高視聴率連発のNHK朝ドラ『あさが来た』に妾問題発生!?歴史をそのまま描くことの難しさよのぅ

最近、4歳になるうちの娘が

「あさ~のそらをみあ~げて きょうといういちにちが~」

とよく口ずさんでいます。

「なんの歌??」

って聞いたら

「あさが来たの主題歌」

って答えたので、NHKの朝ドラ「あさが来た」の存在を知りました。

人気らしいですね。少し前に人気になった同じ朝ドラ「マッサン」や「花子とアン」の視聴率を早くも超えているというだけでもその人気の高さが分かるというものです。

さて、そんな「あさが来た」にまつわる気になるニュースをネットで見かけたのでちょっとご紹介します。

NHK『あさが来た』 諸々配慮して妾の存在を隠し通す方針か

「あさが来た」は、実在の人物である広岡浅子という人物をモデルに描いた作品です。この広岡浅子という人物は戦前を代表する女性実業家であり、女性教育者としても名を残した女傑です。

そんな広岡浅子はもともと妾の子であるのですが、ここまでの放送ではそんな事情は全く触れられていません。さらに男子に恵まれなかった浅子の夫は後に妾を取って男子を産ませ、その男子は大同生命の社長になるのですが、この先の放送でもそんな「妾」に関する史実を無視するのでは?との推測の記事なのです。そして、この妾を登場させるかどうかで視聴者や識者の間で賛否両論巻き起こっているらしいのです。

Sponsored Link

んで、妾はどうすんの?

妾というのは「あさが来た」で描写されている時代、明治初期には当たり前の慣習でした。由緒ある家柄であればあるほど、当時の女性には男子を産むことが求められます。家名存続のためです。子供を産めなかったり、産んだとしても女子しか生まれなかったら、若くて健康な女性を妾として迎え入れ男子を産ませます。それでも駄目なら娘婿を迎えるという手もありますが、基本的には直系の男子に家を継がせるというのが基本でした。今の時代ですと、

「男尊女卑だ、けしからん」

とか

「時代遅れも甚だしい」

などという猛烈な批判を浴びる事でしょう。が、そういう時代だったのです。今の時代に至るまでの過渡期として必要な時代であったと自分は思います。このような時代を経たからこそ、今の時代があるんだと思っています。

このような「妾」に対する視聴者の声についてNHKは

「広岡浅子さんの人生をそのまま描くドラマではありませんので、ご理解をいただければ幸いです」

と答えているそうです。うーん、確かにドラマの主人公の名前は「白岡あさ」になっていますね。ノンフィクションを基にしたフィクションドラマってスタンスでしょうか。だとしたら、都合の悪い(というか、面倒になりそうな)部分は省くことが出来そうです。

「うん、こりゃあ妾はスルーだなw」

ってのが私の結論です(笑)

 

正直、朝ドラをほとんど見ない自分にとっては(というより時間的に見れませんw)、NHKが朝ドラでこの「妾」を取り上げようが取り上げまいがそんなに興味はありません。しかし、個人的な意見としては、主人公の生い立ちやその後の人生など、物語の根幹にかかわる部分を変えたり無視したりするのはどうかと思います。それなら、完全なフィクションにすべきです。実在の人物をモデルにしたドラマですが、あくまでフィクションですので・・・というのは何とも中途半端ですね。「逃げ道」を作っているような気さえします。色々な方面からの批判の逃げ道を。

Sponsored Link

負の歴史ももちろんあるけど、それも含めての今なんじゃないの?

今回の朝ドラに関する議論は、大河ドラマファンの自分的にはここ最近の大河ドラマにおけるもやもや感を思い起こさせる議論でもあります。

ここ最近の大河ドラマでやたらと気になるのが、登場人物の過剰なまでの平和主義です。

戦国時代の武将たちが口々に

「平和のための戦なのじゃ」「天下泰平のために戦うのじゃ」

とか言い、戦国を生きる女性たちが

「戦はなりませぬ」

などと夫である武将や大名に意見する場面など多くないですか?

ハッキリ言ってこんなセリフを聞くたびに興醒めしてしまいます。

当時は戦が当たり前の時代です。武士というのは戦が仕事です。戦で手柄を立てて出世していくのです。

武士にとっての戦とは、大名クラスにとっては家名存続と領地の拡大・維持のためであり、武将クラスにとっては出世のためなのです。織田信長や豊臣秀吉、徳川家康クラスの天下人ともなれば、「天下を統一して戦の無い世の中を」という部分も多少はあったのかもしれませんが、基本的にそれ以外の大名・武将クラスにとって戦は生きるための物であり、仕事という意味合いの強いものなのです。

「戦は嫌だ」などというのは、これはもう「仕事すんのやだよ」っていうのと同じような事なのです。

それほど戦国時代における戦というものは常に身近にあるものであり、生活の一部と言っていいものだったとも言えます。もちろん戦など無い方がいいというのはほとんどの人が思っていたことでしょう、それは間違いないと思います。しかしそれを公に口に出すのもはばかられる時代であり、まして女性が武士である主人に対して「戦はダメです」などと意見具申するなどあり得ないのです。男尊女卑の最たる時代と言ってもいい時代なのですから。

何度も言いますが、そんな時代だったのです。

歴史というのは、点ではなく線でとらえなければ全体の流れが見えて来ません。昔、予備校の先生に口酸っぱく言われた言葉です。

歴史全体の流れを見てみれば日本が現在のような(もちろん完全ではないにせよ)男女同権に近い社会になったのは歴史の積み重ねの結果であり、昔の男尊女卑の時代もまた現在に至る経緯として必然だったと思うのです。

だからこそ、妾だとか戦だとかという今で考えれば歴史の負の部分と言えるようなところもしっかり描いてほしいのです。そうする事によって視聴者にも正しい歴史認識が生まれると思うのですがどうでしょうか。

 

今回の朝ドラにせよ大河ドラマにせよ、何でそんなに当時の歴史背景とか価値観を無視して無理やり現在の価値観に当てはめようとするのでしょうか。

あくまで時代劇なのですから、当時の風習や価値観のままで何ら問題ないと思うのですが。逆に時代劇だからこそ現代ドラマで無理な表現もしやすいんではないでしょうか。というか、それが真実ですし。

真実を描いても真実をそらしてもどうせ苦情が来るのだったら、史実通りにやってみればいいのにって意見はわたしだけ?

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

コメントを残す

このページの先頭へ