80’sを代表する名プロデューサー、ナイル・ロジャース カッコよすぎる神曲ベスト3 いい仕事してますねぇ

70年代に活躍したシックのギタリストであり、80年代以降は名プロデューサーとして名を馳せたナイル・ロジャース。

そんなナイルは親日家としても有名で、これまでに何度も来日しています。

そんなナイルはついこの間も来日して、出演したTOKYO FMの番組の中で自分の仕事を振り返っていたそうです。

ナイル・ロジャースが選ぶ、レジェンドたちとの共演楽曲ベスト3

うんうん、全部知ってる。なんせ80年代は青春時代でしたからね(笑)

にしても、世界的にまだ音楽界に活力がみなぎってた古き良き時代って感じっすねぇ(遠い目)

ナイル自身が選んだベスト3は勿論リスペクトしつつ、この偉大なるプロデューサーのわたしの中での神曲三羽烏を選んでみたいと思います。

Sponsored Link



3位 デヴィッド・ボウイ 「モダン・ラヴ」

ナイル自身がベスト3に挙げている「レッツ・ダンス」の収録されているアルバム「レッツ・ダンス」のオープニング1曲目を飾るナンバー。

ミュージシャンズミュージシャンというか、玄人筋には絶大な人気を誇っていましたが、そのアクの強さゆえにメジャーでは受けていなかったデヴィッド・ボウイを一躍メイン・ストリームへと押し上げたこのアルバム。

タイトル曲の「レッツ・ダンス」や「チャイナ・ガール」が有名なこのアルバムですが、個人的にこれらの曲よりもこの「モダン・ラヴ」の方がナイルっぽいと思います。

全体的にミドルテンポなダンス・ナンバーが多いこのアルバムの中では珍しいほどロック色の強いノリノリの曲です。わたし自身はこのアルバムの最強チューンであると思っています。

まだカルト的な人気を誇っていた時期のボウイが好きなファンはあまりこの「レッツ・ダンス」アルバムを評価しない人が多いのですが、わたしはこの時期のボウイも大好きです(ちなみにボウイの「ジギ―・スターダスト」はわたしの「もしも無人島に持っていくとしたら?」アルバムに絶対入るくらい好きですよw)

ナイルも語っているように、今までのカルトの王様的なポジションからの脱却を図ったボウイにとってこの時期は非常に難しい時期だったのですが、結果的にはこの路線変更は大正解だったのではないでしょうか。少なくともこの「モダン・ラヴ」は新時代のボウイの到来を告げるほどに素晴らしい曲だと思います。

にしても、デヴィッド・ボウイって死ぬほどカッコいいと思うんだけど、中学時代の女子には人気なかったなあ。デュラン・デュランのファンの女子連中なんて

「デヴィッド・ボウイって気持ち悪いよねw」

だもん。

ま、「お前らにボウイの良さはわかんねーよw」って心の中で嘲笑ってましたがね(ええ、当時から性格悪かったんですよ、俺w)

2位 デュラン・デュラン 「ザ・リフレックス」(リミックス・ヴァージョン)

はい、中学時代クラスの女子連中にキャーキャー言われてたデュラン・デュランっす(笑)

間違いなくデュラン・デュラン最大のヒット・チューンにして代表曲ですね。

アルバム「セヴン・アンド・ザ・ラグド・タイガー」の1曲目に収められているこの曲ですが、アルバムヴァージョンではなく、シングルとしてリリースされたリミックス・ヴァージョンをナイル・ロジャースが手掛けています。

このリミックスが実に秀逸で、今やこのリミックス・ヴァージョンの方がこの曲の真の姿になってしまっています。実際、プロモーション・ビデオもこのリミックスの曲を使って作られています(ソー・ホワイヤイヤイヤイヤ、ワッ、ワッ、ホワイヤイヤ、ンワッ!!ってやつがリミックスwww)

この曲によって引き合わされたナイルとデュラン・デュランですが、この2者の付き合いはこれ以降とても長いものになります。お互いにとってなくてはならない程の存在となっていきます。

にしても、PVのデュランメンバーみんなカッコいいっす。そらキャーキャー言われますわ(苦笑)

しかし、デュラン・デュランのルックスの良さゆえにアイドル・バンド的な評価を下して曲を聴こうとしなかった人が多いのはいただけません。このバンド、普通に素晴らしいバンドです。なんつっても曲がいい。いかにもイギリスのバンドって感じです。なんというか、ポップでありながら明るくなりきれない湿った感じというか・・

そんないかにもイギリスって感じのデュランの良さとアメリカ人ナイルのファンキーでクールなサウンドが素晴らしい化学反応を起こしているのがこの曲です。

とにかく食わず嫌いはいけませんね。デュラン・デュランに偏見を持っている方は是非一度じっくり聞いていただきたいです。ミュージシャンとして本当に素晴らしいですよ。

Sponsored Link



1位 インエクセス 「オリジナル・シン」

ご存知オーストラリアを代表する国民的バンド、インエクセス。そのインエクセスがまだ世界的バンドになる前の1984年に発表されたこのナイル・ロジャースプロデュース曲「オリジナル・シン」。

クールです。陳腐な表現かもしれませんがとにかくクールです。

サウンドはもはや一聴しただけで「ナイルじゃん」ってわかるほどのナイル・ロジャース節(笑)。あの独特のエッジの効いたカッティング・ギターとドカンドカンのドラム音。それがインエクセスの類まれな作曲能力を見事に別次元へと引き上げていますね。

この曲のスマッシュ・ヒットをきっかけにインエクセスは世界にその名を知らしめることとなり、その後の「KICK」「X」での世界制覇へと繋がる事となるのです。

インエクセスはどちらかというとダンサブルでオシャレなロックってイメージが強い人が多いかと思いますが、この曲は彼らの曲の中でもロック色の強い曲だと思います。そして、そのロック色の強い曲の方がインエクセスはカッコいいんですわ、また(「ヘヴン・セント」なんて失禁するくらいカッコイイっすw)

ちなみにこの「オリジナル・シン」のプロモーション・ビデオは日本で撮影されたものです。○○水産って書いてあるデコトラが出て来たリ、メンバーが縁日の屋台でお面つついたりしてますwこのPV見てもわかるように、ヴォーカルのマイケル・ハッチェンスがこれまたカッコいい。これはまだ世界のセックス・シンボルとしてマイケルが認知される前の少し垢抜けていない時代ですが、それでも十分カッコいいですな。

 

まあ、他にもミック・ジャガーの「ジャスト・アナザー・ナイト」とかマドンナの「マテリアル・ガール」(ガキ使で板尾の嫁が踊っている曲www)とかジェフ・ベック、ダイアナ・ロスとかとにかく色々ありますが、「何であの曲が入ってねーんだよ」って声があがるのは重々承知の上で選んでますので堪忍願います(笑)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

コメントを残す

このページの先頭へ