石坂浩二が大河ドラマで演じた日本史の偉人達!過去の主演作品や出演ドラマのキャストで作る歴史年表

1963年(昭和38年)に記念すべき第1作目の「花の生涯」の放送開始によってその産声をあげたNHK大河ドラマ。

現在に至る50年以上の大河ドラマの歴史において様々な名作を生み出し、大河ドラマでブレイクを果たした俳優たちを世に送り出してきました。

そんな大河ドラマの歴史を語るうえにおいて外せない俳優の一人が大俳優の石坂浩二さんではないでしょうか。

スポンサーリンク



国民的人気を誇る大河ドラマで3度の主演実績を誇る名優・石坂浩二

大河ドラマにおける記録というのは様々なものがありますが、その中でも最も俳優さんにとっての栄誉ともいうべきものの一つが最多主演回数というものなのではないでしょうか。

この最多主演回数1位の名誉ある記録を持つのが西田敏行さん。主演回数は4度を数えます。まさに永久不滅の大記録です。西田さんの大河ドラマ史についてはこちらの記事もご覧ください。

西田敏行の歴代大河ドラマ出演作品と演じた歴史上の人物達

そしてそんな歴代主演回数1位の西田さんに続く2位、3度の大河ドラマ主演を誇る俳優さんこそがここでご紹介する石坂浩二さんとなります。

そんな石坂さんの3度の主演作を含む大河ドラマの全出演作品と演じた歴史上の人物名をご紹介していきましょう。

1963年「花の生涯」&1964年「赤穂浪士」 役名無し

石坂浩二さんが「ミスター大河ドラマ」の異名をとるのには色々な理由があるのですが、大河ドラマにとって記念すべきメモリアル、第1作目の「花の生涯」から実は出演しているのです。

当時の石坂浩二さんは22歳で慶應義塾大学法学部の大学生でした。まだ役名もない、ある意味エキストラと変わらないくらいの端役も端役だったという事です。

そしてそんな第1作の翌年、大河ドラマ2作目の「赤穂浪士」にも同じく役名が無い役でご出演なさっています。

役名もないエキストラ同然の役から主演まで駆け上がり、「ミスター大河ドラマ」とまで呼ばれるようになった石坂浩二さん。まさに「ジャパニーズドリーム」と呼ぶにふさわしいサクセスストーリーだと思いませんか。

1965年「太閤記」 石田三成役

大河ドラマ1作目と2作目は役名のないほどの端役での出演だった石坂浩二さんですが、何と3作目の「太閤記」にも出演されました。1作目から3作連続での出演です。

そしてこの「太閤記」においては、ようやく役名のある登場人物役を与えられたのです。その役がなんと石田三成役。豊臣秀吉の右腕として、そして関ヶ原の戦いでは実質的な西軍対象として徳川家康と戦った、歴史ファンなら誰もが知っている超有名武将ですね。

この太閤記が実質上の石坂浩二さんの大河ドラマでの歴史の始まりという感じでしょうか。もちろん前二作の経験も貴重だったのでしょうが。

ちなみにこのドラマでは主役を務めた緒形拳さんもほぼ無名の状態からの大抜擢を受け、この後大俳優への道を駆けあがっていきます。この辺りの大抜擢をしたNHKはさすがというしかないですよね。

1969年「天と地と」 上杉謙信役

大河出演三作目にして初めて役名の付いた登場人物を演じた「太閤記」から4年後、石坂浩二さんにとっては初の大河ドラマ主演作品が登場します。

昭和の文豪・海音寺潮五郎の傑作小説を原作とした「天と地と」において、石坂浩二さんは主人公の上杉謙信を演じられました。大河ドラマ出演4作目、大河初出演から数えて7年目、28歳にしての大河ドラマ初出演でした。ちなみにこのドラマの主演が縁で石坂さんと海音寺さんは親交が深まり、石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの結婚式では海音寺潮五郎さん夫妻が媒酌人を務める事になったほどです。

「越後の龍」「軍神」「毘沙門天の化身」など数多くの異名を持つ戦国屈指の名将・上杉謙信。石坂浩二さんの謙信はそのカリスマ性を如何なく発揮していました。恐らくかなわぬ願いなのでしょうが・・全話完全版を見てみたかった(涙)

1975年「元禄太平記」 柳沢吉保役

初主演となった「天と地と」から6年後、再び石坂さん主演の大河ドラマが制作されました。赤穂浪士たちによる忠臣蔵事件を描いた作品です。しかしこの作品の特異な点は、赤穂四十七士を主人公にするのではなく、当時の徳川将軍・徳川綱吉の側近中の側近で幕府の側用人・柳沢吉保を主人公にして幕府の側用人としての吉保の視点で描いた事でしょう。柳沢吉保という人物の栄光と落日を描いた意欲作ですね。

そんな異色作における石坂浩二さんですが、今では石坂さんといえば「日本一の柳沢吉保俳優」という異名もあります。というのも石坂浩二さん、この「元禄太平記」だけでなく、1992年放送の藤沢周平原作、村上弘明主演のNHK時代劇「腕におぼえあり」と1994年公開の高倉健主演「四十七人の刺客」でも柳沢吉保を演じていらっしゃるからです。「腕におぼえあり」の方ではなんと、大石内蔵助役がこの「元禄太平記」と同じく江守徹さんという、大河ファンにはたまらないキャスティングとしても話題となりました。

これまでに大河ドラマで忠臣蔵事件を題材とした作品は4作品。うち大石内蔵助以外が主人公なのはこの作品のみ。攻めてましたよね、この頃のNHKって。完全な冒険作でしょう。しかしそれを成功作として結果を出しているのだからNHKも石坂さんも凄いですね。

スポンサーリンク



1979年「草燃える」 源頼朝役

主演作である前作「元禄太平記」から4年後、みたび石坂浩二さんに主役の座がめぐってきます。11年間で3度の大河主演。こんな短いスパンで3度にわたって主演を務めた俳優さんは当然いません。本作では源頼朝役で、妻である北条政子役を務めた岩下志麻さんとのダブル主演という形となりました。

石坂浩二さんがこれまでに演じた主人公、「天と地と」の上杉謙信、「元禄太平記」の柳沢吉保、そしてこの「草燃える」の源頼朝。これらの主人公の大河ドラマにおける共通点として言えるのが、これらの主人公は大河ドラマで石坂浩二さんしか演じていないという事です。

歴史上の偉人が複数回大河ドラマの主人公となるのは決して珍しい事ではありません。織田信長や豊臣秀吉、徳川家康の戦国三英傑や源平争乱期の源義経と平清盛、赤穂浪士の大石内蔵助、さらには幕末の英雄である坂本龍馬や西郷隆盛・・こういった人物は2度以上大河ドラマの主人公として題材に選ばれているのです。

つまり石坂さんはあまり大河ドラマでは主人公に選ばれにくい人物を演じているという事です。確かに、柳沢吉保や源野頼朝といえば、赤穂四十七士や源義経らのヒーローにとっては敵役となる事の多い人物です。

アンチヒーローを主人公として演じるというのは非常に難しいのですが、それをやってのけて1年間持たせてしまうというのもやはり俳優としての力量の凄さといえるのではないでしょうか。

1983年「徳川家康」 納屋蕉庵(竹之内波太郎)

久々に石坂さんが大河ドラマで主演以外を演じたのがこの滝田栄さん主演の「徳川家康」。石坂浩二さんが演じたのは三河郷士の竹之内波太郎、後に納屋蕉庵と名を改め、商都・堺で豪商としての地位を築いた、物語における重要人物です。

実はこの納屋蕉庵という人物、ドラマにおける架空の登場人物であって実在した人物ではありません。石坂さんの大河ドラマにおけるキャリアにおいて、架空の人物を演じたのはこの「徳川家康」のみとなっています。その意味では非常にレアな大河ドラマだといってもいいのかもしれませんね。

1984年「宮本武蔵」 本阿弥光悦

本来この1984年の「宮本武蔵」は大河ドラマ枠ではなく新大型時代劇枠のため、ここに含めるかどうか迷いましたが、新大型時代劇枠のドラマ自体が準大河ドラマ扱いとなっているため、ここに含めることとします。

ハッキリ言って新大型時代劇で放送された3作品はどれも素晴らしい作品ばかりなのですが、この「宮本武蔵」もまた然り。

江戸初期を代表する文化人である本阿弥光悦を演じた石坂浩二さんは殺伐とした剣に生きた男たちの世界観の中で異質ともいえる輝きを放ち、素晴らしいアクセントになっていました。

見たことのない大河ドラマファンにはお勧めします。このドラマ本当に面白いですよ。

1995年「八代将軍吉宗」 間部詮房役

「徳川家康」の納屋蕉庵役から間が空くことなんと12年。干支が一周して再び石坂浩二が大河に帰ってきて平成以降初の大河ドラマお目見えとなったのが「八代将軍吉宗」。吉宗の政敵ともいえる間部詮房(まなべあきふさ)を演じました。

新井白石とともに「正徳の治」と呼ばれる一時代を築いた江戸中期の大物政治家ですが、知名度はイマイチだった間部詮房もこのドラマで石坂浩二さんが演じたことによって多くの視聴者にその存在を知らしめることとなったといってもいいでしょう。

ちなみにこの八代将軍吉宗の主人公、徳川吉宗を演じたのが石坂さんと同じく「ミスター大河ドラマ」ともいうべき西田敏行さん。まさに大河ファンにとっては夢の競演といってもいいドラマなのです。

1999年「元禄繚乱」 吉良義央(上野介)役

「赤穂浪士」「元禄太平記」「峠の群像」に続く、忠臣蔵事件を描いた4作目の大河ドラマで石坂浩二さんが演じたのが吉良義央役。赤穂浪士不倶戴天の敵である吉良上野介役。バリバリの敵役、まさにこのドラマにおけるラスボス役です。

このキャスト発表があった時には個人的に凄く驚きましたね。あの兵ちゃん(石坂浩二さんの愛称)が吉良上野介役かあ・・ってのが正直な感想でしたね。恐らくそう思った視聴者もたくさんいたのではないでしょうか。だって石坂さんといえばそのルックスも万年青年といっていい若々しさを保っていた俳優さんでしたからね。

しかしさすがは石坂浩二でした。やはり最高の俳優が演じたのは最高のラスボス・吉良上野介でしたね。

スポンサーリンク



2004年「新選組!」 佐久間象山役

最高のラスボスを演じた後に石坂さんが演じたのは、幕末最高の頭脳を持つといわれた軍学者・佐久間象山。あの勝海舟の師でもあり、坂本龍馬にもその思想に大きな影響を与えた偉人です。

素晴らしかったですね。まさに異端の天才を見事に演じていました。まだ親善組結成前の主人公・近藤勇に説いたあの言葉、あれは本当の意味での名言でしょう。あまりに素晴らしいのでここに全文ご紹介しておきます。

人は生まれてから最初の10年は、己の事だけを考える。

そして次の10年は家族の事を考える。

20歳になってからの10年は、生まれた国の事を考える。

そして30になったら日本の事を考える。

40になったら世界の事を考える。

今は多摩のことだけを考えていればよろしい。ただし10年後に日本の事を考えなければならなくなった時に正しい判断が出来るように、今から勉強せよ

このドラマにおける佐久間象山は登場回数的には数回程度のものでしたが、非常に印象深い役でしたね。こういったエキセントリックな天才もやはり石坂さんにはハマり役でしたね。三谷幸喜作品との親和性もやっぱり素晴らしかったです。

2011年「江~姫たちの戦国~」 千利休(宗易)役

現時点(2017年)において石坂浩二さんの最後の大河出演作となっているのがこの「江~姫たちの戦国~」です。

このドラマにおいて石坂浩二さんが演じたのが、織田信長、豊臣秀吉に仕えた天下一の茶人・千利休。今までも数多くの名優が演じてきた役ですね。

この役に当たっての石坂さんはカツラの着用ではなく実際に剃髪して千利休役に臨んだという気合の入れよう。当然素晴らしい千利休となりました。

ぶっちゃけ、作品としてはどうかと思うこのドラマですが、石坂浩二さんは地に足がついていて出てくるだけでホッと出来たのをハッキリと覚えていますね(苦笑)。

大河ドラマで石坂浩二が演じた石坂浩二日本史年表

と、ここまでご紹介した役を念頭に置いて次なる年表をご覧になってください。石坂さんの大河ドラマでの役名を石坂浩二と変換してあります。どの石坂さんがどの人物のことなのかわかるでしょうか。

西暦年 歴史上の出来事
1160年(永暦元年) 石坂浩二、伊豆に流刑となる
1180年(治承四年) 石坂浩二、平家追討の兵を挙げる
1192年(建久三年) 石坂浩二、征夷大将軍に任ぜられる
1561年(永禄四年) 石坂浩二、第四次川中島の戦いで武田信玄と死闘を繰り広げる
1591年(天正十九年) 石坂浩二、茶頭を務めた豊臣秀吉の逆鱗に触れ、京都で切腹して生涯を終える。秀吉と石坂浩二の確執の原因が秀吉子飼いの石坂浩二の讒言によるものとの説も有る
1600年(慶長五年) 石坂浩二、関ヶ原の戦いで徳川家康率いる東軍に敗れ、後に捕らえられて京都六条河原で斬首
1615年(元和元年) 石坂浩二、徳川家康から鷹峯の地を拝領して移住する
1701年(元禄十四年) 石坂浩二、江戸城松の廊下にて浅野内匠頭から斬りつけられ、背中と額に傷を負う
1702年(元禄十五年) 石坂浩二、吉良邸にて赤穂浪士の討ち入りによって首を討たれる
1709年(宝永六年) 石坂浩二、徳川綱吉の死去によって新井白石らに権勢を奪われ、隠居を余儀なくされる
1716年(享保元年) 石坂浩二、新井白石とともに幕府内での権勢を誇ったが八代将軍吉宗の就任によって失脚
1864年(元治元年) 石坂浩二、幕末四大人斬りの河上彦斎によって京都で暗殺される

うーん、こうして見てみると石坂さんが演じた偉人は、晩年は不遇を囲った人、或いは悲劇的な最期を遂げた人物がかなり多かったのだと改めて思いますね。年表に直してみると結構悲惨だったりします(爆汗)。

こんな石坂浩二さんの次の大河ドラマ出演はどの作品になるのでしょうか。2018年の「西郷どん」か、2019年の宮藤官九郎脚本の「いだてん~東京オリムピック噺~」か、それともその後の作品なのか?

ともかく大河ドラマと石坂浩二さんは切っても切り離せないものだと思います。1日も早い大河ドラマへの帰還を願いたいですね。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ