NHK大河ドラマ【武田信玄】 主演の中井貴一ら俳優の演技力が光る歴代視聴率2位の名に恥じぬ硬派な名作

1963年(昭和38年)に記念すべき第一作目の「花の生涯」でスタートし、既に50年以上にわたる歴史を誇るNHK大河ドラマ。

「日曜夜8時といえば家族で大河ドラマ」という視聴習慣を生み出した、まさにモンスタードラマ枠といってもいいでしょう。

そんな大河ドラマの半世紀以上に渡る歴史の中で、歴代最高視聴率を誇っているのが、1987年(昭和62年)放送の渡辺謙主演「独眼竜政宗」というのは有名な話ですが、歴代視聴率第2位を誇るのが、ここでご紹介する中井貴一主演の「武田信玄」なのです。

スポンサーリンク



「視聴率は面白さと比例した」正真正銘の名作大河ドラマ

ここで簡単にNHK大河ドラマ「武田信玄」について説明しておきましょう。

ジャンル :歴史ドラマ
放送期間 :1988年1月10日~12月18日
放送時間 :毎週日曜日20:00~20:45
ドラマ枠 :大河ドラマ
放送回数 :全50話
制 作 局:日本放送協会(NHK)
音   楽:山本直純
原   作:新田次郎
脚   本:田向正健
主   演:中井貴一
平均視聴率:39.2%
最高視聴率:49.2%

平均視聴率が39.2%で最高視聴率は第6話「諏訪攻め」の49.2%・・(笑)。今では考えられない視聴率ですよね。いかにこの時代の大河ドラマが凄かったかというのが、この数字だけで分かるというものです。

まあ今のようにネットが普及している時代ではありませんし、BS、CSの多チャンネル時代でもありませんでしたから現在の視聴習慣と一緒には出来ませんが、それでもとんでもない数字です。

前年の渡辺謙主演「独眼竜政宗」が平均視聴率39.7%、最高視聴率が47.8%を記録した勢いそのままに始まったというのは確かに大きかったかもしれません。しかも、独眼竜政宗の最高視聴率47.8%は最終回「大往生」で記録したものですからね。スタートダッシュできる条件は揃っていたといえます。

とはいえ、それだけでは到底こんな化け物級の数字をマークできるわけもありません。面白かったからこそこれだけ多くの視聴者を引き寄せたのです。

このサイトでは常々、「面白いもの=視聴率が良いもの」ではないと言っていますが、断言します。この大河ドラマ「武田信玄」は面白くて視聴率も化け物だったドラマだったのです。

山本直純の風林火山を彷彿とさせる起承転結のドラマ性あふれるオープニング

まずはオープニング。

作曲は山本直純。一言で言って神OPです。映像は武田信玄の旗印にもなっている「風林火山」の順で流れます。鳥肌ものです。大河オープニングに関してはこちらの記事を参照ください。

珠玉の名作が揃うNHK大河ドラマオープニング曲 独断と偏見で選んだ大河OPベスト10 異論は認めますw

そして原作は新田次郎の傑作小説「武田信玄」で、脚本はこれまた大物・田向正健(たむかいせいけん)。

新田次郎氏は「国家の品格」で有名な数学者・藤原正彦氏の父であり、生前にはご自身の作品が大河ドラマで取り上げられることを熱望していらっしゃったことでも有名です。

田向氏はこの「武田信玄」の他、1992年の「信長」や1998年の「徳川慶喜」でも脚本を担当されましたね。

この素晴らしい原作と名脚本があってこそのこの名作誕生となった事は言うまでもないでしょう。その作風はまさに「硬派」。「甲斐の虎」と呼ばれた武田信玄とその家臣たちの魅力を存分に伝える事に成功しています。

杉良太郎、中村勘九郎に一歩も引けをとらなかった中井貴一の凄さ

この「武田信玄」において主演を務めたのが、当時弱冠27歳であった中井貴一さん。大河ドラマは初出演にして初主演という事になりました。

武田信玄といえば、その肖像画のイメージなどから、恰幅の良い重厚な人物という印象が強かったので、細面でしょうゆ顔(当時で言う日本人的な和風顔)、そして爽やかな好青年という印象の強かった中井貴一さんが信玄役と決まった時はイメージがかけ離れているという意見も多かったといいます。元NHKディレクターの和田勉氏も「笑っていいとも」などで触れていた記憶がありますね。

確かにわたしもそれまでの中井貴一さんのイメージといえば、あまりにも「ふぞろいの林檎たち」の仲手川良雄役のイメージが強かったので、「え?信玄?」と思ったのも事実でした。

しかししかし、これが見事に裏切られてしまいます。全くもって中井貴一という俳優の底力を甘く見過ぎていましたね(笑)。

若き日の父・武田信虎との確執時代の晴信、そして父を追放して今川義元、北条氏康、上杉謙信らと互角に渡り合う甲斐の虎としての晴信、「甲斐に光を・・」と言い残して世を去る晩年の信玄・・

後の名優・中井貴一の凄さがこの「武田信玄」には詰まっているといっても過言ではありません。

特に私が一番すごいと思ったのが、第19話「三国同盟」での今川義元(中村勘九郎)、北条氏康(杉良太郎)との善徳寺での会見。

対するは中村勘九郎(後の18代目中村勘三郎)と杉良太郎という大御所俳優。しかしこの二人に全くひけをとらない演技を若き中井貴一は見せてくれます。この三人の演技はまさに圧巻。

特に富士山を仰ぎ見ながらの三者のやり取りは今でも一言一句漏らさず再現できるほど脳裏に焼き付いていますね(笑)。このシーンは義元、氏康、信玄の三者の人物像をよく現しているとともに、三者の演技の火花散るようなぶつかり合いはまさに圧巻の一言です。

そして最後、今わの際に差し込む光を見ながら「甲斐に光を・・」と言い残してこの世を去る場面・・。

もうこれ以上の説明は不要でしょう。このドラマでの中井貴一の武田信玄は、紛れもなく「甲斐の虎」でしたね。

今は亡き平幹二郎の粗暴な武田信虎、正義感溢れる堤真一の武田義信

そんな信玄を取り巻く武田一族も個性派揃いです。

まず何といっても別格だったのが、父・武田信虎。演じるは先日亡くなられた平幹二郎さん。晴信が最初に乗り越えねばならない高く大きな壁として、暴君信虎を演じてくれましたね。紛れもなく序盤のMVPでした。さらに最後、病魔に襲われる信玄の元を訪れて「天下を取るのじゃ!!」と叱咤する年老いた信虎も胸が熱くなりましたね。個人的には信虎役は永遠にこの平幹二郎さんのものです(笑)。

そして仲違いして自刃してしまう長男・武田義信も良かったですね。演じたのは当時まだ24歳だった堤真一さんでした。父の深謀遠慮を理解できない、正義感が強すぎる故の親子の相克を見事に演じていました。そういえば、この義信の幼少期は中村七之助さんだったんですよね。いうまでもなく、今川義元を演じた中村勘三郎さんの次男です。

信玄の後を継ぐ武田勝頼には当時若手俳優として大人気だった真木蔵人さんがキャスティング。最終回の一人座にある場面は後の武田家を象徴するシーンでした。

信玄の弟であり、「武田の副将」として川中島の戦いで壮絶に散った典厩(てんきゅう)・武田信繁(若松武)と、信玄の影武者も務めた武田信廉(篠塚勝)も外せません。信玄を補佐する影の存在としてしっかり光っていましたね。

さすがは甲斐武田氏というほどのメンツが揃っていますね。どの役者さんも硬派で重厚な素晴らしい武田家でした。

スポンサーリンク



若尾文子のナレーションは流行語大賞にも 美人過ぎる武田家の女たち

そして信玄を取り囲む女性達も絢爛豪華です。

まずは母・大井夫人(若尾文子)。ナレーションを務めたのも、この大井夫人でしたね。ドラマの最後に言う、

「今宵はここまでに致しとうござりまする」

は、この年の「流行語大賞」に選ばれるほどの知名度でした。バラエティなどでもよくパロディで使われていたのを覚えています(笑)。

信玄の正室・三条の方には紺野美沙子、側室・湖衣姫には当時人気絶頂のアイドル・南野陽子、同じく側室の里美には大地真央、側室・恵理には池上季実子・・

いやいや羨ましすぎでしょ、贅沢すぎでしょ。若尾文子さんとかもそうですが、やっぱりこの時代の女優さんって本当にお綺麗です。目の保養という言葉がぴったりですね(汗)。

美しい姫君たちはこの硬派な男の世界を描いた大河ドラマの清涼剤といったところでしょうか。しかし女性としての苦悩や葛藤もしっかり描かれており、戦国時代に生きる女性の過酷な運命というものもヒシヒシと伝わってくる内容となっています。

ただ美人が綺麗な着物を身に纏っているというだけじゃないんですよねえ。中身もやっぱり凄い女優さんばかりだという事です。

「人は城、人は石垣、人は堀」を地で行く豪華すぎる家臣たち

信玄の有名な格言といえばこれでしょう。

「人は城。人は石垣、人は堀」

余りにも有名な格言ですね。人は城にも堀にも石垣にも勝る。優秀な人材は堅固な城にも勝るほど重要だという言葉です。この格言通り、信玄はその生涯において城に住みませんでした。他の戦国武将たちの住まう場所は居城でした(上杉謙信=春日山城、北条氏康=小田原城など)。しかし信玄の居所は「躑躅が崎館(つつじがさきやかた)」です。

この事実は、信玄がいかに家臣を大事にし、さらには城を持たずとも攻め込まれない程の優秀な家臣を抱えていたかという事を示す事例として使われます。

「武田四天王(武田四名臣)」「武田二十四将」など、武田家家臣団の強さを示す言葉は数多いですが、その名の通り、この「武田信玄」でも家臣団は凄い面々が揃っていました。以下はその一覧です。

板垣信方:菅原文太
甘利虎泰:本郷功次郎
飯富虎昌:児玉清
馬場信春:美木良介
山県昌景:篠田三郎
高坂弾正:村上弘明
原 虎胤:宍戸錠
原 昌俊:小林克也
原 昌胤:岡村清太郎
真田幸隆:橋爪功
山本勘助:西田敏行

うーん、凄いですね。どの武将も天下に名だたる名将揃いです。甲斐武田家が戦国最強軍団と呼ばれたのも頷けますよね。

板垣信方、甘利虎泰という武田家の最高職でもある両職(りょうしき)を務めた老臣に加えて、飯富兵部、原美濃守といった猛将、さらには山県、馬場、高坂という武田四名臣(四天王)に加えて、真田幸隆、山本勘助という外様衆。

信長の野望シリーズでもこの信玄時代の武田家の家臣団の層の厚さはチート級ですわ(笑)。

しかしそれも無理からぬ程に質・量ともに他家を圧倒する優秀さを誇っていたのが信玄の家臣団なのです。それは言うまでもなく、家臣の能力を見抜いて取り立て、優秀な人材の宝庫をまとめ上げる武田信玄という男の凄さも物語っています。

戦国最強の知将・真田幸隆と西田敏行のシリアス勘助はカッコよすぎ

板垣信方、甘利虎泰の両職は村上義清との「上田原の戦い」で壮絶な戦死を遂げますが、とにかくカッコよかったですよね。ここに菅原文太さんを持ってくるってとこが凄いですよね。とにかく贅沢です。

飯富虎昌は義信と信玄との板挟みになる難しい役どころでしたが、児玉清さんはさすがという演技でした。

さらに馬場信春、山県昌景、高坂弾正に関しては、四名臣らしい信玄への熱き忠義の心をしっかり感じ取ることが出来ましたね。特に信玄亡き後に広間で家臣だけで語らう場面は彼らの信玄への想いを痛切に感じさせる名場面でした。しかし一つだけ不満なのは、武田四天王の一人である内藤昌豊が出ていない事。「風林火山」にもいなかったし、内藤昌豊の大河での不遇ぶりは可哀そうすぎます(泣)

そして橋爪功さんの真田幸隆。戦国の梟雄とまで言われた真田弾正の食わせ物っぷりを思う存分に発揮していましたね。さすがは真田安房守昌幸の父、真田幸村の祖父!!といった知将でした。

そしてわたしがこの家臣団で一番好きなのが山本勘助。西田敏行さんのシリアスな演技は素晴らしかったですね。大河ドラマではコミカルなキャラも多い西田さんですが、この山本勘助はとにかくカッコイイです。とにかく硬派でシリアスな西田敏行を存分に堪能できます。

川中島で平三(渡辺正行)に伝令を託して上杉勢に討ち取られる場面や、「桶狭間の戦い」の折に今川義元と武田信玄との間で葛藤するその姿は、それまで「西遊記」の猪八戒や池中玄太のイメージが強かったわたしにはそれは鮮烈なものでした。西田敏行さんの凄さを初めて知ったドラマがこの武田信玄でしたね(その後は何度もその凄さを見せつけられるんですが笑)。

とにかく武田家の武将達はこのドラマの大きなキモといえるでしょう。それくらいにどの役者さんも大ハマりでしたね。


信玄最大のライバル、越後の龍・上杉謙信には若者のカリスマ・柴田恭兵

そして最後になりましたが、信玄のライバルたちに触れないわけにはいきませんよね。これがまた強烈なんです。

まずは川中島の戦いで激戦を繰り広げた生涯のライバル、「越後の龍」上杉謙信。演じたのは当時「あぶない刑事」で人気絶頂だった柴田恭兵さん。

いやあ、カッコよかったっすねえ。まさに謙信のカリスマ性がほとばしってました。最終回で毘沙門天と言葉を交わし、その後勢いに乗る織田信長を手取川の戦いで打ち破るラストにはしびれました。その様はまさに山の神!この柴田謙信も間違いなく「越後の龍」でしたね。

そして織田信長役にはロックバンド・ARBでカリスマ的な存在だったミュージシャン、石橋凌さんを大抜擢。これにはビックリしましたね。最初キャスティング聞いた時は、石橋凌っていう同姓同名の俳優さんかなと思いましたね。それくらい衝撃的でした。まだ天下人になる前の荒々しい信長の一面がより際立ったワイルドな信長でしたね。

さらに出番は少なかったのですが、後の天下人、徳川家康役には中村橋之助さん(現・八代目中村芝翫“しかん”)。これも流石とうならせる演技でしたね。「真田太平記」の向井佐助役も良かったですが、この家康も記憶に残っていますね。これらの演技が後の「毛利元就」での大河ドラマ主演に繋がっていったんだと思います。

その他にも諏訪頼重役には坂東三津五郎さん、信玄を二度までも打ち負かした村上義清には上條恒彦さんなど、どの俳優さんもその大名の色をしっかりとこのドラマでつけてくれましたね。

三国同盟を結んだ今川義元、北条氏康の最期も圧巻にして必見

信玄の最大のライバルは当然上杉謙信なのですが、このドラマにおいては謙信と同じくらいの存在感を示したのが、関東の覇者・北条氏康と海道一の弓取り・今川義元でしょう。

前述したように演じたのは杉良太郎さんと中村勘九郎さんです。

わたしの中では恐らく永遠にベスト北条氏康とベスト今川義元はこの二人になる事でしょう。それくらい素晴らしい氏康と義元でした。

冒頭で述べたように、富士山を見ながらの善徳寺の会見はもちろんの事、対照的な二人の最期もまた圧巻でした。

まずは氏康。第44回「氏康の挽歌」において最後を悟った北条氏康は海へ行き、己の人生を振り返ります。そして残された力を振り絞って太刀を海に放って息絶えるのです。その悔恨と満足が入り混じった何とも言えない最期。これこそが北条氏康という英雄の全てを物語っていましたね。

北条氏康といえば、人物的には武田信玄、上杉謙信と並び称されて然るべき名将です。しかし彼は信玄、謙信に比べれば一般的な知名度は驚くほど低いです。それは氏康が北条家のために己の野望を捨てて生きたからに他ならなかったという側面もあるのですが、そんな氏康という人物の最期に相応しい人生の幕引きでしたね。まさに本も演技も天晴という他はありません。

そして今川義元。桶狭間で信長に急襲され、「都へ・・みや・・こ・・へ・・」と無念のうちに絶命する場面は鳥肌ものでしたね。腹に一物秘めた策士でありながらも、貴族然とした育ち故か氏康や信玄に比べれば甘さもあった今川義元という人間は、勘九郎さんの熱演によってより生々しく我々に大きな爪痕を残してくれました。

とにかくこの「武田信玄」の第19回「三国同盟」、第24話「義元討死」、第44回「氏康の挽歌」は超必見です。あなたも氏康と義元にのめり込むことになる事請け合いです。

新田次郎原作「武田勝頼」を是非とも大河ドラマで!!

その他にも白塗り姿が強烈なインパクトを与えた怖すぎる三条の方の侍女・八重(小川真由美)や、コント赤信号のリーダーの最大の当たり役・石投げの平三ら、架空の人物たちも忘れられないキャラクター達でしたね。

それにしても思うのは、武田家を描いた大河ドラマに外れは無いなあという事。

この「武田信玄」は当然として、2007年の「風林火山」然り、2016年の「真田丸」然り。どれも素晴らしいドラマばかりであり、どれも特別な大河ばかりです。

今年「真田丸」で武田家臣の真田家を描いたばかりなので、しばらくは武田家を扱う作品はないでしょう。

出来れば今度は信玄の息子、武田勝頼を描いた大河ドラマ作品を所望したいですね。勝頼は凡将であるというイメージが一般的ですが、今年の真田丸の勝頼は非常に魅力的な人物として描かれていました。

最近では勝頼を再評価する声もだんだんと高まってきています。

この「武田信玄」の原作者である新田次郎氏は、晩年に続編ともいえる「武田勝頼」も執筆していらっしゃいます。原作は是非この新田次郎氏の「武田勝頼」でお願いしたいですね。

最後はかなり悲劇的な内容になってしまう武田勝頼の物語ですが、美しき敗者として散っていった勝頼を是非描いてほしいものです。いやあ、楽しみじゃないですか??え?俺だけっすか(笑)。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ