福山雅治主演のNHK大河ドラマ龍馬伝(りょうまでん)は名作か?暗殺の近江屋事件に脚本、音楽(BGM)、主役の演技など

2010年に放送されたNHK大河ドラマ「龍馬伝」。司馬遼太郎原作、北大路欣也さん主演で放送された「竜馬がゆく」以来実に42年振りとなった龍馬主役の大河ドラマは日本中に坂本龍馬ブームを巻き起こしました。

ここではそんな2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」についての考察、感想などを記していきたいと思います。

スポンサーリンク



2010年以降では最高視聴率を記録し、日本に坂本龍馬ブームを巻き起こした龍馬伝

まずは「龍馬伝」についての簡単なデータからいきましょう。

ジャンル :歴史ドラマ
放送期間 :2010年1月3日~11月28日
放送時間 :毎週日曜日20:00~20:45
ドラマ枠 :大河ドラマ
放送回数 :全48話
制 作 局:日本放送協会(NHK)
音   楽:佐藤直紀
脚   本:福田靖
主   演:福山雅治
主 人 公:坂本龍馬(さかもとりょうま)
平均視聴率:18.7%
最高視聴率:24.4%

平均視聴率は2010年以降の大河ドラマの中では最高の視聴率を記録しており、平均18.7%という視聴率も1年間というロングスパンでの視聴率と考えれば今の時代としてはやはり驚異的な高さだと思います。

実を言うとこの龍馬伝の42年前の大河ドラマ、「竜馬がゆく」は平均視聴率が14.5%で、1994年放送の「花の乱」が更新するまで26年にわたって大河ドラマのワースト視聴率を持っていたという不名誉な記録を持っていました。

というわけで、「幕末物、龍馬主人公ものは視聴率が取れないのでは?」といった意見も放送前には一部でささやかれていました。しかしそんな外野の不安を吹き飛ばすこの高視聴率。さすがは日本人のヒーローだといったところでしょうか。

2009年から2011年の3年間は年末にスペシャルドラマとして「坂の上の雲」が放送された関係上、大河ドラマが普通より1話~3話ほど短くなっています。この龍馬伝も例外ではなく48話しかありませんでした。

武市や以蔵らとの土佐郷士時代を丹念に描いた福田靖のオリジナル脚本

脚本を担当したのは人気脚本家の福田靖さん。木村拓哉主演の連ドラ「HERO」や「CHANGE」を手掛け、さらに主演の福山雅治さんとは「ガリレオ」でもタッグを組んだ正真正銘の実力者です。

この「龍馬伝」、原作作品は無く、福田靖さんが原作・脚本を手掛けたオリジナル作品です。最近の大河ドラマに多いパターンですね。最近のドラマには多いパターンであり、失敗例も多いパターンなのですが、この「龍馬伝」は間違いなく成功例の事例に入るドラマだと思います。

わたしが思うこの「龍馬伝」の一番の良さというのは、土佐時代を上手に丁寧に描いた事だと思います。郷士として生まれた龍馬や武市半平太、岡田以蔵らの差別との戦いや彼らとの友情、絆・・これらをどこまで丹念に描いて視聴者に感情移入させられるかが龍馬ドラマの勝負所だと個人的には思っています。逆に言えばここに成功すればほぼ成功は約束されるとも。その意味で福田さんの本はほぼパーフェクトだったと思います。

敵役である山内容堂(近藤正臣)や後藤象二郎(青木崇高)、吉田東洋(田中泯)らも非常に素晴らしいキャラクターでした。まさにどの人物もキャラが生きていましたね。

そして極めつけは最終回・・これについては後で嫌っていう程に語らせてもらおうと思います(笑)。

オーソドックスな福山雅治の坂本龍馬が引き出した濃ゆき脇役キャラ達

主人公を演じたのはミュージシャンで俳優の福山雅治さん。龍馬のイメージそのままにパーマをかけた長髪にして実際に日焼けするなど、この役に対する意気込みは凄かったですね。

この「龍馬伝」というドラマは、非常に濃いキャラが揃っています。裏主人公ともいえる岩崎弥太郎(香川照之)からして劇こゆです(笑)。その他にも山内容堂や後藤象二郎、勝海舟(武田鉄矢)ら、そうそうたるメンバーがこれでもかという程濃い演技を繰り広げてくれています。

一言で言って、そんな濃ゆいメンツのオンパレードであるこのドラマの中で、主演の坂本龍馬役の福山雅治さんの演技はそれほど派手ではありません。皆がイメージする、皆が大好きな、皆が愛している坂本龍馬という男を本当に忠実にオーソドックスに演じてくれています。

悪く言えば「意外性がない」といわれるかもしれませんが、こんなオーソドックスな福山さんの龍馬だったがゆえに脇役に数多くの当たり役を生み出したのは間違いないでしょう。

敢えて主人公が黒子の演技に徹する事で周囲が光り輝き、とことん個性を追求できた・・そんな気がしますし、福山さんの演技は敢えてそこを狙っていたとわたしは確信しています。ハッキリ言ってドラマでの坂本龍馬役といえば、わたし的には“ちとやりすぎな感”を感じる事が多いのです。龍馬龍馬しすぎというか、演技が濃すぎるというか、ちょっと大げさすぎというか・・。その点で福山雅治さんの龍馬はわたくし的には本当に素晴らしかったんです。

「この龍馬伝での福山龍馬こそ、わたしたち日本人皆が思い描き、愛してやまない坂本龍馬である!!」

わたしはそう断言してもいいとさえ思いますね。

スポンサーリンク



リアルさが恐怖感と臨場感を引き立たせる史上最高の龍馬暗殺(近江屋事件)

坂本龍馬を主人公としたドラマで避けては通れないのが「近江屋事件」。海援隊の坂本龍馬と陸援隊の中岡慎太郎が近江屋で刺客に襲われて命を落とすという悲劇です。坂本龍馬の最期となる場面です。

当然この龍馬伝でも近江屋事件は最終回に描かれました。

そしてこの龍馬伝での「近江屋事件」は、わたしがこれまで見たどの近江屋事件よりも素晴らしかったです。史上最高の「近江屋事件」だと思います。

まずは刺客となるべき見廻り組の三人の登場。今井信郎(市川亀治郎)に佐々木只三郎(中村達也)、渡辺篤(SION)です。今井信郎以外はほとんどセリフがないのですが、それがまたこの龍馬暗殺犯というラスボスの凄みや恐ろしさを際立たせていました。登場シーンから迫力満点で「掴みはOK」です。

そして龍馬と慎太郎の会話シーンで突然踏み込んでくる三人の刺客たち。近江屋事件では必ずといっていいほど描かれる藤吉が階段を上がる途中で後ろから切りつけられて階段から転げ落ちるシーンもありませんでした。ただドタドタドタという音だけが聞こえ、龍馬が「ほたえな!!(静かにしろ)」と一喝するだけです。そしてその刹那、刺客は龍馬と慎太郎のいる部屋になだれ込んでくる・・。これがまた緊張感をMAXにしてくれるのです。まさに現場にいるかのような臨場感なんです。

そしてBGMもなく突然踏み込んでくる刺客たちにたじろぎながらも応戦し、しかし敢え無く斬られる龍馬達。この間は実際に凶行が行われたリアルタイムとほぼ変わらないでしょう。というよりあえてそうしているのですが、それがまたリアルなのです。本当の近江屋も恐らくこんな感じだったのだろうな・・と。映画やドラマで何度も近江屋事件を見ていたのですが、本当にこれまでで一番恐怖を感じる程にリアルだったのです。

敢えて難をいうのであれば、見廻り組たちが去った後の龍馬と慎太郎の会話が長すぎる事でしょうか。あそこは個人的にはもっと短くして絶命でも良かったのかと思いますね。

とにかく素晴らしい近江屋です。見ていない人は必見です。そして最後の弥太郎の魂の雄叫びを是非とも聞いてください(涙)

力強いオープニング曲に加えて佐藤直紀作の挿入曲「想望」は究極の癒し系ソング

そしてもう一つ、龍馬伝を語るうえで外せないのが音楽の素晴らしさでしょう。

龍馬伝の音楽を手掛けたのは佐藤直紀(さとうなおき)さん。映画「永遠の0」や「るろうに剣心シリーズ」、同じNHKでは朝ドラ「カーネーション」なども手掛けた新進気鋭の実力派作曲家です。

まずはオープニングテーマでしょう。まさに天へと昇りゆく龍を彷彿とさせる力強いオープニング曲は、毎回毎回オーストラリアの女性歌手、リサ・ジェラルドのヴォーカルが聞こえる度に否応なしにアドレナリンを噴出させてくれるほどの名曲です。ドラマの放送終了から7年が経つ今でもこの曲はあらゆるテレビ番組で流用されている事からもその素晴らしさがわかろうというものです。

そして個人的にこのオープニング曲と同等、いやそれ以上に好きなのが挿入曲となっている「想望」。龍馬伝のサントラ盤にも収録されているこの曲が本当に凄いのです。

武市富が牢獄の夫に贈った蛍が飛び交うシーン、武市半平太が切腹し、岡田以蔵が傷だらけの顔で涙を流す場面、宿敵山内容堂が後藤象二郎と酒を酌み交わしながら大政奉還を決意するシーン、そして龍馬が天へと昇って行った最終回の最期の場面・・

龍馬伝の印象的な場面では必ずといっていいほどこの「想望」がBGMとして流れていました。

数限りなくある大河ドラマの挿入曲の中でも文句なしに5本の指に入る名曲でしょう。個人的にあまり「癒し」という言葉は好きではないのですが、敢えて使いましょう。この「想望」こそ究極の癒しソングです。

龍馬伝は名作なのか?当然答えは「YES!」

というわけで、タイトル「龍馬伝は名作か?」の答えは「名作です」という事で。まあかなり早い段階で結論は出てしまっていましたが(苦笑)

戦国時代といえば三傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)、幕末といえば維新三傑(西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允)と坂本龍馬・・といわれるほどの人気者を主人公として取り上げるのは制作サイドのNHKとしてもかなりのプレッシャーがあったであろうことは想像に難くありません。当然主人公を演じた福山雅治さんや脚本家の福田靖さん、音楽を担当した佐藤直紀さんらも。

しかしそんなプレッシャーもどこ吹く風とばかりの傑作に仕上がったこの「龍馬伝」。

ここではそんな龍馬伝の主演、脚本、音楽などについてご紹介しましたが、やはり素晴らしいキャラが揃った脇役もご紹介しないわけにはいきますまい!

ってわけでこちらの記事も良かった読んでみてくださいね。

[大河ドラマ]「龍馬伝」キャスト高杉晋作や武市半平太、山内容堂、饅頭屋長次郎、千葉さな‥はまり役の宝庫です

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ