“あいくるしい”神木隆之介、本郷奏多に市原隼人や綾瀬はるか、沢尻エリカ出演の野島ドラマの伝説的凄さ

過去のドラマや映画を見ていて面白いと思うのは、稀に「この作品今じゃあキャスティング絶対無理だよなあ」と思うような、奇跡のキャスティングのドラマ・映画がある事ですね。今はビッグネームだけど、当時はまだ駆け出しだったりでそれほどメジャーじゃなかったという、そんな大物がたくさん出ていたという作品です。

ここではそんな「奇跡のキャスティング」が実現したドラマの一つ、2005年の「あいくるしい」をご紹介しましょう。

スポンサーリンク



2005年のTBS日曜劇場ドラマ「あいくるしい」とは?

ジャンル:ホームドラマ
放送期間:2005年4月10日~6月26日
ドラマ枠:日曜劇場
放送時間:毎週日曜日21:00~21:54
放送回数:全11話
制作局 :TBSテレビ
脚  本:野島伸司
演  出:吉田健、平川雄一朗、那須田淳
音  楽:千住明
主題歌 :マイケル・ジャクソン
主  演:市原隼人

日本ドラマ史に残る偉大なる脚本家・野島伸司の手掛けた2005年の連続ドラマがこの「あいくるしい」です。

野島伸司といえば、過激なストーリー展開や取り扱う題材等で有名なのですが、「ひとつ屋根の下」、「ひとつ屋根の下2」という、フジテレビ月9で高視聴率の金字塔を打ち立てた、日本史に残るホームドラマを制作したという実績がある脚本家でもあります。

そんな野島伸司が久々に挑んだ本格的ホームドラマがこの「あいくるしい」であり、そういう意味でも野島ファンにはかなり人気の高いドラマです。

マイケル・ジャクソン14歳時の初の全米1位曲「ベンのテーマ」を主題歌に

人気脚本家・野島伸司が「ひとつ屋根の下2」以来挑んだホームドラマ、「あいくるしい」。

音楽を手掛けるのは野島伸司作品ではお馴染みの千住明さん。こちらも現代の日本を代表する作曲家の一人であり、この「あいくるしい」の独特のファンタジックかつあたたかな雰囲気を絶妙に表現してくれています。

そして主題歌はこれまた野島作品ではお馴染みとなった懐かしい洋楽からのチョイス。今回「あいくるしい」ではあの「世界のMJ」ことマイケル・ジャクソンの「ベンのテーマ(洋題:BEN)」。

んー、野島伸司さんは本当にドラマ主題歌の選曲のセンスが素晴らしいですよね。まさかMJの「BEN]を持ってくるとは・・。マイケルの兄たちとの兄弟グループ、ジャクソン5(後ジャクソンズへと改名)で既に天才歌手の評価を得ていたマイケル・ジャクソンのソロ転向2ndアルバムに収録されている、1972年公開の映画「ベン」の主題歌になった曲ですね。マイケルにとっては初のビルボードチャート1位を獲得した曲です。

マイケルの曲の中でもキャリア初期を代表する、本当にいい曲です。泣けますね。そしてこの曲がまたこのドラマに素晴らしくマッチしてるのです。野島伸司の描く家族愛とマイケルの切ないメロディとが融合して・・とにかく泣けるのです。

若手の市原隼人を主演、綾瀬はるかをヒロインに抜擢、天才子役・神木隆之介も

この「あいくるしい」がホームドラマであることは既に言いましたが、その中心となる家族が、静岡県の伊豆に住んでいる真柴家。この真柴家を中心に描かれていきます。真柴家のキャストが以下の通りです。

長男・真柴 豪  市原隼人
長女・真柴みちる 綾瀬はるか
次男・真柴 幌  神木隆之介
次女・真柴 唄  松本梨菜
父 ・真柴徹生  竹中直人
母 ・真柴由美  原田美枝子
祖父・真柴明示  杉浦直樹

豪華なメンバーですね。何より凄いのが、このドラマが12年前のドラマであるという事です。ぶっちゃけ、この頃の市原隼人さんや綾瀬はるかさんはまだまだ駆け出しの若手俳優にすぎませんでした。

市原隼人さんは前年に「WATERBOYS2」で連ドラ初主演を果たしはしたものの、まだまだ若手有望株的ポジションでしたし、綾瀬はるかさんも前年2004年に「世界の中心で愛を叫ぶ(通称:セカチュー)」のテレビドラマ版でヒロインを演じて注目され始めたばかりの頃でした。

このまだまだ若手注目株と呼ばれた長男長女の二人に加えて、既に天才子役の名をほしいままにしていた神木隆之介くん、同じく子役の松本梨菜ちゃん、そして実力派ベテランの竹中直人・原田美枝子さんの両親役で、おじいさんに野島ドラマの常連俳優、大御所の杉浦直樹さん。この面々が主人公となる真柴家の面々です。

母親役の真柴由美が病魔に侵され、それぞれが残された日々をどう過ごしていくか?そして最愛の人を亡くした家族はその後どう生きていくのか?必要以上に泣かせようといういやらしさのようなものはわたしは感じません。でもだからこそ訴えかけるものがありますね。特にわたし的には、こんな素晴らしい子どもたち、夫を残して旅立つ母の心境を考えたら胸が切なくなります。この辺りの描写はさすが野島伸司とうならされます。皆が自然体であるが故に余計に琴線に触れるんですよね。

スポンサーリンク



本郷奏多(ほんごうかなた)、志保、大後寿々花(おおごすずか)ら名子役多数の虹色の戦士たち

この「あいくるしい」のトップクレジットは真柴家の長男役の市原隼人となっています。主演は市原隼人という事になるのですが、もう一人の実質的な主人公が真柴家の次男・真柴幌(ましばほろ)役の神木隆之介くんです。ハッキリ言って、このドラマでもその天才子役の名を欲しいままにする演技力は十分に発揮しています。子役の中では別格といってもいいほどです。

泣いた事のない心優しき少年、真柴幌がお母さんの病気の快復を願って集めたのが、7人の「虹色の戦士」たち。この幌と虹色の戦士たちというのは、真柴家の物語と並ぶこのドラマの重要なテーマとなっています。そして幌が集めた虹色の戦士たちを演じた子役たちもなかなかのメンツなのです。

緑色:真柴 幌 神木隆之介
紫色:南雲 愁 本郷奏多
赤色:坂巻奈々 志保
黄色:原沢聖子 後藤果萌
空色:花井耕作 春山幹介
夜色:羽生章司 中屋力
橙色:天野未来 大後寿々花

神木隆之介くんはこのドラマの主人公クラスなので当然だとしても、その他のメンバーもなかなかです。

まずはクールな紫色の戦士・南雲愁を演じた本郷奏多さん。今や押しも押されもせぬ若手実力派俳優であり、数多くの主演作も持つ売れっ子です。そんな本郷奏多さんもこのドラマでミステリアスな少年役を演じて人気を博しました。

赤色の戦士、坂巻奈々役の志保さんと橙色の戦士、天野未来役の大後寿々花(おおごすずか)さんも子役から大人の女優へと脱皮していまでも多くの作品で活躍していますね。

他の三人、後藤果萌さんと春山幹介さん、中屋力さんに関しては残念ながら休業中であったり引退状態であったりするようで、数年前から目立った活動をしていませんが、移り変わりが激しく、子役から大人の俳優への脱皮が難しく廃業する人が多いといわれている子役界からこれだけの人数が今でもバリバリに活躍しているというのは凄いことです。このドラマのスタッフのキャスティング能力の高さを感じますよね。

沢尻エリカ、小栗旬が脇役‥?さらに桜井幸子や高橋克実、南果歩らの実力派も

「あいくるしい」の大きな二つの軸、母親の病気をめぐる真柴家の愛情と、虹色の戦士をめぐる真柴幌の成長ストーリー。この2つに大きく関わってくる重要人物たちは、上にご紹介したキャラクター以外にもたくさんいます。しかもそれがまた・・豪華すぎるのです(笑)。まあ主だったところをご紹介しますね。

木崎ほのか 沢尻エリカ
矢口淳一  小栗旬
原沢千秋  南果歩
原沢篤   浅野和之
中川竜一  萩原聖人
花井芳夫  高橋克実
花井京子  高橋ひとみ
南雲夕子  桜井幸子
瀬戸政希  田中幸太朗
須藤義明  田中健

田中健さんとか桜井幸子さんらは野島伸司ドラマの常連さんですよね。桜井さんはご存知、あの「高校教師」のヒロイン役です。

目を引くのはやはり、聾啞者である木崎ほのか役の沢尻エリカさんと、エリート医師・矢口淳一役の小栗旬さんでしょう。この二人がバリバリの(?)脇役で出ているのです。役柄は真柴家の長男長女、市原隼人さんと綾瀬はるかさんと心を寄せ合う役どころです。脇なのですがやっぱり二人ともオーラが尋常ではありません。

そして高橋克実さんや南果歩さん、萩原聖人さんといった安定の名優たち・・

本当に全てにおいて豪華なドラマです。そしてそんな豪華なキャストを生き生きとしているのが野島伸司さんの素晴らしいストーリーなのです。

野島伸司の最高傑作(?)「世紀末の詩」に近いファンタジー色溢れるドラマ

テレビ業界を取り巻く環境は年々厳しくなってきており、テレビドラマなどは平均視聴率は10%を超えればとりあえず合格点といわれるほどに視聴者離れを引き起こしています。

かつては高視聴率ドラマを連発して、ヒットメイカーの名をほしいままにした人気脚本家・野島伸司さんもそんな状況の中で、以前ほどの人気作を生み出せていないという現状があります。

しかし個人的にはこの「あいくるしい」は素晴らしいドラマだと思います。野島伸司が21世紀になって送り出した作品の中では一番好きかもしれません。

ドラマ的にはホームドラマという事で、「ひとつ屋根の下」シリーズと比較されるかもしれませんが、ハッキリ言って全くベクトルが違いますね。ホームドラマですが比較対象ではないと思います。

敢えていうのであれば、わたしの大好きな「世紀末の詩」に近いかもしれません。人間の持つピュアな心、人間の持つファンタジックな一面をクローズアップした空気感、価値観などは近いところがありますね。

野島作品らしく、視聴者に多くを感じ、考えさせてくれる余白も多くあるこのドラマ。家族とは?愛とは?もう一度このドラマを見てそれぞれに問いかけてくれます。見たことのない方は是非見てください。そして大事な何かをそれぞれに感じ取ってほしいですね。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ