの魂のシャウト。曲自体はこれもポップでメロディアスなんだけど、当たり前の良質なロックチューンとは一線を画する曲です。まさにこのアルバムのタイトルチューンに相応しい名曲であります。トム・ヨークがツアーのしんどさ、バンド活動とソロ活動の狭間での葛藤などから逃避思想になった時に書いた曲だけあって、哀愁も感じさせる曲ですね。そこがいいんですけどね。

ちなみに、アイルランドではこの曲がシングルカットされたそうです。

シングルカットされた「ハイ・アンド・ドライ」らスロウで切なく哀愁漂う名曲たち

続いてこのアルバムからの2ndシングルとして発売された収録3曲目の「ハイ・アンド・ドライ(High and Dry)」ですね。

コード進行などを聴いても、一時期のレディへと同一バンドかと疑ってしまう程に非常にシンプルな曲ですね。でもとても物悲しく哀愁が漂っています。そして何より美しい。実はトムが大学時代に書いた曲で、アルバム中で最も古い曲です。そしてこのアルバムに録音されたテイクは1993年に録音したものをリミックスしたものなのだそうです。

そして続いてはこれも3rdシングルとなった4曲目の「フェイク・プラスティック・トゥリー(Fake Plastic Trees)」。これまで数多くのアーティストにカヴァーされている、レディオヘッドの初期を代表する名曲です。

これまた美しい。そして切ない。でもやっぱ美しい。何ともいえない空虚感。こんな曲作れるのはレディオヘッドだけでしょうね。圧巻です。

スポンサーリンク



ザ・ベンズの頃のレディオヘッドはオルタナティブではなくギターロック?

シングルカットされたスローナンバーの3,4に続く5曲目は「ボーンズ(Bones)」。ジョニーのトレモロがかったギターイントロで始まるナンバー。3分ちょっとという短い曲ですが、ポップなメロディとジョニーの歪みギターが心地いい佳作です。個人的に大好きです。本当に捨て曲がございません、このアルバム。

そして6曲目の「ナイス・ドリーム(Nice Dream)」。ワルツっぽい単調なバラード曲ですが、もちろんレディへですからただのバラードではございません。徹頭徹尾ネガティブな歌詞を反映するようなしないような(笑)、夢心地の中にいるような夢うつつのような世界観が醸し出されます。そしてそれを切り裂くジョニーのギターソロ(笑)。

オルタナティブロックと評されることの多いこの時期のレディへですが、わたし的にはこの時代のレディオヘッドは「ギターロック」ですね。とにかくジョニーのギターが素晴らしいのです。トムの才能とジョニーの非凡さが一番素晴らしい化学反応を起こしていた時代だと思いますね。

ジョニー・グリーンウッドの歪みギターがノイジーに炸裂するジャストからの2曲

7曲目は4枚目のシングルとなった「ジャスト(Just)」。

これまたグリーンウッド弟が大活躍の巻です(笑)。ていうか、本当にジョニー・グリーンウッドの凄さを思い知らされる曲です。こんなギター考えつかないでしょ、普通。とにかくギター聞いてるだけで幸せになれる曲です。

今の若い世代の人たちの間ではギターよりベースが人気だなどともいわれていますが、この曲聞いたら「やっぱギターっしょ」ってなると思います。とにかくジョニー恐るべし!!って曲です。

8曲目は1stシングルとなった「マイ・アイアン・ラング(My Iron Lung)」。ジョニー・・やっぱあんたは凄いよ・・

ミディアムテンポのスロウなナンバー?かと思いきや・・かーーらーーのーーーっ!!

グリーンウッド弟ぉぉぉぉぉっ!!!

素晴らしいです。いい意味でぶっ飛んでます。ホントこんな曲誰がかけるんだっての。天使と悪魔。究極の二面性。これがレディへです。この頃のレディオヘッドをライブハウスクラスの会場でかぶりつきで見られたのはわたしの何よりの財産ですね。

ロック史に残る名曲「ブラック・スター」はそれまでのバラードと対極にある存在?

興奮してしまいました、すみません(爆汗)。

続いては9曲目の「バレット・プルーフ..アイ・ウィッシュ アイ・ワズ(Bullet Proof..I Wish I Was)」。

全体的に美しさとともに鬱屈した空気感が漂っているこの「ザ・ベンズ」ですが、この9曲目からラストまでは疾風怒濤の陰鬱さで突っ走ります(笑)。この曲はアコースティックの静かな曲ですが、ところどころにプログレっぽさも漂わせるナンバーですね。美しいけどとにかく物悲しい。普通のバラードとは全く違う、まさにレディオヘッドの世界観です。

そして10曲目の「ブラック・スター(Black Star)」。個人的にこのアルバム中最も美しく、そして儚く切ない曲です。この曲についてはとにかく聞いてほしいですね。仰々しいバラードがヒットチャートを賑わせた90年代前半へのアンチテーゼかと思わせるほど、シンプルですがだからこそ心揺さぶる曲です。ロック史に残るスロウナンバーですね。

大ヒット曲「ストリート・スピリット」はアルペジオの美しさと絶望的な暗さが同居する名曲

11曲目は「サルク(Sulk)」。この名作アルバムもついにラス前です。そしてこの曲も美しいです。そしてトム・ヨークの心の叫びが魂に突き刺さります。とにかくメロディがいいんですよね。卓越したメロディメイカーでありながら、卓越したアレンジ力を兼ね備えた最強のバンドだと再認識できますね。

そしてラスト12曲目は「ストリート・スピリット(Street Spirit “Fade Out”)」。ラストを飾るこの曲はアルバムからの5枚目のシングルにして、このアルバム最大のシングルヒットとなった曲です。

この曲がアルバムラストを飾るというのがまた何ともレディオヘッドらしいというか・・ねえ(笑)。未だにライブでは重要なレパートリーとなっている彼らの代表曲の一つなのですが、とにかく暗い、ただひたすら暗いです。ひたすらマイナーコードで進行する曲は美しいですが、奈落に突き落とされそうなほどの絶望感も感じさせられますね。しかしそれがいいんです、クセになってしまう程に(汗)。

最高にアルペジオが美しい、これまたレディオヘッドにしか作れないバラードでしょう。このアルバムのラストにこれほど相応しい曲もないとわたしは思いますね。

日本盤ボーナストラックの「キラーカーズ」等2曲がまた名曲なんです

「ストリート・スピリット」でラストとなるこの「ザ・ベンズ」ですが、日本盤にはこの後2曲が追加されているんです。「ハウ・キャン・ユー・ビー・シュアー」と「キラー・カーズ」がそうなのですが、この2曲がまた素晴らしいんですよね。というわけで、わたし的には14曲目の「キラー・カーズ」がラストという感じが定着してしまっていますね。これから買われる方にはこの2曲が入っている日本盤をぜひ買ってほしいですね。

とにかくこのアルバムの凄さは言葉で語りつくせるものではありません。ロック好きの人には絶対に聞いてほしいアルバムです。逆に言えばこのアルバムを聴かずしてロックを語るなかれ!とさえ思ってしまいますね(生意気言ってスミマセン爆汗)。

まあとにかくそれだけ凄いアルバムだってことが言いたいわけです。

1stアルバムのポップさやメインストリーム色、そして3rdアルバムのマイナー色、アングラ色の間に作られたアルバムらしく、両者の良い部分のみが凝縮された奇跡のアルバムがこの「ザ・ベンズ」なんだと思います。

まさにこの時期のレディオヘッドだからこそ生み出せた奇跡の名盤、だからこそ刹那的に美しく心に響くのかもしれませんね。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ