[大河ドラマ]「龍馬伝」キャスト高杉晋作や武市半平太、山内容堂、饅頭屋長次郎、千葉さな、弥太郎‥ハマり役達

1968年の「竜馬がゆく」以来42年振りとなる坂本龍馬を主人公として描いた2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」。平均視聴率は18.7%を記録し、ここ10年の大河ドラマの中ではトップ3に入る高視聴率をたたき出し、日本国中に龍馬ブームを巻き起こしたのは記憶に新しいところでしょう。

そんな「龍馬伝」の特徴の一つとして個人的に思うのが、そのキャスティングの巧みさ。主人公の坂本龍馬を演じた福山雅治さん以外にもこのドラマからはとても多くのはまり役が生み出されたと思っています。そこで、わたしが特に素晴らしかったと思う竜馬以外のキャストをご紹介しましょう。

スポンサーリンク



武市半平太(たけちはんぺいた/瑞山) 演:大森南朋(おおもりなお)

坂本龍馬を主人公とした物語では外す事の出来ない人物の一人がこの武市半平太(後に武市瑞山“ずいざん”と名乗る)でしょう。

竜馬や岡田以蔵、中岡慎太郎と同じ土佐の郷士という低い身分でありながら、尊王攘夷を掲げて「土佐勤皇党」を結成し、朝廷や各藩の志士との交流を行って土佐藩を薩摩・長州と並ぶほどの勢力へと押し上げた幕末偉人の一人です。

武市半平太という人物は演じるうえですごく難しい人物だと思います。物語により多少違いはありますが、大概は土佐勤皇党結成以前や結成当初は爽やかで聡明な志士であり、京都で活躍するようになると以蔵を使って様々な人物を暗殺したりといったブラックな部分も出て来ます。

この龍馬伝における大森南朋さんの武市半平太もそのような人物に描かれたのですが、演じ分けが素晴らしかったですね。根底にある土佐藩主・山内容堂への忠義を感じさせながらも純粋な志士から腹黒い策謀化へと変貌していくさまは見事でした。

そして壮絶な牢獄での闘争と最期の三文字腹での切腹。ここに関しては説明も不要でしょう。生々しい描写、特に切腹場面や処刑シーンなどはお茶を濁すどころかその場面をナレーションだけで済ます事が多い昨今、武市半平太のあの覚悟と意地を見せつけた三文字の切腹をリアルに描いたNHKも凄かった。リアルであるからこそ武市半平太という男の想いも視聴者に伝わりました。NHKの覚悟を見ましたね。それに応えた大森南朋の迫真の演技も鳥肌ものです。

紛れもなく龍馬伝前半の主役でしたね。

岡田以蔵(おかだいぞう) 演:佐藤健(さとうたける)

田中新兵衛、中村半次郎(後の桐野利秋)、河上彦斎と並んで「幕末の四大人斬り」と呼ばれた岡田以蔵も龍馬を主人公で描く場合はとても重要な役です。

ハッキリ言って最初に以蔵役が佐藤健さんだと知った時は「ん?」となりました。個人的な以蔵のイメージとして、ちょっと小汚くてワイルドで武骨という印象があったからです。そういう意味では佐藤健さんではハッキリ言って岡田以蔵は「カッコよすぎる」という印象でした。

しかし見終わった今ではこの龍馬伝の以蔵は佐藤健さんで本当に良かったと思っています。龍馬を時には兄のように、時には無二の友として慕うピュアな青年が「人斬り」となっていく悲しみを見事に演じていましたね。佐藤さんは新たな岡田以蔵像をこのドラマで誕生させたと思います。この若さ(撮影時20歳~21歳)で本当に素晴らしいと改めて感心させられました。今の大活躍は当然といっていいでしょう。

最後、切腹を許されて見事に「武士」として果てた武市半平太とは対照的な、拷問によってあざだらけとなった顔で「罪人」として切腹すら許されず斬首される事となった岡田以蔵の悲哀。最後の佐藤健さんの涙の笑顔が全てを物語っていました。あの最期の以蔵の表情には号泣しました。つーか、今も書いててうるうるきてます(苦笑)。

近藤長次郎(こんどうちょうじろう/饅頭屋長次郎) 演:大泉洋(おおいずみよう)

龍馬や以蔵、武市半平太らは上士ではないものの、郷士という一応武士の身分だったのですが、この近藤長次郎は饅頭屋を営んでいた商人の出であり、武士でさえないという身分でしたね。

先ほど岡田以蔵の項でも書いたように、岡田以蔵は武士でありながら武士としての最後である「切腹」を許されませんでした。しかしこの長次郎は元々の身分は武士でなかったものの、最後は武士として切腹して果てました。この辺りの対比もまた龍馬伝の面白いところですよね。

そんな饅頭屋長次郎を演じたのが大泉洋さん。意外なことにこの「龍馬伝」での長次郎役が初の大河ドラマ出演となりました。この大泉さんの演技がまたね・・いいんです。近藤長次郎という人間の真面目さと、それが故の悲劇。個人的には最初から長次郎の運命を知っていたのですが、大泉洋さんの演技によって最後の切腹の回にはこれまた泣かされました(爆汗)。

2016年の大河ドラマ「真田丸」では準主役といってもいい真田信之を演じた大泉洋さん。長次郎といい信之といい本当にハマってましたよね。次はもう大河主人公しかないでしょう。いやマジで。

スポンサーリンク



山内容堂(やまうちようどう) 演:近藤正臣(こんどうまさおみ)

龍馬伝では実質上のラスボスといっても過言ではない存在こそこの土佐藩主・山内容堂でしょう。

「酔えば勤皇覚めれば佐幕」と呼ばれる程に酒好きの藩主であり、尊王攘夷派の旗色が悪くなった途端に龍馬の盟友であった武市半平太や岡田以蔵ら「土佐勤皇党」を弾圧して死に追いやった張本人です。

しかし龍馬にとっては同時に「大政奉還建白書」では志を同じとする事となり、なんとも不思議な存在といえなくもない人物ですね。

演じたのはベテラン俳優の近藤正臣さん。カリスマ性あふれる山内容堂という巨魁の底知れぬ恐ろしさがオーラとして炸裂していました。本当に「悪のカリスマ」という表現が適切な序盤の山内容堂でしたね。

だからこそ最終盤になって後藤象二郎に「大政奉還」建白の決断を下す場面の感動が大きかったのです。大政奉還建白と侍の時代の終焉を決断した容堂はとてもカッコよかったです。

「武士の世を・・終わらせるかえ・・」

実際のあの時期の容堂はまだ40歳そこそこだったのですが、40そこそこの俳優ではあの山内容堂は表現できなかったでしょう。さすがは近藤正臣さんというしかありません。

後藤象二郎(ごとうしょうじろう) 演:青木崇高(あおきむねたか)

この後藤象二郎も山内容堂と同じく、序盤では竜馬の前に立ちはだかる身分の壁の象徴ともいえる上士役として、そして終盤で手を取り合って大政奉還を成し遂げる盟友として前半と後半では全くといっていいほど立場が逆転する人物です。

この龍馬のライバルでもあり盟友でもある後藤象二郎ですが、その肖像画を見てもらえばわかる通り、なかなか割腹のいい体格をした人物でした。そしてこの後藤象二郎を演じるに当たって俳優の青木崇高さんは体重を15kg増量してこの役に入ったといっています。凄まじい役者根性ですね。今はこういったストイックな役作りをする俳優さんが減りましたが、やはりこれでこそ役者魂ですよね。

空が白んでくる明け方、大政奉還建白の意図を主君・容堂に告げられる場面。大河ドラマ屈指の名挿入曲「想望」を背に繰り広げられる容堂と象二郎の名演技のバトル、最高のBGMと相まって忘れられない名場面となりました。

中岡慎太郎(なかおかしんたろう) 演:上川隆也(かみかわたかや)

龍馬と同じく土佐郷士の身分で「土佐勤皇党」結成に参加、後に土佐を脱藩して龍馬とともに薩長同盟の立役者となり、龍馬の「海援隊」とほぼ時を同じくして「陸援隊」を結成して率い、最後もまた龍馬とともに近江屋で暗殺者の凶刃に倒れた・・まさに龍馬の盟友がこの中岡慎太郎です。

演じたのが、「功名が辻」では主人公の山内一豊を演じた上川隆也さん。龍馬と最後を共にするのに相応しい超大物俳優の起用となりました。

近江屋事件においての、場合によっては龍馬を斬る覚悟の慎太郎と龍馬との鬼気迫るやり取り、そして龍馬の必死の説得に涙を流して和解した慎太郎・・そしてその後に訪れた刹那の凶行・・

さすがは上川隆也というしかありません。欲を言うのであれば、土佐時代の中岡慎太郎も見たかったといったところでしょうか。薩長同盟の辺りからの登場だったので唐突感は否めませんでした。まあ上川さん売れっ子だから厳しかったのでしょうが・・(涙)

高杉晋作(たかすぎしんさく) 演:伊勢谷友介(いせやゆうすけ)

ご存知長州の風雲児、「奇兵隊」を率いて維新回天の立役者となった幕末の大物志士です。明治維新を見ることなく労咳(結核)によってこの世を去りますが、維新後まで生きていたら維新三傑(西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允)に割って入って維新四天王と呼ばれていたかもしれません。まあそれ程の人物です。

元々歴史ファンからも人気が高かった高杉晋作ですが、間違いなくこの龍馬伝でそのファンは激増したはずです。

とにかく伊勢谷友介の演じた高杉晋作がカッコいいのです。とにかくひたすらカッコいいのです。伊勢谷さんは髪型も当時の新作の肖像画とほぼ同じヘアスタイルにしていましたが、とにかくただただひたすらカッコいい(しつこいすか?笑)

龍馬の友にして良き理解者であり、共に維新回天のために戦った幕末長州の伊達男、高杉晋作。“粋”という言葉がこれほどにピッタリな伊勢谷友介版の高杉晋作を超す晋作がこれから現れるでしょうか。相当高い高いハードルだと思いますね。

スポンサーリンク



千葉さな 演:貫地谷しほり

龍馬伝ではそれぞれのシーズンごとに異なったヒロインが出て来ます。それは龍馬伝の売りでもあったのですが、その面々も豪華です。平井加尾を演じた広末涼子やお元の蒼井優、そして最終的に龍馬の妻となったお龍(りょう)役の真木よう子・・坂本龍馬羨ましすぎるぜ(怒)と世の男性は思った事でしょう(笑)。

そんなヒロインの中でも私が一番好きだったのが千葉さな。北辰一刀流桶町千葉道場の千葉定吉の娘であり、自身も凄腕の女剣士という千葉さなを演じたのが貫地谷しほりさん。

「千葉の鬼小町」と呼ばれるほどの女剣士が次第に龍馬に惹かれていく演技はお見事でしたね。その純真無垢な姿には思わず見ているこちらが感情移入してしまいました。貫地谷さんは同じく大河ドラマの「風林火山」でのおみつ役といい、やっぱり素晴らしい女優さんです。出来れば1年通してのヒロインで見てみたいというのはぜいたくな悩みですよね(笑)。

武市富(たけちとみ) 演:奥貫薫(おくぬきかおる)

武市半平太の妻・富を演じたのが奥貫薫さん。

あまり出番は多くなかったこの武市富ですが、とにかく印象的な場面が数多くある素晴らしい女性でしたね。

夫の半平太が投獄される前の最後の朝餉(朝ごはん)の場面も捨てがたいですが、やはり一番は第24話「愛の蛍」でしょう。

投獄されて牢獄にいる半平太と同じにと、家でも布団を敷かずに過ごす妻・富は半平太の手紙のお返しに、ハンカチに包んだ蛍を届けるというシーンです。素晴らしい場面の多い龍馬伝の中でも屈指の名場面でしょう。そうさせているのは奥貫薫さんの献身的な妻としての演技なのは間違いありません。そしてこの時の挿入曲も「想望」でしたね。本当に素晴らしいんですよ、この曲が。当然わたしは龍馬伝のサントラもってますが、買ったのは殆どこの曲目当てといっても過言ではありません(苦笑)。あ、もちろんオープニング含めて他も素晴らしい曲ばかりですよ。

まさに古き良き日本の妻をこの奥貫薫さんの武市富は体現しています。

岩崎弥太郎(いわさきやたろう) 演:香川照之(かがわてるゆき)

最後にこの人を紹介しないわけにはいかないでしょう。

本作のストーリーテラーであり、狂言回しであり、もう一人の主人公といってもいい存在、岩崎弥太郎。

この世で龍馬を最も憎んだ男であり、最も龍馬に憧れた男であり、最も龍馬を愛した男といっても過言ではないでしょう。龍馬とは幼馴染という設定でしたが、愛憎がごちゃ混ぜになって弥太郎本人さえも気付いていない龍馬への想い、そんな弥太郎の心の内を素晴らしい表現力で見せてくれました。さすがは香川照之という他有りません。

最終回、龍馬を斬らぬよう見廻り組に懇願する場面、そして龍馬が切られた後の咆哮、ここで泣かずしてどこで泣く??男と男の真の友情があの場面にはありましたね。まあとにかく、「弥太郎お前、ツンデレすぎんだろ・・(号泣)」って事ですね。

上に書いた高杉晋作もそうですが、岩崎弥太郎も自分的には香川照之以外は考えられません。本当に凄い俳優さんです。

ここではご紹介しきれないその他の名優演じる名キャラクターたちの数々

というわけで、龍馬伝におけるはまり役の“一部”をご紹介しました。本当はもっともっとご紹介したいんです。

吉田東洋(田中泯)も容堂や後藤に負けぬ敵キャラでしたし、千葉重太郎(渡辺いっけい)のキャラも捨てがたいですね。お亡くなりになった蟹江敬三さん(岩崎弥次郎役)や児玉清さん(坂本八平役)も流石の名演でしたし、権平兄(杉本哲太)や乙女姉さん(寺島しのぶ)も良かったです。原田泰造が近藤勇を演じた新選組の面々も素晴らしかった。そして最終回で龍馬と慎太郎に襲い掛かった見廻り組の三人は言わずもがな・・。

とにかく皆素晴らしかったですね。キャスティングした人のセンスというか見る目というか、とにかくその慧眼には恐れ入りましたという他有りません。

そういえばこの間、大河ドラマの話題になった時にうちの職場の上司が遠い目をしながらこう呟いてましたね。

「あー、龍馬伝は面白かったなあ・・」

と。

わたしが思わずうなずいてしまった事は言うまでもありません(笑)。

主演の福山雅治さんや龍馬暗殺回、脚本や音楽など総合的な龍馬伝の感想については以下の記事をご覧ください。

福山雅治主演のNHK大河ドラマ龍馬伝(りょうまでん)は名作か?暗殺の近江屋事件に脚本、音楽(BGM)、主役の演技など

関連コンテンツ

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ