2017大河ドラマ「おんな城主 直虎」年間視聴感想 音楽やキャスト、題材・主人公選定から課題まで

平成29年12月17日に最終回を迎えた2017年のNHK大河ドラマ通算56作目となった「おんな城主 直虎」。

戦国時代の遠江国井伊谷の領主・井伊家を、女領主であった(とされる)井伊直虎の生涯を通じて描いたこのドラマについて、個人的な視聴感想等を述べていきたいと思います(あくまで個人的な意見です)。

スポンサーリンク



何故主人公は井伊直政でなく井伊直虎だったのか?時代を無視した女主人公ありきの題材選定

色々と述べたいことがあるのですが、まずは主人公及び時代設定からいきましょう。

ドラマは全50話で主人公は戦国時代に井伊谷を治めた井伊氏の女城主と言われた井伊直虎。通称を次郎法師といいますが、実際には直虎と次郎法師が別人だったのではという説がこの「おんな城主 直虎」の放送前に出回ったのは多くの人がご存知だと思います。

まあハッキリ言って、実在した事はほぼ間違いないものの学界などでもその実像は諸説大きく分かれている人物であり、男性説・女性説ともに入り乱れる謎めいた人物であります。

そこで思ってしまうのが、

「直虎の次代の井伊直政(万千代)が主役じゃダメなの??」

という事でしょう。

この井伊直政という人物は、滅亡寸前だった井伊氏の救世主といってもいい存在で、徳川四天王とまで呼ばれる程に出世して井伊彦根藩の祖となった非常に有名・有能な偉人です。「おんな城主直虎」の中では寺田心くんと菅田将暉さんが演じられました。なぜこの超有名人物ではなく、ほぼ実像の定かでない女性主人公なのか??

大河ドラマ主人公は2010年の「龍馬伝」以来、「江」「平清盛」「八重の桜」「軍師官兵衛」「花燃ゆ」「真田丸」、そして2017年「おんな城主直虎」、そして2018年「西郷どん」まで9年間にわたって男主人公と女主人公が繰り返されて来ました。

つまりまあ、そういう事でしょうね(笑)。女性主人公ありきでの主役選定でしょう。しかし残念ながら中世以前において女性主人公として1年間大河ドラマの主人公足り得る偉人などそうそうはいません。今と比べるべきもない程に男尊女卑の時代だった当時、女性はあくまで陰で家を支える存在でした。従って、事績等が詳細に残っている女性の存在自体が非常に貴重なのです。

そんな時代風潮を無視してあくまで「女性ありき」の主人公設定をする事に眉を顰める大河ドラマファンは多いです。まあわたしも当然ながらその一人ですが(苦笑)

攻殻機動隊やカウボーイビバップを手掛けた菅野よう子は大河の様式美を打ち破ったのか?

続いては音楽へと参りましょう。

この「おんな城主 直虎」の音楽を担当したのが作曲家の菅野よう子さん。歌謡曲からアニソン、ゲーム音楽、映画、ドラマなど幅広いジャンルで数々の名曲を生み出してきた、現在最も売れっ子な音楽家の一人です。個人的には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズや「カウボーイビバップ」などの印象が強いですね。

個人的には大好きな作曲家である菅野よう子さんですが、しかし大好きだからこそ放送開始前には不安もありました。「菅野よう子」と「大河ドラマ」がどうしても繋がらなかったのです。どうしてもどんなオープニングになるのかイメージが沸かなかったのです。

そして最初にOP曲を聞いた後は、案の定「???」という印象でした。

そして50話見終わった現在でもその「???」な印象は変わっていません。それはオープニングに限らず劇中の数々のBGMにおいても同じです。これから良くなってくるのかは自分でも分かりませんが、これまでの経験上、50話見終わってダメなものはダメなんだろうなという可能性が限りなく強いと思われます(苦笑)

まあどの曲もいわゆる「オシャレ」な曲ではあると思いますが、大河ドラマとして最も大事だと個人的には思っている、思わず血沸き肉躍るようなカタルシスを得る事は出来なかったという感じでしょうか。

敢えて大河ドラマの様式美、つまり大河らしさという殻を打ち破るという意味で菅野よう子氏に音楽を依頼したのでしょうし、その狙いは達成されたといえるでしょう。しかしその結果が受け入れられたのかについてはネットやSNSなどでも賛否が分かれるものとなっています。わたしは今回の菅野氏の音楽は大河には合っていなかったという意見です。

スポンサーリンク



三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、菅田将暉のイケメンリレー方式に見る2017大河の方向性

正直、個人的には全く楽しめなかった「おんな城主 直虎」ですが、わたしの周囲の女性には概ね評価が高かったですね。

うちの母や妻、そして会社の女性社員などにおいても、このドラマを見ている人は女性に多かった印象がわたしの周りでは強いです。

まあそれも納得できるほど見事にこのドラマは女性視聴者をターゲットに作られている大河であるとも思います。

まず主人公は女性主人公という事で女性が感情移入しやすいですし、その直虎役がこれまた同姓人気の高い柴咲コウさん。

そしてその相手役には三浦春馬さんに高橋一生さん、柳楽優弥さん、菅田将暉さんという今をときめく人気イケメン俳優が、まさにリレー方式で主人公・直虎を支える重要な役どころとして登場する準主役として起用されました。

これだけの人気若手俳優のスケジュールを1年間抑えるのは大変なので順次退場というリレー方式で分散させたのかなあ・・等という下衆の勘繰りはやめておきますが(爆汗)、井伊直親(三浦春馬)、小野但馬守直次(高橋一生)、井伊万千代(直政/菅田将暉)は実在だからいいとして、高橋一生処刑後から万千代成人(菅田将暉登場)までの間を架空キャラである龍雲丸(柳楽優弥)とのラブロマンス路線で埋めた事からも、ドラマ期間中にイケメン俳優空白期を作らないぞという制作側の強い意志は嫌という程に感じ取る事が出来ました。

何が言いたいかというと、今年の大河ドラマは「女性視聴者のターン」であったという事でしょう。男性視聴者には昨年「真田丸」があったのだから、2017年は女性視聴者獲得の年だったという事ですね。

まあこれも最近の大河ドラマの傾向通りですよね。

冒頭でわたしの周囲では女性受けが良かったといいましたが、逆に真田丸を見ていた男性大河ファンはほとんど最初から見ていないか、途中脱落組がほとんどでした。今年の夏の会社の飲み会でうちの大河好き課長がわたしに語り掛けてきた言葉が脳裏に蘇ります。

「○○よ、真田丸や軍師官兵衛は面白かったよなあ・・」

わたしが深く頷いたのは言うまでもありません。

まさかの合戦シーン無し!制作予算に優しい斬新すぎる戦国大河の誕生?

続いてはストーリーや演出面など、ドラマの中身に行ってみましょう。

まず驚いたのが、戦国時代の物語であるにも関わらず合戦シーンが無かったという事。これには本当に驚かされました。

確かにテレビ不況といわれる昨今、数十年前のように合戦シーンに多額の費用をつぎ込む余裕がないであろう事は国営放送であるNHKといえども例外ではないのでしょう。最近の戦国大河においても合戦場面の減少は火を見るよりも明らかです。

というわけで、本作においても合戦場面は少ないだろうと予想していたのですが・・まさか合戦無しとは・・(苦笑)

これもまた女性視聴者を意識した作りといってもいいかもしれません。女性ファンは合戦シーンを求めない層が多いですから。

つまり、女性ファン層向けに大河ドラマを作るという事は、膨大な金を使用せざるを得ない合戦場面を省くことが出来るというメリットがあるという事でしょう。

まあ、そんな戦なしの戦国時代大河を「大河ドラマ」と呼ぶかどうかは別として、理には適っているというわけでしょうか、制作側からしてみれば。

スポンサーリンク



最近の大河に多いホームドラマ&ラブロマンステイストの強い直虎

このドラマが史実に基づいているかどうかという部分に関しては、かなり微妙なところでるといえるでしょう。森下佳子さんの脚本は井伊家の家伝である「井伊家伝記」を基につくられていますが、その「井伊家伝記」が完成したのが享保十五年(1730年)。直虎の死後約150年後の資料なのです。現在で言えば、幕末の龍馬暗殺の時代の事を記した作品という事です。まあ生き証人は当然いませんし、誤伝も多く伝承などを基にしたものであるという事もあって、内容の信ぴょう性については識者からも意見が分かれるところといえるでしょう。少なくとも同時代資料に比べれば資料的価値は大きく劣るのは否めません。

というわけで、その資料によるところの多い脚本という事になれば、ドラマとしては多分に創作性が高くなることは必然であるといえますし、事実そういう内容となってもいます。

直虎という人物の資料が少ない分、直虎という人物を狂言回しのポジションとして、周囲の有名人物たち、今川義元・氏真親子、徳川家康、織田信長、武田信玄やさらには直政以外の徳川四天王らに絡ませて同時代の偉人たちを描いていく(いってくれれば・・)・・というわたしの放送開始前の淡い期待は見事に裏切られました(笑)

菅田将暉登場後は、実質菅田将暉主人公と言っていい物語となりましたが、それまでは徹頭徹尾直虎中心の物語でした。いや、直虎とイケメンたちとの、と言った方が正確でしょうか。ですので当然ながら合戦場面はありません。井伊直平(前田吟)や中野直由(筧利夫)、新野左馬助(苅谷俊介)といった井伊氏を支えた重要人物の合戦による壮絶な最期もナレ死で済まされました。

誤解を恐れず言うとすれば、このドラマは戦国の世における「ラブロマンス&ホームドラマ」としてみるのが正しい見方であると思います。これまでNHKが長い年月をかけて紡いできた、わたしが子供の頃から毎週楽しみにしてワクワクしながら見ていた大河ドラマとは似て非なる、最近の大河ドラマに多いタイプのドラマと言い換えてもいいでしょう。放送開始前に本作に出演する光浦靖子らが恋バナしながらの番宣を見ればその傾向は顕著です。

ドラマの良し悪しは別として、こういったドラマは別枠でやって欲しいというのが偽らざるわたしの心境です。朝ドラ枠は女性主人公で路線的にも近いんでそっちでもいいと思います。せめてこの大河ドラマ枠くらいは古くからの大河ドラマが好きな視聴者層のために使ってくれ・・と心の底から思います。民法ではレギュラーでの時代劇が全滅してしまった現在であるから尚更ですね。そんな人間にとってはこの大河ドラマ枠が地上波最後の砦なのですから(涙)

期待は2018NHK大河「西郷どん」へ

というわけで、直虎ファン&NHK及びドラマ関係者の皆様には本当に申し訳ないと思いつつも1年間見終わった後の偽らざる気持ちを書いてみました。基本的にネガティブな事はあまり書きたくなかったのですが、やはり正直な感想なり考え方は、少なくとも大河ドラマに関しては忘備録代わりに書いておこうと思って書きました。書いておいて何ですが(汗)、チラシの裏だと思って気にしないでいただければと思います。

基本的に柴咲コウさんをはじめとして、高橋一生さんや柳楽優弥さん、ムロツヨシさん、阿部サダヲさん、菅田将暉さん、貫地谷しほりさんなどなど、好きな俳優さんが大挙出演していたドラマだったので演技面では楽しめたという事は伝えておきますし、「大河ドラマ」という括りではない一般的なホームドラマとして見たらいいドラマであったと思っています。

ともかく、今は2018年の大河ドラマ「西郷どん」を楽しみにしたいですね。

「スイーツ大河」ではないかと始まる前からささやかれている「西郷どん」ですが、どんな内容となろうとも最後まで見続ける事は間違いないでしょう。でなければ、良かった、悪かったという感想も言えないと思っていますので。

2018大河は「これぞ大河!」という素晴らしい作品を期待したいですね。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ