テレビ時代劇版鬼平犯科帳歴代作品&長谷川平蔵役 松本幸四郎・中村吉右衛門親子から丹波哲郎、萬屋錦之介と超大物揃い

昭和の文豪・池波正太郎の傑作時代小説、「鬼平犯科帳」。

実在した江戸時代の火盗改方長官の長谷川平蔵宣以(はせがわへいぞうのぶため)をモデルにしたこの時代小説は、1967年(昭和42年)に連載開始されて以来今日まで多くの日本人に愛されてきた小説です。

さらにこの「鬼平犯科帳」は過去に何度も映像化されており、特にテレビドラマシリーズはどの作品も高い人気と評価を得た名作の呼び声高いものばかりです。そんな鬼平犯科帳の歴代のテレビドラマシリーズの概要、そして主役の「鬼の平蔵」を演じた主演俳優などをここではご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1969年NET版鬼平犯科帳 演:八代目松本幸四郎(まつもとこうしろう/58歳)

記念すべき「鬼平犯科帳」の初テレビドラマ化となったのがこちらの作品です。

主  演:八代目松本幸四郎(まつもとこうしろう)
放送期間:1969年10月17日~1970年12月29日(1S)
放送期間:1971年10月7日~1972年3月30日(2S)
放送時間:毎週火曜日21:00~(1S)
放送時間:毎週木曜日22:00~(2S)
放送回数:全91話(第ⅠS・65話+第2S・26話)
制作局 :NETテレビ(現:テレビ朝日)
音  楽:山下毅雄
※1Sは第1シリーズ、2Sは第2シリーズの略。

テレビドラマにおける初代長谷川平蔵は歌舞伎役者の八代目松本幸四郎さん。ドラマ放送開始時には満58歳でした。素晴らしい威厳と風格を兼ね備えた、火付盗賊改方長官の長谷川平蔵という男のオーラを見事に表現していました。時代劇専門チャンネルでの放送が初見だったのですが、さすがとうならされたというのが正直なところでした。

当代の松本幸四郎さんは九代目であり、歌舞伎役者の七代目市川染五郎さん、女優の松本紀保さん、松たか子さんのお父様であり、歌舞伎だけではなくミュージカル「ラ・マンチャの男」の上演回数日本記録達成や大河ドラマ「黄金の日日」、民放の「王様のレストラン」など、数々の名演を見せてくれている日本の宝です。八代目松本幸四郎さんはこの九代目松本幸四郎さんのお父さんに当たられる方ですね。

松本幸四郎さんの父という事は、当然幸四郎さんの実弟である二代目中村吉右衛門さんのお父さんでもあるという事。吉右衛門さんといえば、多くの若い世代の人たちにとっては長谷川平蔵の化身のような存在でもある俳優さんです(吉右衛門さんの作品はまた後ほど‥笑)。

後に「鬼平犯科帳」で長谷川平蔵を演じる事となる次男の中村吉右衛門さんですが、実はこのお父さん主演の「鬼平犯科帳」第2シリーズで平蔵の長男である長谷川辰蔵宣義役でレギュラー出演、親子共演を果たしています。

親子二代の長谷川平蔵役が実現したのがこのドラマの放送開始からちょうど20年後の1989年、時代はまさに昭和が終わって平成元年となった時です。

1975年NET版鬼平犯科帳 演:丹波哲郎(たんばてつろう/52歳)

八代目松本幸四郎さん主演に続いて二代目長谷川平蔵を生み出した作品がこちらです。

主  演:丹波哲郎(たんばてつろう)
放送期間:1975年4月2日~9月24日
放送時間:毎週水曜日21:00~
放送回数:全26話
制作局 :NETテレビ(現:テレビ朝日)
音  楽:山下毅雄

二代目長谷川平蔵はあの霊界研究家としても名高い、我々の世代では「タンバリン」と呼ばれて親しまれた国際的名優の丹波哲郎さん。放映開始時の年齢は52歳でした。007シリーズをはじめとして海外の名作に数多く出演して国際的名声も高い丹波さんですが、個人的にはやはり「キイハンター」や「Gメン75」といった刑事もの、そして大河ドラマや娯楽時代劇など、時代劇のイメージが非常に強い俳優さんですね。

冒頭で池波正太郎さんによる「鬼平犯科帳」の連載開始が1967年と書きましたが、松本幸四郎さんの第1作目の「鬼平犯科帳」放送開始からこの丹波さん主演の鬼平までの間に池波さんの新作がかなり書き上げられており、松本幸四郎版にはなかった新作エピソードが多数を占めるシリーズがこの丹波哲郎による「鬼平犯科帳」なのです。

この丹波哲郎さんの鬼平は、ただただひたすらに“カッコイイ”です。やはりこの方の持つ“華”というのは持って生まれた天賦の才だといってもいいと思います。黒木警視正にしろこの長谷川平蔵にしろ、こんな上司がいれば命を賭けてやってやろうと思える程にカリスマ性あふれる鬼の平蔵となっていますね。

スポンサーリンク



1980年NET版鬼平犯科帳 演:萬屋錦之介(よろずやきんのすけ/47歳)

八代目松本幸四郎、丹波哲郎という大御所の次、三代目平蔵となったのがこちらの作品。

主  演:萬屋錦之介(よろずやきんのすけ)
放送期間:1980年4月1日~9月30日(1S)
放送期間:1981年4月14日~10月13日(2S)
放送期間:1982年4月20日~10月12日(3S)
放送時間:毎週火曜日21:00~
放送回数:全79話(第ⅠS・27話、第2S・26話、第3S・26話)
制作局 :テレビ朝日
音  楽:木下忠治
※1Sは第1シリーズ、2Sは第2シリーズ、3Sは第3シリーズ

ご存知戦後の名優、“よろきん”の愛称で知られた時代劇スター、萬屋錦之介さんが三代目鬼の平蔵となりました。ドラマ放送開始時の年齢は47歳という、役者として脂の乗り切った年齢でした。

いやはや・・松本幸四郎に丹波哲郎、そして萬屋錦之介・・凄いメンツです、凄すぎます(苦笑)。日本の演劇界の重鎮ばかりです。逆に言えばこの「長谷川平蔵」を演じるにはそれだけの役者でなければならないという事でもあるのかもしれません。まあ確かにそれも納得できるほどの名作ですよね。

リアルタイムで初めて見た長谷川平蔵はわたしの場合この作品になります(多分オンタイムだったはず‥爆汗)。

よってこの作品が自分の中の鬼平の基準となっていますね、未だに。

ヨロキンさんのオーラはさすがという他なく、他の誰にも真似の出来ない長谷川平蔵像を作り出していらっしゃいます。足掛け3年にわたっての3シリーズというこれまでの作品の中では最も長期間のシリーズ化となったのも頷ける出来なのですが、「子連れ狼」や「破れシリーズ」等主演作でのよろきんの豪快かつ見事な殺陣に魅せられた自分の率直な感想としては、もっと萬屋錦之介の殺陣を見たかったな・・という感じでしょうか。それだけがちょっと物足りないですね。すみません、よろきんファンの贅沢な不満ですので気にしないでください(苦笑)

1989年フジテレビ版鬼平犯科帳 演:二代目中村吉右衛門(なかむらきちえもん/45歳)

そして、恐らくわたしたち以下の世代の人間にとっての鬼平の決定版ともいうべきシリーズが1989年にいよいよスタートする事となりました。

主  演:二代目中村吉右衛門(なかむらきちえもん)
放送期間:1989年7月12日~2001年5月22日(全9S)
放送時間:毎週水曜日20:00~(1~8S)毎週火曜日19:59~(9S)
放送回数:全136話(第9S分、単発スペシャル等は含まず)
制作局 :フジテレビ
音  楽:津島利章

ハッキリ言って、今の自分的には鬼平といえばこの作品という事となってしまいますね。それくらいに圧倒的というか、とにかく名作中の名作です。さすがは若き日の中村吉右衛門さんに対して、原作者である池波正太郎さんから長谷川平蔵役にとの直々のご指名があっただけの事はあります。はまり役とはまさにこのドラマにおける吉右衛門さんが演じる長谷川平蔵の事をいうのでしょう。吉右衛門さんは断り続けていた鬼平のオファーを、ようやく史実で長谷川平蔵が火付盗賊改方長官となった実年齢を超えたということで大役を受けられました。

もちろん、それまでの松本幸四郎さん、丹波哲郎さん、萬屋錦之介さんも素晴らしいです。素晴らしいのですが、やはりこのドラマには敵いません。

主人公の鬼平役の中村吉右衛門さんの凄さは当然として、脇のキャストの俳優もとにかく素晴らしい。キャスティングしたスタッフの眼力たるや尊敬に値するといっていいでしょう。密偵も同心たちも盗賊も・・とにかく全ての役者さんが素晴らしかったです。特に放送開始の初期作品の配役は神懸っており、まさに奇跡のキャストといっていいと思います。

さらにオープニングの津島利章氏による血沸き肉躍る勇壮なテーマ曲、そしてエンディング曲のジプシー・キングスの「インスピレイション」。この曲をチョイスするセンス・・本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

原作小説、主演、脇役、音楽、そしてスタッフ・・全てが最高のレベルで化学反応を起こした奇跡のドラマがこの中村吉右衛門版「鬼平犯科帳」です。時代劇好きを自負するのであればこのドラマは避けては通れないでしょう。それくらいの作品です。ボキャブラリーが少なくて申し訳ないですが、「素晴らしい」という言葉しか出てこない名作中の名作です。

 

というわけで、これまでにテレビドラマにおいてレギュラー放送された「鬼平犯科帳」は4作品。

前述したようにどの役者さんも凄い面々です。まさに日本の演劇界を代表してきたお歴々です。

そんな大御所たちが演じてきた鬼平犯科帳ですが、わたしたちは幸運なことに、CS・BSなどの多チャンネルやソフト化技術の進化などによってこれらの名作を簡単に見られる時代に生まれることが出来ました。

これまでの時代劇を担ってきた名優やスタッフたちの結晶ともいうべき作品を楽しめるのはありがたいのですが、同時に沸き起こってくるのが日本におけるこれからの時代劇です。作品を見る度にますます時代劇の火は絶やしてはならん!という思いが強くなるのですが・・

ちなみに、ここでご紹介した各主人公別の「鬼平犯科帳」に登場する歴代の主要キャラクターを演じた俳優さんについてはこちらの記事をご覧ください。

鬼平犯科帳の密偵&火付盗賊改方与力・同心歴代主要キャスト

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ