必殺仕置屋稼業最終回 シリーズ屈指の神回!中村主水の運命を決めたおこうの名セリフや壮絶な殉職シーン等

過去様々な名物キャラクターを生み出してきた人気時代劇「必殺シリーズ」。

ここでは放送開始から45年にもわたる歴史を誇る数多ある必殺シリーズの名作の中から特に印象深い回をご紹介します。ここでご紹介するのは必殺仕置屋稼業の最終回となった「一筆啓上崩壊が見えた」です。

スポンサーリンク


必殺仕置屋稼業とは?その殺し屋メンバーたちは?

まずはここでご紹介する必殺シリーズの「必殺仕置屋稼業」について簡単にご紹介しておきましょう。必殺仕置屋稼業は1975(昭和50年)年に放送された必殺シリーズの第6作目であり、中村主水シリーズとしては、「必殺仕置人」「暗闇仕留人」に続く3作目にあたります。

この仕置屋稼業における仕置屋達は以下のメンバーです。

中村主水  藤田まこと
市松    沖雅也
印玄    新克利
捨三    渡辺篤史
おこう   中村玉緒

うーん、素晴らしい面々です。誰が一人かけてもこの必殺屈指の名シリーズは成立しませんね。それ程の黄金メンバーです。

殺しの実行部隊となるのが中村主水と市松、印玄の三人。捨三が密偵役で、表稼業では髪結いを営んでいるおこうが裏の仕事を請け負う窓口役という役割分担となっています。

そしてこの三人の仕置屋稼業達を襲う大きな運命の影を描いたのが、必殺シリーズ屈指の名作回と呼ばれる最終回の「一筆啓上崩壊が見えた」なのです。

最終回で崩壊する仕置屋メンバーたちと壮絶に散る仲間たち・・

必殺シリーズの最終回の定番といえば、殺しを生業としていた主人公たちの裏稼業が危機に陥るという事でしょう。奉行所にバレる、あるいは同業者の殺し屋グループによって危機に陥るといった展開が多いですよね。そしてそんなハードボイルドな展開に伴って、仲間たちが殉職していく・・というのが王道といえるでしょう。

そういう意味ではこの必殺仕置屋稼業の最終回、「一筆啓上崩壊が見えた」もそんな必殺シリーズ最終回の王道中の王道です。しかも最高級の。個人的に必殺シリーズ最終回の中でも一二を争う神回だと思っています。

その一番の理由が、必殺シリーズの顔ともいえる名物キャラクターである中村主水(藤田まこと)の、仕事人としての運命を決定づける回だったからです。

そんな中村主水の運命を決定づけた人物こそ、頼み人と主水たちとの間で仕事の仲介をする存在である髪結いのおこう(中村玉緒)だったのです。

おこう(中村玉緒)の死の間際のセリフで決まった?仕事人・中村主水の運命

おこうはこの最終回で、主水ら仕置屋稼業達への復讐に燃える睦屋佐兵衛(観世栄夫)一味に捕まって主水たちの正体を白状するよう拷問を受け、印玄と市松(沖雅也)の命がけの救出によって助け出されますが、助け出された後主水の腕の中で息絶えます。

そして主水の腕の中で息絶える前に主水に伝えた言葉こそ、この後の必殺シリーズの名仕事人、中村主水を誕生させた言葉ともいえるでしょう。おこうは息を引き取る前、主水への思いを伝えた後、残った命の炎を燃やし尽くすが如き鬼の形相へと変わって主水にこう伝えます。

「中村はん、この稼業辞めたらあきまへんで・・。いつまでも続けとくんなはれや・・いつまでも、この稼業・・続けとくんなはれや・・」

そう言い残し、おこうは目を見開いたまま息を引き取ります。

金にがめついが世の中の虐げられた弱者の味方であり、主水に淡い恋心を抱き、家庭でせん(菅井きん)とりつにいびられる主水を家から追い出されても自分が養ってやるとまで言う髪結いのおこう。そんなおこうの今わの際の最期の言葉、これこそが主水の運命を決めたのだとわたしは思っています。

最後まで中村主水という男に惚れて惚れて惚れ込んだ一人の女。そんな一人の女の願いは、ひょっとしたら「昼行燈(ひるあんどん)」という主水の表の顔しか知らないりつ(白木万理)という妻とは違う、表裏両方の主水の顔を知る女であるという立場からの懇願でもあったのではとも思えますね。

市松(沖雅也)に「見事な死に様」といわせた印玄(新克利)の壮絶な最期

おこうと同じく命を散らした破戒僧・印玄(新克利)もカッコよかったですね。市松と、市松が佐兵衛に寝返るのを警戒する中村主水との板挟みになりながらも、最後まで仲間である市松を信じるその想いは、最終的に一匹狼の冷徹な殺し屋である市松の氷のような心を溶かして市松をおこう救出に向かわせたのだとわたしは思います。

最後まで市松を信じ、自分がおこう救出に失敗した後の後事を主水に託し、印玄はおこうの救出に向かって、おこうを助けるために命を落としました。

おこうを屋根の上から紐を使って下にいる市松に降ろしている間に、印玄は屋根の上に潜んでいた佐兵衛の息子・徳太郎(大林丈史)に後ろから匕首で刺されます。しかし印玄は何度匕首で刺されても紐でつながれたおこうを離しませんでした。おこうを下にいる市松に託すと、印玄は徳太郎ともども屋上から身を投げて相打ちとなり、市松の見守る中で息絶えました。

必殺史上に残るほどコミカルな殺し技としても有名な印玄の屋根落とし。印玄自身の最期もその技で訪れたのは必然だったのでしょうか。どちらにしても、アジトに戻った市松が主水と捨三に語った一言がすべてを物語っていますね。

「印玄が・・死んだ・・。おこうを守ってな・・。」

「見事な死に様だったよ・・」

スポンサーリンク



市松を逃がして左遷された中村主水のラストの表情が意味するものとは

そしてこの素晴らしい最終回を語るうえで欠かせないのが、最後の市松の脱出劇でしょう。

市松が南町奉行所から小伝馬町牢屋敷へと身柄を移される時、その時こそが市松が逃げることのできる唯一のチャンスでした。そしてそこで主水、市松、捨三は見事なチームワークを見せて市松を逃がすことに成功したのです。

市松はいつまでたっても自らの保身しか考えない主水をなじり、主水と市松の緊張関係が最高潮に達していた中でのこの見事な救出劇。

身を隠した市松に、主水は事前に用意した握り飯を渡します。言葉はありません。これが二人の今生の別れとなったのでしょうね。

江戸を出て主水にもらった握り飯をほおばる市松。すると歯に当たる金属音が・・

おにぎりからは一枚の小判が出てきたのです。思わずニヤリと笑う市松。そして市松はどこかへと旅立つのです。

一方、重罪人の市松に護送中に逃げられるという大失態(表向きは笑)を演じた主水は、その責任を問われて南町同心の仕事の中でも最も下といわれる牢屋敷の見廻りへの異動を命じられることとなってしまいます。

そしてラストシーンはそんな主水が書類を燃やしている場面。その主水の顔は笑みとも失望ともどちらともとれる得も言われぬ表情。その主水の表情とともにこの神回は幕を閉じます。

あの最後の主水の表情は何を意味していたのでしょうか。

ただ一ついえるのは、この仕置屋稼業の崩壊を経て、間違いなく殺し屋中村主水という存在は殻を破って一枚も二枚も脱皮したという事でしょう。あの必殺の権化ともいえる中村主水が誕生した瞬間といっても過言ではないのだと思いますね。

新仕置の最終回「解散無用」と並ぶ最高傑作回「一筆啓上崩壊が見えた」

というわけで、必殺シリーズ第6作目の「必殺仕置屋稼業」の最終回、「一筆啓上崩壊が見えた」について書かせていただきました。

まだ見ていない方のために、あえて詳しいストーリーやあらすじなどは書いていません。

必殺シリーズは前期と後期に分けて語られる事がしばしばありますが、この必殺仕置屋稼業はもちろん前期作に色分けされる作品です。

必殺シリーズ前期の最高傑作回といえば、「新必殺仕置人」の最終回「解散無用」があまりにも有名ですが、個人的には新仕置の解散無用と並び立つ程の傑作回こそこの「一筆啓上崩壊が見えた」だと思いますね。

解散無用での熱い中村主水とはまた違った、煮ても焼いても食えないこ子での中村主水もいいですよ。まあ最終的には仲間を助けるという意味では一緒なんですけどね(笑)。まあやっぱり必殺は、中村主水は最高って事ですな。

ちなみに、牢屋敷見廻りへと左遷(?)となった中村主水の物語は、この後のシリーズ8作目、「必殺仕業人」へと続いていくこととなります。そこでは赤井剣之介ややいと屋又右衛門らといった新しい仲間とともに、捨三とも再びタッグを組む中村主水の姿が見られることとなるのです。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ