歴代2時間ドラマのシリーズ作品数最多ランキング 現役も旧作もサスペンス・ミステリーの名作や名優が勢ぞろい

かつて1980年代~1990年代にはテレビ各局で多くの2時間ドラマ枠がしのぎを削り、その中から数多くの名作が生まれた2時間ドラマ。中にはその後何十年にもわたってシリーズ化されて人気を博していくドラマも生まれました。

そこで、これまでに各局で制作された歴代の2時間ドラマのシリーズものを、作品数の多い順にランキング形式にしてそのトップ31をご紹介していきたいと思います。

ちなみに、作品数は2017年10月現在のものです。シリーズものであっても主人公役が途中で変わっている場合は、主人公を同一俳優さんが演じた回数でカウントしていますのでご了解ください。

スポンサーリンク



31位~21位 シリーズ継続は全部テレ朝作品。日テレ火サスドラマもランクイン

まずは31位(中途半端ですが‥汗)から21位までの作品を一気にご紹介していきましょう。

順位 シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
31 刑事・鬼貫八郎 18作 1993年~2005年 大地康雄 日本テレビ
31 事件 18作 1993年~ 北大路欣也 テレビ朝日
31 TBS版浅見光彦シリーズ(沢村一樹) 18作 2000年~2012年 沢村一樹 TBS
31 信濃のコロンボ事件ファイル 18作 2001年~2009年 中村梅雀 テレビ東京
31 温泉㊙大作戦 18作 2004年~ 森口瑤子 テレビ朝日
26 美人殺しシリーズ 19作 1981年~1997年 愛川欽也 テレビ朝日
黒沢年男
26 取調室 19作 1994年~2003年 いかりや長介 日本テレビ
26 警視庁鑑識班 19作 1996年~2005年 西村和彦 日本テレビ
26 狩谷父娘シリーズ 19作 2000年~ 藤谷美紀 テレビ朝日
26 検事・朝日奈耀子 19作 2003年~ 真野あずさ テレビ朝日
22 地方記者・立花陽介 20作 1993年~2003年 水谷豊 日本テレビ
22 新・女検事 霞夕子(鷲尾いさ子) 20作 1994年~2003年 鷲尾いさ子 日本テレビ
22 万引きGメン・二階堂雪 20作 1998年~2011年 木の実ナナ TBS
22 おとり捜査官・北見志穂 20作 1998年~ 松下由樹 テレビ朝日
21 警部補 佃次郎 21作 1996年~2005年 西郷輝彦 日本テレビ

※赤字は現時点(2017.10月)でシリーズ継続中である、又は継続中の可能性の高いもの

全15作品中シリーズ継続中のドラマが5作品。継続中のドラマシリーズは全てテレビ朝日系列で放送されている二時間ドラマですね。

その他で目立つのが日テレ系のシリーズものです。なんと6本もの作品がランキング内に。既に10年前に2時間ドラマ枠を無くしたのにも拘らずのこの凄さ。やはり「火曜サスペンス劇場」など、全盛期の勢いの凄さがしのばれますね。だからこそ逆に今でも続いていたら‥なんてふと考えてしまうんですけどね(苦笑)

11位~20位 主役俳優逝去によって終了の京都殺人案内と江戸川乱歩美女シリーズ

順位 シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
20 弁護士・朝日岳之助 23作 1989年~2005年 小林桂樹 日本テレビ
19 江戸川乱歩の美女シリーズ(天知茂) 25作 1977年~1985年 天知茂 テレビ朝日
15 混浴露天風呂連続殺人事件 26作 1982年~2007年 古谷一行 テレビ朝日
木の実ナナ
15 家政婦は見た 26作 1983年~2008年 市原悦子 テレビ朝日
15 温泉若おかみの殺人推理(東ちづる) 26作 1996年~ 東ちづる テレビ朝日
15 終着駅シリーズ(片岡鶴太郎) 26作 1996年~ 片岡鶴太郎 テレビ朝日
14 小京都ミステリー 30作 1989年~2001年 片平なぎさ 日本テレビ
11 京都殺人案内 32作 1979年~2010年 藤田まこと テレビ朝日
11 名探偵・金田一耕助シリーズ 32作 1983年~2005年 古谷一行 TBS
11 税務調査官・窓際太郎の事件簿 32作 1998年~ 小林稔侍 テレビ朝日

※赤字は現時点(2017.10月)でシリーズ継続中である、又は継続中の可能性の高いもの

上記ドラマが作品数11位から20位の2時間ドラマシリーズとなっています。なんと10作品中7本がテレ朝。残る2ドラマが日テレで1本がTBSと、ほぼテレ朝1局で独占状態となっていますね。

そんな中での現役作品は3作品ですね。個人的に残念だったのが、「京都殺人案内」シリーズと「江戸川乱歩の美女シリーズ」の2作。それぞれ主演の藤田まことさん、天知茂さんの死去によってシリーズ終了となりましたが(江戸川乱歩は主人公交代)、お二人とも健在であればもっともっと記録を伸ばしていたのは間違いないでしょう。まだまだたくさんのシリーズを見てみたかった作品なのでそこが惜しいですね。

スポンサーリンク



10位 牟田刑事官事件ファイル(小林桂樹“こばやしけいじゅ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
牟田刑事官事件ファイル 33作 1983年~2007年 小林桂樹 テレビ朝日

戦後を代表する名優・小林桂樹さん主演の牟田刑事官シリーズが33作で堂々のトップ10入りです。2010年にお亡くなりになった小林さんですが、この作品も体調不良の影響で後半は製作ペースが減ったのが残念です。それがなければもっと作品数は伸びていたでしょう。

個人的にはドラマ中での大女優・津島恵子さんとの夫婦ぶりが印象的でしたね。まさに「お似合いの夫婦」という言葉がピッタリでした。

8位 弁護士・高林鮎子(眞野あずさ“まのあずさ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
弁護士・高林鮎子 34作 1986年~2005年 眞野あずさ 日本テレビ

「火サス」で人気を博した日テレの「火曜サスペンス劇場」の人気シリーズだったこの「弁護士・高林鮎子」シリーズ。

主人公の真野あずささん演じる鮎子と、橋爪功さん演じる補助者の竹森慎平の名コンビぶりが懐かしいですね。大御所・丹波哲郎さんが演じた草鹿所長も印象深いです。こう見てみると豪華メンバーですよね。

8位 西村京太郎トラベルミステリー(三橋達也“みはしたつや”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
西村京太郎トラベルミステリー 34作 1979年~1999年 三橋達也 テレビ朝日

西村京太郎さんの傑作シリーズ、十津川警部とカメさんこと亀井刑事の活躍を描いたロングセラーものです。テレビ朝日版の初代十津川警部は三橋達也さんでした。

1979年からの大映・朝日放送によるシリーズ3作と、1981年からの東映・テレ朝によるシリーズ31作品で計34作となりました。ちなみに東映版で三橋さんの代役として天知茂さんと高島忠夫さんが代役で十津川省三を演じた2作はカウントしていません。

ちなみに相棒の亀井刑事役は、大映の3作品は綿引勝彦さん(当時の芸名は綿引洪)で東映でのシリーズは全て愛川欽也さんとなっています。

7位 西村京太郎トラベルミステリー(高橋英樹“たかはしひでき”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
西村京太郎トラベルミステリー 35作 2000年~ 高橋英樹 テレビ朝日

テレ朝版十津川警部シリーズの「西村京太郎トラベルミステリー」で二代目十津川省三を演じている高橋英樹さん、見事に初代の三橋達也さんの主演回数を抜いて7位にランクインです。

1970~80年代から続く作品が多い中、2000年からの歴史でこのランキングは凄いの一語です。これからも記録を伸ばしてくれることでしょう。

ちなみに相棒の亀さん役は、最初の24作が愛川欽也さんでその後が高田純次さんとなっています。

6位 赤い霊柩車シリーズ(片平なぎさ“かたひらなぎさ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
赤い霊柩車シリーズ 36作 1992年~ 片平なぎさ フジテレビ

フジテレビで放映されている2時間ドラマシリーズを代表する人気シリーズとして長期間にわたって親しまれているのがこの「赤い霊柩車シリーズ」。山村美紗さんの原作(原作作品名は“葬儀屋社長石原明子シリーズ”)であり、娘の山村紅葉さんも事務員の良恵(よしえ)さん役でレギュラー出演していらっしゃいます。

このドラマには、山村美紗さんの作品における人気キャラクターである狩矢警部こと狩矢荘助も出ています。演じるのは若林豪さん。まさにハマり役です。

スポンサーリンク



5位 監察医・室生亜季子(浜木綿子“はまゆうこ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
監察医・室生亜季子 37作 1986年~2007年 浜木綿子 日本テレビ

テレ朝の土曜ワイド劇場と並ぶ2時間ドラマ枠の老舗であった日テレの「火曜サスペンス劇場」。その火サスの中で最多シリーズ回数を誇るのがこの「監察医・室生亜季子」。主演は今を時めく香川照之さんの母、元宝塚の大女優・浜木綿子さんです。読みは“はまゆうこ”さんです。“はまもめんこ”とか“はまきわたこ”とか読んではいけません(笑)。

火サスから始まった日テレ2時間ドラマ枠、その最後となった2007年3月27日、四半世紀以上に渡ったその歴史の最終回を飾ったのがこの「監察医・室生亜季子」です。その最終回には同じく日テレ2時間ドラマの人気シリーズの主人公・佃次郎(西郷輝彦)と霞夕子(真矢みき)が特別出演を果たしています。まさに大団円でしたね。

4位 フジテレビ版浅見光彦シリーズ(中村俊介“なかむらしゅんすけ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
浅見光彦シリーズ 38作 2003年~ 中村俊介 フジテレビ

フジテレビ制作・放送の二時間ドラマの最多作品シリーズとして続くのが、人気推理小説作家・内田康夫さんの名作小説を原作とする、この「浅見光彦シリーズ」。フジテレビ版初代の榎木孝明さんからバトンを受けた二代目浅見光彦の中村俊介さんとなって既に38作を数えます。

初代光彦の榎木孝明さんが兄・陽一郎役を演じるこのシリーズですが、1作目から浅見兄弟の母役を演じ続けてきた野際陽子さんが亡くなられたのは本当にショックです。2年以上も新作が作られていないのも併せてシリーズの今後が心配ですね。

3位 タクシードライバーの推理日誌(渡瀬恒彦“わたせつねひこ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
タクシードライバーの推理日誌 39作 1992年~2016年 渡瀬恒彦 テレビ朝日

小説家・笹沢左保さんの「夜明日出夫(よあけひでお)シリーズ」を原作としたこの大人気シリーズ、名優・渡瀬恒彦さんの俳優キャリア後半における当たり役の一つとなりました。

2017年3月に渡瀬さんが癌によって他界されたのに伴ってシリーズは終了となりましたが、BSやCSなどでもこのシリーズは頻繁に再放送されており、二時間ドラマ好きなうちの母などは、「まだ渡瀬さんが亡くなったとは思えんわ‥」と言いながら毎日のように見ています。本当に素晴らしい作品の数々ありがとうございましたと言いたいですね。

2位 法医学教室の事件ファイル(名取裕子“なとりゆうこ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
法医学教室の事件ファイル 43作 1994年~ 名取裕子 テレビ朝日

名取裕子さん主演の人気シリーズ、「法医学教室の事件ファイル」。二時間ドラマとしての第1作目は1994年からですが、その前には2度の連ドラ化もされるほどの人気シリーズとして親しまれてきました。

1994年から続くこのシリーズですが、2017年までの24年間、製作されなかった年は1年たりともありません。主戦場としていた「土曜ワイド劇場」枠は残念ながら無くなってしまいましたが、後継枠となった「日曜ワイド」やクールの合間に放送される「ミステリースペシャル」での更なる飛躍を期待したいコンテンツですよね。

1位 TBS版十津川警部シリーズ(渡瀬恒彦“わたせつねひこ”)

シリーズ名 作品数 放送期間 主演 放送局
十津川警部シリーズ 54作 1992年~2015年 渡瀬恒彦 TBS

数ある名シリーズの中で堂々の1位に輝いたのがこのTBSの「十津川警部シリーズ」。十津川省三を演じた主演の渡瀬恒彦さんは3位の夜明日出夫役に続くトップ3入りという快挙です。さらに驚くべきは54作品という驚異の数字。この作品本数は2位に10作以上の差をつける圧倒的なものです(2017.10月時点)。

テレビ朝日、フジテレビ、日テレなど、他局もこぞって十津川警部シリーズを放送している中でのこの数字。これはもはや驚異的といってもいい本数でしょう。

渡瀬恒彦さんの逝去により、渡瀬さんの十津川警部、伊東四朗さんの亀さんコンビが見れないと思うと寂しいの一語に尽きます。後継の内藤剛志さんによる「新・十津川警部シリーズ」にそんな寂しさを吹っ切ってもらうような名シリーズ化を期待したいですね。

素晴らしい作品を残してくれた先人のためにも2時間ドラマの存続を・・

いかがでしたでしょう、2時間サスペンスドラマのシリーズ作品数ランキング。未だにバリバリ新作が制作され放送されているドラマもあれば、思わず「あったなぁ、懐かしい」と声をあげたくなる作品もあったのではないでしょうか。

個人的には、上位にランクインした作品中で主人公を演じられていた俳優さんの中でも既に鬼籍に入られた名優さんたちが特に懐かしかったといいますか、もう新しい作品が見れないのが寂しく感じたといいますか・・

渡瀬恒彦さん、小林桂樹さん、三橋達也さん、天地茂さん、藤田まことさん、いかりや長介さん、愛川欽也さん・・皆さん本当に素晴らしい作品を残してくださったことに改めて感謝したいという気持ちです。同時に、テレビに携わる人たちには、これからも何としてもこの「2時間ドラマ」という日本独自の文化を守っていってほしいと痛切に思いましたね。素晴らしい作品を残していってくれた先人のためにも・・

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ