NHK大河ドラマの歴代織田信長キャスト一覧➁ 緒形直人、反町隆史に豊川悦司、江口洋介‥豪華すぎる俳優陣

50年以上の歴史を誇る、日本人にとっての日曜夜の定番ともいえる名物ドラマ「NHK大河ドラマ」。

そんな歴史ある中で数多くの名優たちが演じてきた戦国の風雲児、織田信長。ここでは織田信長を大河ドラマで演じた俳優さん、そしてその作品などをご紹介していきたいと思います。織田信長キャスト前編についてはこちらの記事をご参照ください。

NHK大河ドラマの歴代織田信長キャスト一覧➀

 

スポンサーリンク



30作目 信長 KING OF ZIPANGU (1992年/平成4年) 演:緒形直人

大河ドラマではお馴染みだった大俳優・緒形拳さんの次男、緒形直人さんの大河初主演となったのがこの「信長 KING OF ZIPANGU」での織田信長役です。当時の緒形直人さんの年齢は25歳。大抜擢といってもいいキャスティングでしたね。

色々な意味で革新的な大河ドラマといわれた「信長 KING OF ZIPANGU」でしたが、ここでの織田信長は、それまでの戦に比重を置いた描かれ方から、経済政策などの政(まつりごと)に重きを置いた描かれ方をしていたのが特徴的ですね。

従来の「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」のイメージとは少し違った信長像の新機軸を打ち出した作品として個人的には評価したいですね。そしてそんな新信長像に緒形直人さんはハマってましたね。過小評価されている大河作品の一つだとわたしは思いますね。

35作目 秀吉 (1996年/平成8年) 演:渡哲也

大御所・渡哲也さんのキャリア後期の代表作ともいえるのがこの「秀吉」での織田信長役なのではないでしょうか。竹中直人さん演じる豊臣秀吉役がハマり、大ヒット作となったこの作品ですが、そんな大ヒットの大きな要因の一つとなったのがこの渡哲也さんによる織田信長でしょう。渡哲也さんがなんと55歳の時に演じられました。信長の享年が数えで49ですから、悠に超えてしまっているのはまあ愛嬌という事で(笑)。

w秀吉が縮み上がるほどに恐ろしい人物ながら、同時に誰よりも深く敬愛されているカリスマであるという本作での織田信長。主人公の秀吉にとってはまさに恩人ともいえる人物でした。渡哲也さん演じる信長はとにかく威厳がハンパなく、近寄りがたい程の存在感を発揮していた信長でしたね。そんな信長が秀吉と対峙した時にのみ見せるあの何とも言えぬ笑顔。それこそがこの渡信長のキモだったと思います。そりゃあ人気出ますよねえ。

41作目 利家とまつ~加賀百万石物語~ (2002年/平成14年) 演:反町隆史

当時俳優として人気絶頂だった反町隆史さんが戦国の覇者、織田信長を演じるという事で大いに話題となったのがこの「利家とまつー加賀百万石物語ー」です。当時の反町隆史さんの年齢は29歳。「ビーチボーイズ」や「GTO」等の大ヒットによって人気若手俳優の座を不動のものとしていた、まさに最も勢いに乗っていた時期でのこの大河ドラマ初登場だったのです。

このドラマで反町隆史さんが演じた織田信長といえば、口癖である「・・で、あるか」ですよね。この口癖はこのドラマ以降の織田信長像に大きな影響を与え、今日ではこの口癖は信長の代名詞のようにもなっています。ここでの織田信長は、主演を演じた前田利家役の唐沢寿明さんが「史上最高の織田信長」と評する程に素晴らしかったですね。

ちなみに、同じく主演を務めた前田利家の妻・まつ役の松嶋菜々子さんとの夫婦競演も話題になりましたね。でもそんなの関係ない程の熱演でした。反町さんの俳優としての力量をこれでもかと示したドラマですね。

45作目 功名が辻 (2006年/平成18年) 演:舘ひろし

この作品から遡る事ちょうど10年前、高視聴率を記録した大河ドラマ「秀吉」で石原軍団団長の渡哲也さんが演じた織田信長。その渡信長から10年後の信長は、同じく石原軍団のナンバー2、舘ひろしさんが演じましたね。舘さんの年齢は渡さんが演じた年齢を1つ上回る56歳でした。

エキセントリックさを湛えながらも寡黙で壮大な野望とビジョンを持った織田信長は、ある意味織田信長という男の持つパブリックイメージにある意味忠実といえる信長だったかもしれません。渡さんもそうでしたが、この舘ひろしさんの信長もビジュアル的にピッタリでしたね。

46作目 風林火山 (2007年/平成19年) 演:佐久間二郎

近年稀に見る硬派な大河ドラマ、「風林火山」。それ故に大河ドラマファンの評価も非常に高い同作ですが、織田信長も1シーンのみ登場します。演じるのは観世流能楽師の佐久間二郎さんです。当時の年齢は35歳でしたね。

第四次川中島の戦いによる主人公・山本勘助の死とともに幕を下ろす本作において織田信長の登場シーンが少ないのは必然といっていいでしょう。その登場場面は桶狭間の戦いに赴く前に「敦盛」を舞い踊る場面。その素晴らしい舞はまさに佐久間二郎さんにしか演じられない名場面といえます。シルエットのみの舞でしたが、本当に美しい舞ですね。こういう信長もまたいいですよね。

スポンサーリンク



48作目 天地人 (2009年/平成21年) 演:吉川晃司

ミュージシャンの吉川晃司さんが織田信長を演じたのが上杉家の軍師、直江兼続を主人公に描いた「天地人」。吉川さんのこの時の年齢は44歳。数え49歳で本能寺に散った信長の晩年を演じるのに最適の年齢だったといってもいいでしょう。

この吉川晃司さんの演じた織田信長、決して出演時間は長くはなかったのですが、非常に強烈なインパクトを見る者に与えてくれる信長でした。俳優としての吉川晃司も大好きな人間としては、俳優吉川晃司の代表作の一つといっていいドラマだと思いますね。これまで幾多の名優が演じてきたどれでもないオリジナルの信長像を作り出す事に成功しています。

正直言って作品自体の評価はあまり芳しくない本作ですが、この吉川信長の出来は素晴らしかったと思いますね。

50作目 江‐姫たちの戦国‐ (2011年/平成23年) 演:豊川悦司

上野樹里が浅井三姉妹の三女・江役で主演した本作で織田信長を演じたのが、豊川悦司さん。この当時の年齢は49歳でした。

そのキャリアの割には大河ドラマの出演は通算3作のみと意外に少ない豊川さん。本作は1993年の「炎立つ」以来18年ぶりの大河ドラマ出演となる事で注目を集めましたね。

ここでの信長は心の奥底に天下泰平の世を作るという夢を秘め、そのために自ら嫌われ役を引き受けるというキャラでしたね。ちょっと信長を美化しすぎかという気はしましたが、まあドラマですし解釈は人それぞれですから良しとしましょうか(笑)。

53作目 軍師官兵衛 (2014年/平成26年) 演:江口洋介

江口洋介さんも織田信長を演じました。天才軍師の黒田官兵衛の生涯を描いた「軍師官兵衛」ですね。この時江口洋介さん47歳。

このドラマでの信長は、単身有岡状に乗り込んで幽閉されてしまう官兵衛の息子で人質となっていた、松寿丸(後の黒田長政)を処刑せよと顔色一つ変えずに命令する程の冷徹な人物となっています。しかし逆にそれが信長のオーラを特殊なものにしていたような気がしますね。江口信長の場合、見た目にはそれほど威圧感は感じないのですが、だからこそ余計に恐ろしさがあるという感じでしょうか。こういった信長像もまた有りかと思いますね。長身で涼やかな表情の江口洋介さんの織田信長、秀吉役の竹中直人さんとの年齢逆転状態は少し気になりましたが(笑)、素晴らしい信長だったと思いますね。

55作目 真田丸 (2016年/平成28年) 演:吉田鋼太郎

三谷幸喜原作の大河ドラマ、「真田丸」でも織田信長は登場しました。とはいっても2シーンだけの登場、本能寺の変では姿さえ見せませんでしたが(笑)。

演じたのはベテラン舞台俳優の吉田鋼太郎さん。演じた時の年齢はなんと57歳。歴代の大河ドラマでの織田信長俳優の中で最年長という事となります。登場シーンは極端に少なく、セリフもほとんどありませんでしたが、さすがは実力派の吉田鋼太郎さん。その存在感はハンパなく、序盤戦のみの出番にもかかわらず強烈なインパクトを残してくれました。

真田昌幸や信繁が新時代を生きるうえで出会った最初の怪物、織田信長。そんな怪物っぷりを如何なく発揮してくれたと思いますね。

56作目 おんな城主直虎 (2017年/平成29年) 演:市川海老蔵

そしていよいよ、現時点で最新の織田信長がこの人、「おんな城主直虎」で演じる歌舞伎役者の市川海老蔵さんです。

この記事を書いている時点ではまだ1シーンしか登場していないのでこれからに期待なのですが、その1シーンのみだけで既に歌舞伎役者として別格ともいえる信長を演じてくれています。さすがは歌舞伎界のプリンス、市川海老蔵の面目躍如といったところでしょうか。

嫌が応にもこれからの出番に期待してしまう織田信長ですよね。

 

というわけで、2回にわたって大河ドラマにおける織田信長をご紹介してきました。18作品にわたって、16人の俳優さんが織田信長を演じてこられました。あなたのフェイバリット信長はどの信長だったでしょうか。

大河ドラマが終了しない限り、これからも世代を超えて様々な俳優による新しい信長が生まれていくのでしょう。本当に大河ドラマって素晴らしいですよね。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ