2時間サスペンス人気シリーズ 伊東四朗&羽田美智子「おかしな刑事」とスピンオフ「おかしな弁護士」

次々とドラマ枠が廃止されていき、年々制作される本数が少なくなっていく一方の2時間ドラマ。

そんな中、前身の「土曜ワイド劇場」時代から数少ない2時間ドラマ枠として孤軍奮闘するテレビ朝日系列の「日曜ワイド」。

この「土曜ワイド劇場」時代から「日曜ワイド」へ変わった現在でもテレ朝系2時間サスペンスの中でも人気シリーズとして生き残っているのが「おかしな刑事」シリーズ。

ここではそんな「おかしな刑事」シリーズやそのスピンオフドラマなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



日曜ワイドの平均視聴率の倍以上の高視聴率を記録した「おかしな刑事」最新作

まずは簡単な「おかしな刑事」についての作品紹介から行きましょう。

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局 ドラマ枠
おかしな刑事 16作 2003年~ 伊東四朗
羽田美智子
テレビ朝日 土曜ワイド劇場
日曜ワイド

主要レギュラーキャスト

鴨志田新一:伊東四朗
岡崎真実 :羽田美智子
姉小路行人:石井正則(アリtoキリギリス)
坂下純次 :小倉久寛
星田耕介 :ベンガル→佐渡稔
大崎通夫 :伊東孝明
白石裕子 :真瀬樹里
工藤係長 :飯田基佑
木村新  :まいど豊
和田一朗 :福本伸一
鈴木秀樹 :鈴木浩司
諸星雄一 :諸星敦
田中局長 :上杉祥三
五十嵐進 :駿河太郎
三浦由紀子:田島令子
川村千秋 :河本千明

2017年12月時点において、16作が制作されているこの「おかしな刑事」。

2017年3月で40年近い歴史に終止符を打った、テレ朝の土曜夜の看板番組であり、同時に日本における2時間ドラマの歴史を作ってきたといってもいい「土曜ワイド劇場」。その通称“土ワイ”が終了してその後継枠として始まったのが、日曜午前10時という、2時間ドラマ枠としては異例の日中放映となった「日曜ワイド」。

土ワイで放映されていた人気二時間ドラマで、日ワイになった後も引き続きシリーズ継続となっているシリーズは意外と少ないのは2時間ドラマファンには非常に寂しいところなのですが、そんな数少ない土ワイからの生き残り作品のうちの一つこそ、この「おかしな刑事」なのです。

ちなみに、日曜ワイドで放送された「おかしな刑事」最新作となる(2017.12月時点)第16作は平均視聴率7.4%という数字をたたき出し、当時の日曜ワイド枠の最高視聴率を記録しました。この数字は、それまでの日曜ワイドの平均視聴率が3.6%であったことを考えれば、この午前中の時間帯において倍以上の7.4%というのがどれほど凄い数字かがお分かりいただけるのではないでしょうか。

亀井刑事役や近松丙吉役で2サスお馴染みの伊東四朗が父・鴨志田刑事役に

二時間ドラマ冬の時代といってもいい現在の状況で人気シリーズとして生き残っているこの「おかしな刑事シリーズ」の特徴が、W主演であるという事です。

そのうちの一人が伊東四朗さん。名コメディアンであり名優でもある、2時間ドラマではもはや外せない大御所といってもいい存在です。

2時間ドラマでのキャリアとして、まず真っ先に思い浮かぶのは、“亀さん”こと亀井定雄刑事役で戸津川警部役の故・渡瀬恒彦さんと名コンビを組んだTBS系列「十津川警部シリーズ」です。実に54作というシリーズ数は、同一主人公での2時間ドラマシリーズものの作品数では断トツの1位という、まさに「二時間サスペンスのレジェンド」と呼ばれる名作であり、その準主人公という役割を担っていぶし銀の働きをしたのがこの伊東四朗さんだったのです。

助演作の他に人気主演作もあります。

中でもテレビ東京系列の「多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉(ちかまつへいきち)」シリーズは2001年の放映開始以来、現在まで全13作を数えるテレ東2時間サスペンスの代表シリーズともなっています。

尚、このドラマで伊東さんが演じている鴨志田新一(かもしだしんいち)は、警視庁東王子警察署の叩き上げの刑事(警部補)役です。同じく東王子警察署の刑事課に所属している大崎刑事役の伊東孝明さんとは1作目からリアル親子共演で息の合った演技を見せてくれています。

スポンサーリンク



羽田美智子(はだみちこ)は鴨志田の娘、エリート警視の岡崎真実役でW主演

伊東四朗さんとピッタリ息の合ったW主演のもう一人が、岡崎真実(おかざきまさみ)役の女優・羽田美智子(はだみちこ)さん。

キャンギャルとして芸能界デビューを果たした後は女優として順調にキャリアを重ね、現在ではドラマ・映画で欠かせない主演級として大活躍中です。

個人的に羽田美智子さんといえば、昼ドラ「花嫁のれん」ですね。W主演となる姑役の野際陽子さんとの壮絶な嫁姑対決は東海テレビ昼1時30分の昼ドラの歴史に残る名作でした。事実、この「花嫁のれん」は2010年に第1シリーズが放送されると、その後は2015年まで実に4シリーズが作られる程の人気を博したのです。

そんな羽田美智子さんが本作で演じるのは、伊東四朗さん演じる鴨志田新一の実の娘であり、警視庁の警視というエリート・岡崎真実。両親が離婚して母親に引き取られたために新一とは姓が違うのですが、警察関係者を中心とした周囲にも一部を除いては親子であることを隠しているという微妙な間柄です。

そんな微妙でちょっとおかしな関係性の刑事親子が繰り広げるのがこの「おかしな刑事」の肝ともいえる部分でもあります。

姉小路行人(アリキリ石井)主人公のスピンオフドラマ「おかしな弁護士」

上述したように、現在の2時間ドラマのシリーズものの中でもトップクラスの人気を誇っているこの「おかしな刑事シリーズ」。その人気の高さは、この「おかしな刑事」から派生した作品、つまりスピンオフドラマが作られている事からも見て取る事が出来るでしょう。以下がそのスピンオフ作品です。

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局 ドラマ枠
おかしな弁護士 2作 2017・2018年 石井正則 テレビ朝日 日曜ワイド

主要レギュラーキャスト

姉小路行人:石井正則(アリtoキリギリス)
武井昭一 :正名僕
森聡子  :月岡鈴
大崎通夫 :伊東孝明
白石裕子 :真瀬樹里
工藤係長 :飯田基佑
三浦由紀子:田島令子

鴨志田新一:伊東四朗
岡崎真実 :羽田美智子

おかしな刑事シリーズでは第1作目からのレギュラーキャストである姉小路行人役の石井正則さんが主演するという、「おかしな刑事」のスピンオフ作品です。主役を務めるのが、ボキャブラ世代のお笑いコンビ、アリtoキリギリスでブレイクし、現在は俳優ヤナレーターとして活躍中の石井正則さん。

石井さんが演じるのが鴨志田新一の旧友の息子であり、新一・真実親子が住む家の大家であり、また同居人でもある姉小路行人。最初は弁護士を目指す司法浪人生だったのですが、長い浪人生活を経てめでたく合格し、現在は武井昭一法律事務所で働く新人弁護士であります。おかしな刑事ではサポート役のこの姉小路行人が主人公となって事件を解決するのがこの「おかしな弁護士」なのです。

レギュラーキャストは姉小路以外も「おかしな刑事」の常連ばかりです。上の出演主要メンバーは全員「おかしな刑事」のレギュラーキャストなのです。当然ながら特別出演待遇で伊東四朗さんと羽田美智子さんも出演されています。

とにかく何とも豪華なスピンオフ2時間サスペンスなのです。「おかしな刑事」に続き、この「おかしな弁護士」もまた人気シリーズとして長期レギュラードラマとなりそうです。

 

2時間ドラマ受難の時代にあって人気シリーズとして新作を発表し続けている「おかしな刑事」シリーズと、昨今のスピンオフドラマブームを受けて「おかしな刑事」から派生した「おかしな弁護士」。

これからどれだけシリーズ作を積み重ねていくのか注目したいですね。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ