歴代内角総理大臣の血液型一覧 首相向きは何型?日本国のトップに立った政治家の体に流れた血は?

日本人の中に強く流れるのが、「血液型信奉」。科学的根拠は一切ないといわれながら、現在に至るまで日本人の多くの人が血液型による相性や性格診断などに興味を持っている事からもその根強さは明らかでしょう。血液型別の診断などへの興味は世界中の国の中でも一際高いものがあるといわれています。

そんな血液型ですが、では日本を代表する日本の顔ともいうべき「日本国総理大臣」の血液型って何型なのでしょう。そして歴代の総理大臣の血液型から何か見えてくるものがあるのでしょうか。

そんな興味をお持ちの方は是非最後までお読みいただければと思います。

スポンサーリンク



日本人のA型、B型、O型、AB型の分布割合

歴代の総理大臣の血液型を見ていただく前にまず、日本人の血液型の分布割合を簡単にご紹介しておきましょう。以下がおおよその日本人の血液型の割合となります。

A型 約38%

O型 約31%

B型 約22%

AB型 約9%

大まかな覚え方としては、A型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割と覚えておけば覚えやすいかもしれませんね。A・O・B・ABの順に4・3・2・1という割合です。このデータを頭に入れておいてから歴代総理大臣の血液型統計データを見てみると、よりその違いがお分かりになると思います。

歴代日本国総理大臣40代から98代まで35人の血液型一覧

それでは日本国の歴代総理大臣の血液型をご紹介しましょう。ちなみに紹介する内閣総理大臣は、当然ながらハッキリと血液型が判明している人のみご紹介します。当然ながら昔になればなるほど血液型はほぼ不明という状態となるのは致し方のないところであり、血液型が判明している最も古い総理は、第40代の東條英機首相ということになっており、当然ながらデータはそれ以降の総理ということになるのですが、東条総理以降にも小磯国昭首相などは血液型が不明となっており、東條首相以降の血液型不明の総理はデータには含んでいません。

代数 内閣総理大臣名 血液型
40代 東條英機
とうじょうひでき
B型
42代 鈴木貫太郎
すずきかんたろう
O型
43代 東久邇宮稔彦王
ひがしくにのみやなるひこおう
O型
44代 幣原喜重郎
しではらきじゅうろう
O型
45・48~51代 吉田茂
よしだしげる
O型
46代 片山哲
かたやまてつ
O型
47代 芦田均
あしだひとし
A型
52~54代 鳩山一郎
はとやまいちろう
A型
55代 石橋湛山
いしばしたんざん
O型
56・57代 岸信介
きしのぶすけ
O型
58~60代 池田勇人
いけだはやと
O型
61~63代 佐藤栄作
さとうえいさく
A型
64・65代 田中角栄
たなかかくえい
B型
66代 三木武夫
みきたけお
A型
67代 福田赳夫
ふくだたけお
O型
68・69代 大平正芳
おおひらまさよし
O型
70代 鈴木善幸
すずきぜんこう
O型
71~73代 中曽根康弘
なかそねやすひろ
O型
74代 竹下登
たけしたのぼる
B型
75代 宇野宗佑
うのそうすけ
A型
76・77代 海部俊樹
かいふとしき
A型
78代 宮澤喜一
みやざわきいち
AB型
79代 細川護熙
ほそかわもりひろ
O型
80代 羽田孜
はたつとむ
O型
81代 村山富市
むらやまとみいち
O型
82・83代 橋本龍太郎
はしもとりゅうたろう
AB型
84代 小渕恵三
おぶちけいぞう
A型
85・86代 森喜朗
もりよしろう
O型
87~89代 小泉純一郎
こいずみじゅんいちろう
A型
90・96~98代 安倍晋三
あべしんぞう
B型
91代 福田康夫
ふくだやすお
A型
92代 麻生太郎
あそうたろう
A型
93代 鳩山由紀夫
はとやまゆきお
B型
94代 菅直人
かんなおと
O型
95代 野田佳彦
のだよしひこ
B型

述べ35名の日本国内閣総理大臣経験者の血液型です。日本の顔ともいえる存在なだけあって、さすがにわたしが物心ついて以降の総理は全て知っていますし、その他の総理も全員名前は知っている人物ばかりです。

スポンサーリンク



圧倒的多数を誇るO型首相 実にA+B+ABの数に肉薄

歴代総理の血液型をご紹介したところで、早速その内訳を血液型毎にわけてご紹介しましょう。過去の総理大臣の血液型の分布は以下のような数字となりました。

A型  10人 

O型  17人 

B型   6人  

AB型  2人 

となっています。

これを日本人の平均分布と比較してみましょう。

A型  28.6%(日本人平均約38%)
O型  48.6%(日本人平均約31%)
B型  17.1%(日本人平均約22%)
AB型  5.7%(日本人平均約 9%)

日本人平均を上回っているのはO型のみ。A型、B型、AB型はいずれも日本人の平均値を下回っています。特にA型とAB型は大きく下回る結果となっています。

A、B、ABの各血液型と比してO型の数字は驚異的といってもいい数字です。実に全35総理大臣のうち実に半数に限りなく近い17人の日本国内閣総理大臣を輩出しています。サンプル数が35と少ないので統計的意味は無いという見方もできるかもしれませんが、それにしてもこの偏りはかなりのものといっていいとわたしは思います。血液型診断などでよくいわれる、「O型は政治家向き」という指摘を裏付ける結果が出ているという事はいえるのでしょう。もちろん、血液型診断の方がこのデータを知っていてそう書いているのかもしれませんが(笑)

首相在職日数2年未満の短命内閣だった内閣総理大臣は何型が多い?

もう一つ、データを取ってみましょう。

総理大臣の中でも総在職日数が2年未満(730日未満)で終わった総理と、2年以上(730日以上)に渡って総理大臣に在職し、長期政権を築いた総理、この2つのタイプの総理大臣を血液型別に見てみたいと思います。

在職総日数2年未満の総理大臣

代数 内閣総理大臣名 血液型
42代 鈴木貫太郎
すずきかんたろう
O型
43代 東久邇宮稔彦王
ひがしくにのみやなるひこおう
O型
44代 幣原喜重郎
しではらきじゅうろう
O型
46代 片山哲
かたやまてつ
O型
47代 芦田均
あしだひとし
A型
55代 石橋湛山
いしばしたんざん
O型
67代 福田赳夫
ふくだたけお
O型
68代 大平正芳
おおひらまさよし
O型
74代 竹下登
たけしたのぼる
B型
75代 宇野宗佑
うのそうすけ
A型
78代 宮澤喜一
みやざわきいち
AB型
79代 細川護熙
ほそかわもりひろ
O型
80代 羽田孜
はたつとむ
O型
81代 村山富市
むらやまとみいち
O型
84代 小渕恵三
おぶちけいぞう
A型
85・86代 森喜朗
もりよしろう
O型
91代 福田康夫
ふくだやすお
A型
9²代 麻生太郎
あそうたろう
A型
93代 鳩山由紀夫
はとやまゆきお
B型
94・95代 菅直人
かんなおと
O型
96代 野田佳彦
のだよしひこ
B型

21人が在職2年未満で総理の座を退いています。この血液型別のデータを取りますと以下のようになります。

A型   5人 23.8%(日本人平均約38%)

O型  12人 57.1%(日本人平均約31%)

B型   3人 14.3%(日本人平均約22%)

AB型  1人  4.8%(日本人平均約 9%)

O型の総理は短命に終わった人が非常に多いですね。A、B、ABに関しては総理大臣総数の平均よりも下回っています。

2年以上の長期政権となった首相の血液型と平均値との剥離は?

そして下が在職総日数が2年以上の歴代総理大臣です。

代数 内閣総理大臣名 血液型
40代 東條英機
とうじょうひでき
B型
45・48~51代 吉田茂
よしだしげる
O型
52~54代 鳩山一郎
はとやまいちろう
A型
56・57代 岸信介
きしのぶすけ
O型
58~60代 池田勇人
いけだはやと
O型
61~63代 佐藤栄作
さとうえいさく
A型
64・65代 田中角栄
たなかかくえい
B型
66代 三木武夫
みきたけお
A型
70代 鈴木善幸
すずきぜんこう
O型
71~73代 中曽根康弘
なかそねやすひろ
O型
76・77代 海部俊樹
かいふとしき
A型
82・83代 橋本龍太郎
はしもとりゅうたろう
AB型
87~89代 小泉純一郎
こいずみじゅんいちろう
A型
90・96~98代 安倍晋三
あべしんぞう
B型

首相在任期間が2年以上の内閣総理大臣は14人。この14人の血液型別のデータを取りますと以下のようになります。

A型  5人 35.7%(日本人平均約38%)

O型  5人 35.7%(日本人平均約31%)

B型  3人 21.4%(日本人平均約22%)

AB型 1人  7.1%(日本人平均約 9%)

A型とB型は長期政権となった総理が多いというデータが出ています。逆にO型は長期政権となった総理数は5/17人という事となっており、17人のO型を輩出というその分母(総人数)の割に2年以上在職した総理は5人と多くなく、A型と同数となっています。

まとめ サンプル数が少なすぎて統計の意味なし!と笑うなかれ??

というわけでいかがでしたでしょうか。過去の日本における歴代総理大臣の血液型。

このネタ自体は、様々なテレビ番組や雑誌の企画などで結構有名なデータといってもいいでしょう。O型は政治家向きという結論に導くためによく使用されているデータでもあります。

しかしこう見てみると、O型は圧倒的といってもいい数字をたたき出しており、サンプル数は少ないのですがなかなか興味深い偏りを見せています。

個人的にはこれからO型以外の総理が次々と誕生して日本人の平均値である4・3・2・1に収まり、「やっぱり政治家に向き不向きの血液型なんてないよねー」ってな結論に至るのを非O型の小生としては願うところです(笑)

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ