日本の各都道府県の旧国名(令制国)一覧 別称の州名や読み方も!北海道から九州まで全国各地の昔の地名

現在は47ある日本の各都道府県。日本国内における行政区画の中でも最もメジャーなのが都道府県ですが、これが出来たのは明治時代であり、それ以前の行政区分は令制国(律令国)が用いられていました。

都道府県が完全に浸透した現在でも、令制国の名はまだ色濃くわたしたちの身近にありますよね。例えば、我が鳥取県でも神話である「因幡の白兎(しろうさぎ)」の因幡とか、中国地方を代表する大山はその美しさから「伯耆富士」と呼ばれている伯耆というのは、令制国時代の鳥取県の地名でもあります。他にも戦艦の名としても有名な「大和」や「武蔵」、ブランド牛の名で知られる「近江」や「飛騨」、さらに時代劇などで有名な吉良上野介や大岡越前の上野と越前など、全て令制国における地名なのです。

ここではそんな令制国における地名を、現在の各都道府県のどこに相当する地域なのかをご紹介したいと思います。なお、ここでご紹介する令制国は、特に断りのない場合は平安時代から江戸時代末までの区分であり、奈良時代以前や戊辰戦争後のものは反映していません。

あなたの故郷は江戸時代以前は何という名前だったのでしょうか。

スポンサーリンク



北海道・東北地方:北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
陸奥国 むつのくに 青森県全域
岩手県全域
宮城県全域
福島県全域
秋田県北東部
奥州(おうしゅう) 秋田県は小坂町と鹿角市
出羽国 でわのくに 山形県全域
秋田県北東部以外の全域
羽州(うしゅう) 秋田県は小坂町と鹿角市以外

江戸時代以前の北海道・東北地方の令制国はこの陸奥・出羽の2ヵ国のみでした。奥州・羽州どちらもとにかく広く、日本の令制国上で面積の広さでは1・2位を独占していました。

「おいおい北海道は?」という方もいらっしゃるでしょう。北海道が令制国として登場するのは戊辰戦争後の1869年(明治二年)の事です。「蝦夷国(えぞのくに/蝦夷地)」という呼び名自体は有りましたが、それはあくまで俗称であって、戊辰戦争後まで令制国としては存在していなかったのです。

というわけで、戊辰戦争後の1869年に改められた北海道・東北地方の令制国もご紹介しておきましょう。広大な広さを誇った陸奥国と出羽国も分割されています。

旧国名 読み方 現都道府県 備考
陸奥国 むつのくに
りくおうのくに
青森県全域
岩手県二戸郡
陸中国 りくちゅうのくに 岩手県のほぼ全域
秋田県小坂町・鹿角市
岩手県は二戸郡と県南部・南東部以外
陸前国 りくぜんのくに 岩手県南部と南東部
宮城県南部以外の全域
羽前国 うぜんのくに 山形県のほぼ全域 山形県の飽海郡と酒田市南部以外
羽後国 うごのくに 秋田県のほぼ全域
山形県飽海郡・酒田市北部
秋田県は小坂町・鹿角市以外
磐城国 いわきのくに 宮城県南部
福島県浜通り・中通り南部
岩代国 いわしろのくに 福島県西部
渡島国 おしまのくに 北海道道南
後志国 しりべしのくに 北海道道南~道央
胆振国 いぶりのくに 北海道道南~道央
石狩国 いしかりのくに 北海道道央
天塩国 てしおのくに 北海道道北
北見国 きたみのくに 北海道道北~道東
日高国 ひだかのくに 北海道道央
十勝国 とかちのくに 北海道道東
釧路国 くしろのくに 北海道道東
根室国 ねむろのくに 北海道道東
歯舞群島と色丹島含む
千島国 ちしまのくに 国後島・択捉島

この後(1869年以降)、上記令制国にはいくつかの再編はありましたが、1882年(明治15年)には廃藩置県が施行されたために上記の令制国は13年という短い期間で終わりを告げました。その割には現代人にも浸透していると思いませんか?

関東地方:群馬県・栃木県・茨城県・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
上野国 こうずけのくに 群馬県全域 上州(じょうしゅう)
下野国 しもつけのくに 栃木県全域 野州(やしゅう)
常陸国 ひたちのくに 茨城県ほぼ全域 常州(じょうしゅう) 茨城県南西部は下総国
上総国 かずさのくに 千葉県中部 総州(そうしゅう)
下総国 しもうさのくに 千葉県北部
茨城県南西部
埼玉県旧中葛飾郡
東京都東辺
総州(そうしゅう) 東京は隅田川東岸が該当
安房国 あわのくに 千葉県南部 房州(ぼうしゅう)
安州(あんしゅう)
南総(なんそう)
武蔵国 むさしのくに 埼玉県旧中葛飾郡以外全域
東京都23区と多摩地域
神奈川県横浜市と川崎市
武州(ぶしゅう) 東京は島嶼と東辺以外
相模国 さがみのくに 神奈川県北東部以外全域 相州(そうしゅう) 川崎市・横浜市以外

関東地方に関しては、山梨県は関東地方には入れずに甲信越地方としました。

関東地方は千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県辺りの令制国がかなり入り組んでいる印象です。特に千葉県などは下総国、上総国、安房国で3分割されていた状態です。現在の人口ベースで行くと武蔵国が圧倒的ですね。東京都のほぼ全域と埼玉県ほぼ全域に加えて川崎市と横浜市という2大巨大都市も含んでいたのですから。

甲信越地方:山梨県・長野県・新潟県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
甲斐国 かいのくに 山梨県全域 甲州(こうしゅう)
信濃国 しなののくに 長野県全域
岐阜県中津川市の一部
信州(しんしゅう) 中津川市の旧山口村と神坂村
越後国 えちごのくに 新潟県本州全域 越州(えっしゅう)
佐渡国 さどのくに 新潟県佐渡市(佐渡島) 佐州(さしゅう)
渡州(としゅう)

甲信越地方といえば、やはり戦国時代のファンとしては甲斐の虎・武田信玄と越後の龍・上杉謙信の本拠地がある地方として胸が熱くなりますね。甲斐は現在の山梨県で越後は新潟県となります。この地域はあまり現在の県境をまたいだ令制国が少なく、現在の都道府県区分と比べるとかなり覚えやすい旧国名となっていますね。

スポンサーリンク



北陸地方:富山県・石川県・福井県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
越中国 えっちゅうのくに 富山県全域 越州(えっしゅう)
能登国 のとのくに 石川県北部(能登半島) 能州(のうしゅう) かほく市・河北郡の一部以北
加賀国 かがのくに 石川県南部 加州(かしゅう) かほく市・河北郡の一部以南
越前国 えちぜんのくに 福井県嶺北地方と敦賀市
岐阜県郡上市の一部
越州(えっしゅう) 岐阜県郡上市白鳥町石徹白
若狭国 わかさのくに 福井県南部の敦賀市以外 若州(じゃくしゅう)

令制国時代は新潟も含めて北陸道と呼ばれていた北陸地方は、現在の北陸各県の形と比べるとかなり入り組んだ令制国となっていました。特に石川県は能登半島側と二分するような形で能登国と加賀国に別れていました。加賀といえば前田利家で有名な前田100万石のお膝元として有名です。福井県も越前国と若狭国と二カ国に別れてたんですね。

東海地方:静岡県・愛知県・三重県・岐阜県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
駿河国 するがのくに 静岡県中部・北東部 駿州(すんしゅう) 大井川以東
遠江国 とおとうみのくに 静岡県西部 遠州(えんしゅう) 大井川以西
伊豆国 いずのくに 静岡県伊豆半島
東京都伊豆諸島
豆州(ずしゅう)
三河国 みかわのくに 愛知県東部 三州(さんしゅう)
参州(さんしゅう)
境川以東
尾張国 おわりのくに 愛知県西部 尾州(びしゅう) 境川以西
伊勢国 いせのくに 三重県北中部
愛知県弥富市の一部
愛知県愛西市の一部
岐阜県海津市の一部
勢州(せいしゅう)
志摩国 しまのくに 三重県鳥羽市・志摩市 志州(ししゅう) 志摩半島東端
伊賀国 いがのくに 三重県伊賀市・名張市 伊州(いしゅう)
飛騨国 ひだのくに 岐阜県北部
(高山市・飛騨市・大野郡と下呂市の一部)
飛州(ひしゅう)
美濃国 みののくに 岐阜県南部 濃州(じょうしゅう)

東海地方は1県1令制国が無い地域で、現在の県は複数の令制国で構成されています。中でも愛知県の尾張国は織田信長の出身地、三河国は徳川家康の出身地としてあまりにも有名な地名ですね。

両国以外にも、信長が本拠地とした美濃国や忍者で有名な伊賀国、家康が晩年を過ごした駿河国、2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台となった遠江国など、戦国ファンには馴染み深い国名が並んでいます。

近畿地方:京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
山城国 やましろのくに 京都府南部 城州(じょうしゅう)
山州(さんしゅう)
雍州(ようしゅう)
丹後国 たんごのくに 京都県北部 丹州(たんしゅう)
北丹(ほくたん)
奥丹(おうたん)
丹波国 たんばのくに 京都府中部
兵庫県北東部
大阪府北部
丹州(たんしゅう)
大和国 やまとのくに 奈良県全域 和州(わしゅう)
紀伊国 きいのくに 和歌山県全域
三重県南部
紀州(きしゅう)
河内国 かわちのくに 大阪府東部 河州(かしゅう)
和泉国 いずみのくに 大阪府南西部 泉州(せんしゅう) 大和川以南
摂津国 せっつのくに 大阪府北中部の大半
兵庫県南東部
摂州(せっしゅう)
近江国 おうみのくに 滋賀県全域 江州(ごうしゅう)
播磨国 はりまのくに 兵庫県南西部 播州(ばんしゅう)
但馬国 たじまのくに 兵庫県北部 但州(たんしゅう)
淡路国 あわじのくに 兵庫県淡路島・沼島 淡州(たんしゅう)

五畿七道では都の周囲の畿内五国(山城、大和、摂津、河内、和泉の五ヶ国)を含む近畿地方は、大和国や近江国、河内国、伊勢国、播磨国といった令制国の中でも大国に分類される国力の高い国が多く存在した、まさに長い間日本の中心となっていた地域です。

滋賀県や奈良県に関してはほぼ一国一県となっていますが、その他はかなり複雑です。特に大阪や京都、兵庫に関しては複数の令制国に別れていました。簡単に捕捉しますと、摂津国は淀川以北に大阪市ほぼ全域、尼崎市や西宮市全域に神戸市のほぼ全域を含む豊かな国でした。神戸市の西側の一部は播磨国に属していました。御所のあった京都市は山城国でした。河内国は東大阪市や寝屋川市、八尾市、富田林市、松原市に堺市の東区や美原区も含んでいます。和泉国は堺市の大半に岸和田市、阪南市、泉南市、泉大津市などを含みます。

スポンサーリンク



中国地方:鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
因幡国 いなばのくに 鳥取県東部 因州(いんしゅう) 鳥取市・岩美郡・八頭郡
伯耆国 ほうきのくに 鳥取県中西部 伯州(はくしゅう)
東伯郡以西
出雲国 いずものくに 島根県東部 雲州(うんしゅう)
石見国 いわみのくに 島根県西部 石州(せきしゅう)
隠岐国 きのくに 島根県隠岐郡(隠岐諸島)
隠州(おんしゅう)
美作国 みまさかのくに 岡山県東北部 作州(さくしゅう)
備前国 びぜんのくに 岡山県東南部
香川県小豆郡・直島諸島
兵庫県赤穂市の一部
備州(びしゅう)
備中国 びっちゅうのくに 岡山県西部 備州(びしゅう)
備後国 びんごのくに 広島県東部 備州(びしゅう)
安芸国 あきのくに 広島県西部 芸州(げいしゅう)
周防国 すおうのくに 山口県東南部 防州(ぼうしゅう)
周州(しゅうしゅう)
長門国 ながとのくに 山口県西北部 長州(ちょうしゅう)

かつては五畿七道の山陰道と山陽道とに分かれていた中国地方も1県1令制国の地域が無く、複数の令制国が一緒になって県となりました。備前・備中・備後の山陽道に面した3国は元は吉備国という国でしたが、7世紀に3国に分割されたという経緯があります。

とはいえ、近畿や東海のように現在の県境をまたぎまくっているような複雑さはなく、県をほぼ2分、3分しているので県単位で見れば分かりやすいともいえるかもしれません。

なお、薩摩藩とともに明治維新の立役者となった長州藩の長州とは長門国の別称でもあります。そう、吉田松陰や高杉晋作、伊藤博文、桂小五郎らを輩出したあの長州藩です。出雲国、伯耆国の山陰側は、律令制以前の古代史では“出雲文化圏”として強大な勢力を誇った地域としても有名ですね。

四国地方:徳島県・香川県・愛媛県・高知県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
阿波国 あわのくに 徳島県全域 波州(わしゅう)
讃岐国 さぬきのくに 香川県全域 讃州(さんしゅう)
伊予国 いよのくに 愛媛県全域 予州(よしゅう)
土佐国 とさのくに 高知県全域 土州(どしゅう)

いやあ、令制国時代は五畿七道の南海道(紀州と淡路国も含む)とよばれた四国4県は実に分かりやすいし覚えやすいですね。阿波踊りの徳島県、讃岐うどんの香川県、伊予柑の愛媛県、土佐犬(個人的には土佐勤皇党)の高知県…と、それぞれの県に令制国時代の国名を直接想起させる名産があるというのも強みですね。

九州地方:福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県の旧国名

旧国名 読み方 現都道府県 別称 備考
筑前国 ちくぜんのくに 福岡県西部 筑州(ちくしゅう)
筑後国 ちくごのくに 福岡県南部 筑州(ちくしゅう)
豊前国 ぶぜんのくに 福岡県東部
大分県宇佐市と中津市
豊州(ほうしゅう)
二豊(にほう)
豊後国 ぶんごのくに 大分県ほぼ全域 豊州(ほうしゅう)
二豊(にほう)
宇佐市と中津市以外
肥前国 ひぜんのくに 佐賀県全域
長崎県ほぼ全域
肥州(ひしゅう) 壱岐市と対馬市以外
肥後国 ひごのくに 熊本県全域 肥州(ひしゅう)
壱岐国 いきのくに 長崎県壱岐市(壱岐島) 壱州(いっしゅう)
対馬国 つしまのくに 長崎県対馬市(対馬島) 対州(たいしゅう)
日向国 ひゅうがのくに 宮崎県全域 日州(にっしゅう)
向州(こうしゅう)
大隅国 おおすみのくに 鹿児島県東部
奄美群島
隅州(ぐうしゅう)
薩摩国 さつまのくに 鹿児島県西部 薩州(さっしゅう)

律令制の行政区分では五畿七道の西海道に分類される現在の九州の各県。現在の県は複数の令制国に跨って出来た県が多いのがお分かりいただけるかと思います。そしてもう一つ気付くのが、筑前や豊後、肥前など、前後で分けられた国の多さです。ちなみに分割される前の名前をご紹介しておきますと、筑前・筑後=筑紫国(ちくしのくに)、豊前・豊後=豊国(とよのくに)、肥前・肥後=火国(ひのくに/後に肥国)でした。いずれも7世紀後半までには今の形に分割されたといわれています。熊本を火の国と呼ぶのはここからきているのです。

なお、当時琉球王国だった現在の沖縄県は当時の日本の令制国ではありませんでした。

関連コンテンツ(PR)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ