2020年の大河ドラマ予想 時代設定や主人公の性別等を歴代データから紐解く!主役は男?女?何時代?

2020年といえば、日本中が熱狂の渦に巻き込まれる事になるであろう、東京オリンピックイヤー。

このメモリアルイヤーに向けて各種団体や業界などでも様々な趣向やイベントを今から企画していますが、日本を代表するドラマ枠である大河ドラマも例外ではありません。東京オリンピック前年の2019年には実に33年振りとなる近現代史大河ドラマとなる「いだてん~東京オリムピック噺~」で1964東京五輪を題材にして翌年のオリンピックムードを盛り上げる事が既に決定しています。

ここでは、未だ決定していない「いだてん」の翌年、2020年の大河ドラマの予想を行ってみたいと思います。

スポンサーリンク



大正・昭和の近現代史、幕末と続いた直近2年。やはり2020大河は戦国時代か??

2020年の大河ドラマ予想ですが、まずはドラマの題材となる時代設定について予想してみましょう。

放送年   タイトル      ドラマの時代

2019  いだてん      近現代史
2018  西郷どん      幕 末
2017  おんな城主直虎   戦 国
2016  真田丸       戦 国
2015  花燃ゆ       幕 末
2014  軍師官兵衛     戦 国
2013  八重の桜      幕 末
2012  平清盛       源平争乱
2011  江~姫たちの戦国  戦 国
2010  龍馬伝       幕 末
2009  天地人       戦 国
2008  篤姫        幕 末
2007  風林火山      戦 国
2006  功名が辻      戦 国
2005  義経        源平争乱

これは、2019年までの15年間における大河ドラマの舞台となった時代設定です。

このデータを見れば、大河の時代設定として圧倒的に戦国時代が多い事がお分かりになるのではないでしょうか(ここでは戦国三傑が出るドラマは戦国時代にカテゴライズしています)。そしてこのデータを見れば、ある程度2020年大河ドラマで取り上げられる時代設定も予想できそうです。

そう、2020大河の最有力候補はやはり「戦国時代もの」でしょう。

この15年間のデータを見れば、戦国時代大河が3年連続で選ばれなかったという事例がありません。2018西郷どんで幕末、2019いだてんで近現代史(明治~昭和)と、2年間戦国大河は制作されておらず、その意味では2020年は2017おんな城主直虎以来の戦国大河ドラマとなる可能性が高いというわけです。

とはいえ15年以上前に遡ってみると、3年以上のスパンで戦国ものが無かった時代も何度かありますので、前例が無いわけではありません。直近では1974年「勝海舟」から1977年「花神」まで4年間戦国時代大河が無い事もありました(1984~1986年の近現代大河三部作は除く)。

近年においては顕著になりつつある、戦国大河とそれ以外の大河の視聴率格差(戦国大河の方が高視聴率の傾向)を考えても、やはり2020年大河は戦国時代ものとなる事が濃厚と考えます。個人的には80%以上の確率で戦国大河と見ます。

女性主人公ターンの2020だが、花燃ゆと直虎の低視聴率が影響で3年連続男主人公も?

2020年大河の時代設定に続きまして、大河ドラマ主人公の性別について考えてみたいと思います。

放送年   タイトル      主人公の性別

2019  いだてん      男&男
2018  西郷どん      男
2017  おんな城主直虎   女
2016  真田丸       男
2015  花燃ゆ       女
2014  軍師官兵衛     男
2013  八重の桜      女
2012  平清盛       男
2011  江~姫たちの戦国  女
2010  龍馬伝       男
2009  天地人       男
2008  篤姫        女
2007  風林火山      男
2006  功名が辻      女&男
2005  義経        男

2005年以降、主人公はほぼほぼ男性主人公と女性主人公が1年おきに交互にローテーションしているのがここ最近の傾向です。女性主人公が2年続いた例はなく、男性主人公が続いた例はありますが、2005年以降では3年連続で男主人公となった例はありません。この辺りも大きなヒントとなるでしょう。

2018年と2019年の大河ドラマは2年連続で男性主人公の作品となっています。こうなると、2020年は俄然女性主人公というのが濃厚という事となるでしょう。

ただし、女性主人公は題材となる主人公候補が少ないという課題があるうえ、直近の女性主人公作品である2作品、「花燃ゆ」が歴代平均視聴率ワースト1位タイで「おんな城主直虎」が戦国大河史上ワースト視聴率という、直近の女主人公2作品がともに大河ドラマ歴代視聴率ワースト3に入る程に不振を極めたという事もあり、ひょっとしたら男性主人公を3年連続で続けるという可能性も意外と高いのではと思います。

とはいえ、やはりこれまでの傾向を考えると女性主人公の可能性高しといえるのは間違いないでしょう。個人的には2002年大河の「利家とまつ」(唐沢寿明&松嶋菜々子主演)や2006年「功名が辻」(上川隆也&仲間由紀恵主演)のような夫婦による男性&女性のW主人公の可能性もあると考えます。

スポンサーリンク



2020大河大胆予想 本命、対抗、穴、大穴のテーマは一体どの英雄に

  • 時代背景は戦国時代(安土桃山~江戸初期含む)
  • 主人公は女性(夫婦による男女W主人公もあり)

戦国時代という中世以前の時代においては、今とは比較にならないほどの男尊女卑社会であり、女性が活躍した例が極端に少なく、幕末ものや近現代史以上に女性主人公を探すのは難しいと思います。しかしそれは逆に予想しやすいという事にもなります。

というわけで、早速わたしの予想する2020年大河ドラマを本命、対抗、穴、大穴として競馬予想方式で発表したいと思います。

◎本命 立花宗茂&立花誾千代

〇対抗 おつやの方(岩村殿)

△穴  北条五代(早雲、氏綱、氏康、氏政、氏直)

✖大穴 山中鹿介幸盛

どうでしょうか。一部願望も入っていますが(笑)、上位勢はガチで予想してみました。結構イイ線いってると思うんですけどね。皆さんの予想と比べて如何でしょうか。

立花宗茂&誾千代は大本命だが、おつやの方、北条早雲からの五代記も有力候補

まず大本命の◎は、猛将・高橋紹運の実子で雷神・立花道雪の養子、女傑・立花誾千代(ぎんちよ)の夫として名将の名をほしいままにした立花宗茂とその妻・誾千代。波乱万丈のその人生は、妻の立花誾千代という女城主の存在とともに、大河ドラマにこれほどふさわしい夫婦はいません。いつかは大河主役にはなるでしょうが、それが2020年だと予想します。

立花宗茂の大河登場についてはこちらの記事もご参照ください。

九州戦国大名を大河ドラマ主役に!

そして〇本命がおつやの方。一般的にはあまり知名度は高くありませんが、歴史ファンには人気の高い女城主です。織田信長の叔母でありながら敵将と恋に落ち、信長を裏切って武田方について最後は信長によって夫とともに処刑という、悲劇的な最期を遂げたドラマチックな女性です。織田だけではなく、武田や徳川といった戦国の有名どころも総出演させられるという部分は大きな強みであり、その劇的な人生は、最近の大河ドラマで目立つ恋愛要素を絡める事が出来るという大きなメリットもあります。NHKは以前このおつやの方を「歴史秘話ヒストリア」でも取り上げており、その意味でも可能性は大いにあるといえるでしょう。

続いては、男性主人公をチョイスした場合の保険で「後北条五代記」を。下剋上の祖ともいえる北条早雲からはじまり、小田原の陣で秀吉に滅ぼされた五代・氏直までの北条家の興亡を描く壮大な歴史絵巻です。まさに大河ドラマの名にふさわしいですよね。北条早雲、そして信玄・謙信と並び称される三代目の名将・北条氏康三代はいつ来てもおかしくない戦国の超大物ですので、戦国時代濃厚な2020大河で来ても不思議ではないでしょう。

大穴は超個人的願望も込めて(苦笑)、山陰の英雄、麒麟児と呼ばれた山中鹿介幸盛で。鹿介が34歳で亡くなるという尺的問題でダメなら、80歳以上まで生きた尼子経久でも(笑)。自分が生きてる間に何とか大河主人公になってくれればいいなと思っています。皆さん応援よろしくお願いします(涙)。良かったらこちらの関連記事も見ていってください。

山中鹿之助(しかのすけ/鹿介)幸盛主人公で大河ドラマを!

つーわけで、まあ当たるも八卦当たらぬも八卦という事で。皆さんもこうやって発表前に色々考えてみてはいかがでしょう。これもまた大河ドラマの一つの楽しみ方って事で。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

One Response to “2020年の大河ドラマ予想 時代設定や主人公の性別等を歴代データから紐解く!主役は男?女?何時代?”

  1. 真田丸以上の大河は無い 断言! より:

    どう考えても「真田丸」以上の大河は絶対に現れない。

    ヒット作を出したいなら、脚本は三谷幸喜一択。
    極力真田幸村に近い人物(山中鹿之介など)を出し、真田丸に近い「どん底に落ちた者が最後に命をかける」という作風にするべきだ。

コメントを残す

このページの先頭へ