暴れん坊将軍の歴代男女お庭番衆(隠密・忍者/殉職含む) 成敗するライダー俳優や大物美人女優、漢字クイズ女王も

1978年に「吉宗評判記 暴れん坊将軍」としてテレビ朝日系列で記念すべき第1シリーズがスタートして以来、レギュラーシリーズが2002年まで、その後もスペシャルドラマとして何度か放送された松平健主演の娯楽時代劇、「暴れん坊将軍」シリーズ。

勧善懲悪の王道ストーリーに将軍徳川吉宗役の松平健さんの見事な殺陣、レギュラー陣、ゲスト陣共に豪華な出演者などなど、様々な要素が絡み合って20年以上にわたって放送されるという長寿人気時代劇となりました。

そこでここではそんな暴れん坊将軍レギュラーの中でもシリーズごとに入れ替わる事の多い、男女それぞれの御庭番(隠密とも言う忍者のような吉宗の家臣)をご紹介したいと思います。意外な大物や懐かしの俳優さんらも演じていらっしゃってなかなか面白いですよ。

スポンサーリンク



吉宗評判記 暴れん坊将軍(1) 宮内洋、夏樹陽子、和崎俊哉

記念すべき第1弾である「吉宗評判記 暴れん坊将軍」で御庭番を務めたのがこの面々です。

役名 俳優名 登場話数 登場期間
薮田助八 宮内洋(みやうちひろし) 第1話~87話(途中殉職) 1978年1月7日~1979年11月17日
大月半蔵 和崎俊哉(わざきしゅんや) 第88話~207話 1979年11月24日~1982年5月1日
おその 夏樹陽子(なつきようこ) 第1話~207話 1978年1月7日~1982年5月1日

大物揃いですね。

初代男御庭番は我々の世代では神ともあがめられる宮内洋さん。仮面ライダーV3やアオレンジャー、怪傑ズバットなど、特撮のパイオニアですね。吉宗の影となって悪者を成敗する御庭番にはまさにピッタリです。

第87話で宮内さん演じる薮田助八は吉宗を凶弾からかばって自らを盾にして殉職を果たします。その助八の後任となったのがベテラン俳優の和崎俊哉さん演じる大月半蔵。登場当初は月代(さかやき)姿でしたが、途中から総髪となってぐんとカッコよくなりましたね。歴代御庭番でも群を抜くシブさを誇ります。

そして第1シリーズでは全話で御庭番を務めたのが美人女優の夏樹陽子さん。

とにかく惚れ惚れする程に美しいです。これだけ美人過ぎると影に生きる隠密としてはどうなんだ??と思ってしまう程です(笑)。最近ではバラエティなどでも活躍している夏樹さんですが、相変わらずお綺麗です。昔の女優さんってホントに綺麗な人が多かったですよね。

暴れん坊将軍第2シリーズ 荒木しげる、朝加真由美

役名 俳優名 登場話数 登場期間
木葉才蔵 荒木茂(あらきしげる) 第1話~191話 1983年3月5日~1987年3月7日
さぎり 朝加真由美(あさかまゆみ) 第1話~191話 1983年3月5日~1987年3月7日

第2シリーズは男女隠密ともに初回から最終回まで変わりませんでしたね。

御庭番総支配の男性役は荒木しげる(当時の芸名は荒木茂)さん。こちらもわたしたちの世代ではヒーローと崇め奉る存在です。仮面ライダーストロンガーの城茂(じょうしげる)として超有名ですし、超神ビビューンにも主演で出ていらっしゃいました。

女性隠密は朝加真由美さん。これまたキレイな女優さんですね。個人的には「影の軍団Ⅱ」の伊賀忍び・お朱鷺役が大好きだったので隠密役にも全く違和感がありませんでしたね。

暴れん坊将軍第3シリーズ 三ツ木清隆・五代高之、菅野玲子・高島礼子

役名 俳優名 登場話数
倉地左源太 三ツ木清隆(みつぎきよたか) 第1話~57話(途中殉職)
才三 五代高之(ごだいたかゆき) 第57話~129話
疾風 菅野玲子(すがのれいこ) 第1話~76話
高島礼子(たかしまれいこ) 第77話~129話

この暴れん坊将軍Ⅲでは御庭番は男女ともに途中交代となっています。

まずは男隠密ですが、三ツ木清隆さん演じた倉地左源太は恋人を助けるため57話で死亡し、同話から五代高之さん演じる才三へとスイッチしました。

女隠密に関しては謎多き交代です。

疾風役の元プレイメイト・菅野玲子さんは何の前触れもなく77話から高島礼子さん演じる梢に代わっています。何の説明もなく当たり前のようにです(笑)。まあ何か大人の事情的な何かがあったのは容易に想像できるのですが、何事もなかったかのように違う人になっているのである意味面白いです(笑)。名前が「れいこ」繋がりなのは偶然でしょう。

現在では主演級の大物女優さんとなっている高島礼子さんですが、この当時はまだカーレーサー・レースクイーンから転身して女優活動を始めたばかり。この暴れん坊将軍の女隠密・梢役が女優デビュー作なのです。その意味でも非常にレアでメモリアルな作品といえますね。

スポンサーリンク



暴れん坊将軍第4&5シリーズ 五代高之、入江真由子

役名 俳優名 登場話数
才三 五代高之(ごだいたかゆき) Ⅳ第1話~第Ⅴ44話(2シリーズ全話出演)
入江まゆ子(いりえまゆこ) Ⅳ第1話~第Ⅴ44話(2シリーズ全話出演)

1991年4月から1992年9月まで放送された暴れん坊将軍第Ⅳシリーズと1993年4月から1994年3月まで放送された第Ⅴシリーズは、御庭番役が男女とも変わりませんでしたね。

隠密男役は第Ⅲシリーズ途中から御庭番となった才三役の五代高之さんが長期にわたって務めました。途中出演となった第3シリーズの1989年からの出演ですので、足掛け5年にわたって御庭番を務めたという事になります。

そして女隠密役は入江まゆ子(現:入江麻友子)さんが第Ⅳシリーズ初回から初登場となってそのまま2シリーズぶち抜きで演じられました。

暴れん坊将軍第6&7シリーズ 若松俊秀&池谷太郎、安藤晃子

役名 俳優名 登場話数
速水佐平次 若松俊秀(わかまつとしひで) Ⅵ第1話~51話
桐原佐助 池谷太郎(いけたにたろう) Ⅶ第1話~18話
小雪 安藤晃子(あんどうあきこ) Ⅵ第1話~Ⅶ18話

第6シリーズの隠密・速水佐平次役の若松俊秀さんも特撮ファンにはお馴染みの存在です。鳥人戦隊ジェットマンのブラックコンドル(結城凱)役で一躍人気俳優となり、その後は暴れん坊将軍第4シリーズと第5シリーズでそれぞれ2度づつのゲスト出演(御庭番役とは別役)を経て、第6シリーズの男隠密となりました。

その若松さんの後継者として第7シリーズで桐原佐助としてレギュラーとなった池谷太郎さんも、暴れん坊将軍の第6シリーズ第11話と31話でゲスト出演し、その次のシリーズでレギュラーの座をつかみ取りました。

第6と第7の2シリーズで女隠密の小雪を演じたのが安藤晃子(現:安藤あき子)さん。元ミスユニバース日本代表という肩書を持つ女優の安藤さん、隠密という影の存在ながらまさにドラマの華ともいえる存在でしたね。

暴れん坊将軍第8&9シリーズ 大森貴人&大竹一重、東風平千香

役名 俳優名 登場話数
十文字隼人 大森貴人(おおもりたかひと) Ⅷ第1話~Ⅸ38話
あやめ 大竹一重(おおたけひとえ) Ⅷ第1話~22話
皐月 東風平千香(こちひらちか) Ⅸ第1話~38話

第8シリーズと第9シリーズの全話で男御庭番の十文字隼人を演じられた大森貴人さん(現:大森匡太郎“きょうたろう”)。

実はこの大森さん、暴れん坊将軍の主人公、徳川吉宗を演じる松平健さんの付き人を2年間していたそうです。下積みを経てのこの大役だったという事です。とりあえずここでは8,9シリーズの話ですけど、大森さん演じる十文字隼人はまだまだこの後のシリーズでも御庭番としてレギュラーを張る事となりました。

余談ですけど、十文字隼人ってどこかで聞いたことあるなあと思ったら、あの人気時代劇「大江戸捜査網」の主人公・十文字小弥太(演:杉良太郎)と同じく主人公の伝法寺隼人(演:里見浩太朗)を足したような名前なんですね(ホントどーでもいい話でスンマセン爆汗)

女隠密は第8シリーズが大竹一重さん演じるあやめ、第9シリーズが東風平千香さん演じる皐月となりました。

大竹さんは1990年代は数多くのVシネ作品に出演し、Vシネの女王の異名を取った美人女優さんですね。長身でスタイルもよく、実に時代劇映えする女優さんでした。

東風平さんは現在は結婚してアメリカ在住のようで、育児やヨガで忙しく、女優さんとしては休業状態のようです。詳しい近況などはこちらのブログに載ってますよ。

Chica便り from on the earth

スポンサーリンク



暴れん坊将軍10&11&12シリーズ 大森貴人&山口香緒里、松永香織

役名 俳優名 登場話数
十文字隼人 大森貴人(おおもりたかひと) Ⅹ第1話~Ⅻ10話
山口香緒里(やまぐちかおり) Ⅹ第1話~25話
あざみ 松永香織(まつながかおり) Ⅺ第1話~Ⅻ10話

男御庭番は第8、第9シリーズから引き続き大森貴人さんが第12シリーズまで演じました。ちなみにレギュラードラマの暴れん坊将軍はこの第12シリーズが最終シリーズとなります。

そして女御庭番は第10シリーズで渚役の山口香緒里さん、そして第11シリーズから第12シリーズまでを松永香織さんが演じられました。

ちなみに第10シリーズと第11シリーズの間に放送された「暴れん坊将軍800回新春スペシャル」では大森貴人&山口香緒里コンビが、第12シリーズの後に放送された「暴れん坊将軍最終回スペシャル」には大森貴人&松永香織コンビがお庭番役を務めています。

スペシャルドラマ2004&2008 篠塚勝&村井美樹、松田悟志&松永京子

役名 俳優名 登場話数
五郎太 篠塚勝(しのづかまさる) 2004新春スペシャル
佐助 松田悟志(まつださとし) 2008ドラマスペシャル
村井美樹(むらいみき) 2004新春スペシャル
松永京子(まつながきょうこ) 2008ドラマスペシャル

最終回スペシャル放送後の2004年に放送された新春スペシャルでは篠塚勝さん演じる五郎太と、村井美樹さん演じる楓のお庭番コンビ、2008年に放送された、現時点では最後の暴れん坊将軍の作品となっている2008年のドラマスペシャルでは松田悟志さん演じる佐助と松永京子さん演じる蛍の新お庭番コンビがお披露目されました。

五郎太を演じた篠塚勝さんは2代目女お庭番衆のさぎりを演じた朝加真由美さんの元夫( 放送時点では夫婦)であり、夫婦揃っての男女お庭番コンプリート(?)となりました。

五郎太とコンビを組んだ楓を演じた村井美樹さんは今や高学歴女優としてクイズ女王の名を欲しいままにしている才女です。特に感じの強さは芸能界一といってもいいかもしれないほどです。

2008スペシャルで佐助を演じた松田悟志さんは幾多のスターを生んでいるジュノンスーパーボーイコンテスト出身の俳優で、最近では時代劇での活躍が目立つ俳優さんです。斜陽といわれて久しい時代劇の明日を担う若手俳優の一人ですね。

蛍役の松永京子さん(現:楊原京子“やなぎはらきょうこ”)は俳優・金児憲史さんの妻です。

どのお庭番もスペシャル回限りというのがもったいない程ハマってましたよね。

江戸時代に8代将軍徳川吉宗が作った幕府要職の公儀御庭番衆

隠密として忍者のような諜報活動などを主に担当していた御庭番衆という存在は実際に江戸時代にありました。しかも江戸幕府八代将軍の徳川吉宗が創設した新ポストであるといわれています。その意味では暴れん坊将軍で隠密である御庭番衆が活躍しているのは、ある意味史実に忠実であるといってもいいかもしれません。

それにしても改めて見てみると豪華絢爛なメンバーですよね。美男美女、後に大物となる俳優さんや今では別ジャンルで活躍していらっしゃる芸能人さん・・

どの面々もやっぱりしっかりと実力を発揮して影に徹してドラマを引き締めているあたり、リアル御庭番衆といってもいいのかもしれませんね。

暴れん坊将軍のその他の主要キャストについては以下の記事もご参照ください。

暴れん坊将軍の歴代爺(じい)と大岡越前のキャスト一覧

暴れん坊将軍歴代の江戸町火消しのめ組組頭や小頭、姐さん

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ