大河ドラマ迷走作品?「炎立つ」と「花の乱」は名作中の名作です 視聴率悪かったからって見ないと損しますよ

今年も残すところあと3週間足らずとなりました。

この時期の個人的な楽しみと言えば、何といってもNHK大河ドラマです。現在の大河はいよいよ物語の最終盤に入って最終回へとまっしぐら。そして、年が明ければ新しい大河が始まる。これはもう自分の中では体に染みついてしまったサイクルですね。

今年の「花燃ゆ」は視聴率が大苦戦しましたが、個人的に前半はいい出来だったと思います。幕末、吉田松陰好きな自分的には前半は概ね満足してます。後半は全くテイストの違ったドラマになってしまったのが残念ですが、主人公の特性上仕方ないのかなと思います。

そして来年は待望の三谷幸喜大河、「真田丸」がスタートします。今から楽しみ過ぎてどうしようかと思うくらいです(笑)

さて、近年視聴率低迷が話題になる事の多いこのNHK大河ドラマですが、大河に関するこんなニュースを見つけました。

半年しか放送せず NHK大河ドラマの迷走時代を振り返ろう

1993年から1994年にかけて放送した大河ドラマ3作品の話題です。1993年1月から6か月放送の「琉球の風」、1993年7月から9か月放送の「炎立つ」、1994年4月から9か月放送の「花の乱」の3作品ですね。

ニュースタイトルには迷走とありますが、これはドラマの内容云々というよりも、ずっと貫いてきた1年クールを崩した作品という事と、いずれも視聴率が低迷したという意味における「迷走」という意味ですね。

ドラマとしては「炎立つ」と「花の乱」、この2作品は非常に面白かったです(「琉球の風」は見てません、ゴメンなさい涙)。個人的に見てきた歴代大河ドラマの中でもお気に入りの2つです。確かに9か月という中途半端な放映期間は迷走と言えるかもしれませんが、内容的には非常に素晴らしい出来でした。「視聴率=ドラマの良し悪し」ではないという事は声を大にして言っておきたいと思います。

スポンサーリンク

東北の熱き男たちの夢とロマンに溢れた「炎立つ」

第1部「北の埋(うず)み火」

「炎立つ」は奥州藤原家の歴代当主たちの人生と、藤原家の成り立ちから滅亡までを描いた平安~鎌倉時代の大河ドラマです。

開祖・経清に始まり、初代・清衡、3代・秀衡、4代泰衡までを3部に分けて放送したのですが、初代経清から4代泰衡までの時代は約150年という長期間。正に大河という名に相応しいスケールのドラマでした。

主演は、今や「世界のワタナベ」とまで呼ばれるようになった渡辺謙が、大河史上最高視聴率を誇る「独眼竜政宗」以来6年ぶりに務める事でも当時話題になりました。

この渡辺が第1部の主人公・経清と第3部の主人公・泰衡を演じ、第2部の主人公・清衡を村上弘明が演じます。

この「炎立つ」は1部・2部が時代的にあまり馴染みのない時代だったのが視聴率の伸び悩んだ大きな原因だと個人的には思っているんですが、わたし的にはだからこそ面白かったです。第1部の経清が友のために立ち上がり巨大な中央権力と勇猛果敢に戦う様は、さながら鬼神の如き凄まじさがありました。そして敗れて捕らえられた後、非常に惨い最後を迎えるのですが、この渡辺謙の演技もまさに鬼気迫る凄まじいものでした。その最後の残酷な現実は恐らく今の大河では表現できないでしょう。が、それが正に史実通りの現実であり、この描写があったればこそ、後の初代・清衡の藤原家再興への願いや4代続く栄華をより際立たせることになるのです。

第2部「冥(くら)き稲妻」

そして第2部は経清の子・清衡の人生が描かれます。朝廷に対する反乱者の子として忍従の境遇にありながら奥州藤原家の初代になるまでの苦難のドラマです。勇猛果敢で爽やかな好男子・経清とは違った、まさに堅忍不抜の人・清衡を村上弘明が見事に演じ切っています。このドラマもなかなか過激で凍り付くようなセリフがあります。一部大河ドラマファンの間では有名なのですが、

「ぶっ殺す!!」

というセリフです。セリフの主は、清衡の異父弟・家衡を演じる豊川悦司。当時の豊川はまだまだ今ほどのメジャーな俳優ではなかったのですが、この家衡役はインパクト十分でした。特に、異父兄の清衡への怨念を思わず口に出した「ぶっ殺す!!」は表での清衡に対する爽やかな好青年振りのあとの裏の顔への豹変振りと合わせて狂気すら感じさせるものだったのです。当時の豊川は武田真治と共演してカルト的人気を誇っていた「NIGHT HEAD」で注目を集めるようになっていましたが、個人的にはこの家衡役で一気に実力派俳優としてのし上がっていったのだと思っています。

父・経清の最後に立ち会った源氏の棟梁・義家の最後の清衡に対するセリフもなかなか見どころです。それまで清衡のよき理解者としてどちらかと言えば味方のような存在だった義家のまさかの言葉。いいですねぇ、このドロドロ具合wwwちなみに義家を演じたのは若き日の佐藤浩市。すでに大物俳優の貫録さえ身に付けており、圧巻の八幡太郎義家を演じてくれています。

第3部「黄金楽土」

そして、源頼朝、義経、武蔵坊弁慶など、いよいよ有名どころが出てくる3部なのですが・・・わたしは1部・2部の素晴らしさをこの3部にはあまり感じることが出来ませんでした。同じように感じる大河ドラマファンは結構いるみたいで、1部・2部に比べて評価が低い論調が多いです。

一番の原因と言われているのが、原作の遅れなどによって原作無しの作品になってしまった事です。高橋克彦氏の原作に先立つ形で脚本が進められたこともあり、原作と脚本の描写の相違などによって製作者との間に軋轢があったと言われています。さらに俳優とのトラブルも伝えられるなど、裏舞台は何やらきな臭い話が満載です(苦笑)まあ理由がなんにせよ、わたしの中では3部が失速してしまったのは何より残念で、もし1部・2部と同じような勢いが3部にあったなら私の中でのベスト大河ドラマになっていたかもしれません。1部と2部が素晴らしかっただけに残念でなりません。

このように、3部作にして主演を分けたり、年またぎの7月から3月までの9か月放送など、異色作なのは間違いない「炎立つ」。

が、東北地方に燦然と輝いた熱き男たちの戦い、そして中央の権力を巡る謀略や裏切りなど、大河ドラマの醍醐味がギッシリ詰まった名作です。何度も言います。3部が惜しまれますが・・・(涙)

完全に主役を食ってしまった脇役たち「花の乱」

この大河は2012年の「平清盛」が更新するまで歴代大河ドラマの最低視聴率という不名誉な記録を持っていた作品です。

この「花の乱」も4月から12月までの9か月放送となった作品です。それに加えて、日本史上最大級の内乱・「応仁の乱」前後を描くという、大河ファンに馴染みの薄いマイナーな時代設定に加えて、敵味方がコロコロと入れ替わるという非常に難解な歴史というのがこの作品の視聴率低迷の最大の要因だと思っています。

主人公は応仁の乱の原因を作ったと言われる、日本史に残る稀代の悪女・日野富子。演じるのは大女優・三田佳子です。

大河の主人公である以上、いくら悪女とはいえまるっきりの悪人に描くわけにはいかないという事情は理解できます。ある程度、解釈によって主人公に対して好意的に歴史を解釈するのは致し方ないと思います。しかし、この三田佳子さんが演じた日野富子には凄みが全く感じられなかったのは残念でした。やはり日本史に残るほどの悪女とまで言われた以上、良くも悪くも傑物であったことは確かでしょう。しかし、そのオーラをこの日野富子からは感じることが出来ないのです。そんなところも視聴率低迷の要因なのかもしれませんね。

ただし、この「花の乱」のみどころは別にあります。

主人公以外の出演者たちがその圧倒的存在感で完全に主役を食ってしまっているのです。

応仁の乱 西軍の総大将・山名宗全

応仁の乱の中心人物であり、実質的な西軍の大将・山名宗全を演じたのが、往年の大スター・「ヨロキン」こと萬屋錦之介です。

幕府の重鎮にして西軍をまとめるほどの器量を持つ大大名・山名宗全を完璧に演じています。流石という他に言葉がありません。その相手を威圧するほどの眼力、他を大きく凌駕するその圧倒的なオーラ、まさに西軍の総大将に相応しい存在感を示しています。

萬屋さんはこの3年後に64歳でお亡くなりになるのですが、早すぎですね。生きていらしたらまだ83歳。残念でなりません。ちなみに萬屋さんはこの3年後の大河ドラマ「毛利元就」にも出演が決まっていました。役どころは、元就に立ちはだかる山陰の雄・下剋上の象徴とも言われる尼子経久。しかし、病気のために降板してしまいます。後を引き継いだ緒形拳さんの経久も素晴らしかったのですが、萬屋さんの経久も見てみたかったですね。この宗全役があまりに素晴らしかったので残念でなりません。

応仁の乱 東軍の総大将・細川勝元

萬屋錦之介演じる山名宗全に対抗するのが東軍の実質的総大将である管領・細川勝元。

あの「ヨロキン」に対抗できる俳優なんているわきゃーない、そんな風に思った時期も正直ありました(汗)

この難役に挑戦したのが弱冠28歳の野村萬斎

テレビドラマに登場するのは初めてで、当然わたしも知りませんでした。「細川勝元演じてるの誰?」てなもんです。ところがところが、これがまた宗全に、いや「よろきん」に全く引けを取らないがっぷり四つの迫真の演技を見せるのです。野村萬斎の実力はこのドラマで世間に知らしめられる事となりました。あの萬屋錦之介演じる山名宗全と互角に渡り合える俳優が何人いるでしょう。しかもまだ28歳の若者です。この若き日の野村萬斎演じる細川勝元を見るだけでもこのドラマの価値はあると言っても過言ではありません。それくらいの鬼気迫る演技を見せてくれているのです。

NHKの朝ドラ「あまちゃん」が終わった後、「あまロス」という状態に陥った人々の事が話題になりましたが、この「花の乱」で勝元が死んでしまった後はしばし「勝ロス」状態に陥ってしまったわたしには心中が良く理解できますよ(笑)

スポンサーリンク

稀代の悪女とは思えぬ華凛すぎる若き日の日野富子

成人してからの日野富子は大女優・三田佳子さんが演じたのですが、若き日の富子を演じたのが今や大女優となった松たか子です。

当時の松たか子は17歳。映像作品初登場という事で、野村萬斎同様全く知りませんでした。あの松本幸四郎の娘だと知るのはもう少し先の事です。

この松たか子の初登場も衝撃的でした。

まさに、「華凛」(かりん)という一言に尽きるほどのその清々しさ。そして全く嫌味にならない高貴なるオーラ。一瞬で恋に落ちてしまいました。一目惚れとかほとんどしないタイプなんですが・・・なんなんでしょう。なんか分からないけど、とにかく輝いているのです。自分がどんな女優さんにも見たことのないようなオーラをまとっているのです。

まさに女神の降臨でした。

三田さんには失礼ですが、ずっと松たか子でやってくんないかなって本気で願ってしまいました(ホント三田さんすんません涙)

見てない人はとにかく見て下さい。女神が降臨した歴史的瞬間を。


美しすぎるオープニング

その他にも若き日の市川海老蔵(当時は新之助)と市川團十郎の親子共演なども話題になった本作ですが、素晴らしいのはその映像と音楽です。

特にオープニングは圧巻の出来であり、大河ドラマ史上最も美しく幻想的であるといってもいいでしょう。

面を被った舞姿の女性の踊りをバックに桜や森、山や荒廃した都などが映し出されるまさに静の美を具現したような映像。

そして、そのバックに流れるのは三枝成彰氏が手掛けたオープニング曲。これがまた素晴らしい。ピアノの独奏から始まって次々と他の楽器が重なりながらクライマックスにむかっていくという、まさに静の映像に相応しい静から動へのダイナミズム。

三枝さんはこれより前に手掛けた「太平記」のオープニングも素晴らしい曲で、その才能をまざまざと見せつけてくれましたね。また大河を手掛けてくれませんかね。もうずーっと待ってるんですけどね(涙)

 

とにかく、この上記2作品は視聴率が低かったからなどという理由で敬遠されるのはあまりにも惜しい作品です。

繰り返してしまいますが、視聴率が良い作品が素晴らしい作品ではないのです。視聴率が悪い作品が駄作ではないのです。

視聴率だとか人気だとかで作品を決めつけるのは絶対に損をします。これは自分自身に対する戒めでもあるのですけどね(苦笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ