ジョジョ5部“黄金の風”は神作か駄作か?主人公ジョルノ・ジョバーナの血統やラスボスのカリスマ不足に賛否?

現在絶賛放送中のアニメ版ジョジョの奇妙な冒険第4部の「ダイヤモンドは砕けない」。

ついにラスボス吉良吉影(きらよしかげ)が登場し、主要キャラが勢揃いで盛り上がっていますね。

現在第8部を連載中のジョジョシリーズの中でも、第3部と並んで屈指の人気作と言われている第4部だけに盛り上がりも頷けるのですが、個人的に心配となってくるのが「ダイヤモンドは砕けない」の次に当たる、第5部「黄金の風(おうごんのかぜ)」の事なのです。

実はこの第5部黄金の風、ジョジョファンの間でも評価が結構分かれており、2部「戦闘潮流」、3部「スターダストクルセイダース」や4部「ダイヤモンドは砕けない」に比べるとイマイチ影が薄いんですよねえ・・

スポンサーリンク

宿敵ディオの息子と言う設定に拒否反応を示すファンも?

この第5部「黄金の風」の舞台はイタリア。時代は2001年。

イタリアのマフィア組織「パッショーネ」に属する事となったかつての悪の帝王「DIO(ディオ)」の息子、ジョルノ・ジョバーナ(本名:汐華初流乃“しおばなはるの”)が、ギャングスターを夢見て仲間たちと組織でのし上がっていく様子を描いた作品です。

第1部「ファントム・ブラッド」から現在連載中の第8部「ジョジョリオン」の中ではかなり独立色の強い部となっており、そういう意味では、この第5部から見始めても十分に話が理解しやすいとも言えますね。まあ、主人公の父親であるディオや終盤で登場するジャン・ピエール・ポルナレフなどを知っておくために3部を読んでおいた方がいい事は間違いありませんが(苦笑)。

しかしこの第5部、わたしの周りのジョジョファンにはあまり受けがよくありません。ちなみに私の周りで最も人気が高いのは第4部で、その次が王道の第3部と言ったところでしょうか。

もう10年以上前の話だったと思いますが、友人や先輩たちとジョジョの話題になった時に、筋金入りのジョジョ4部ファンの先輩に好きなジョジョの部を聞かれ、「どれも面白いですけど、敢えて選ぶなら第5部ですかねえ」と言ったら、こういわれました。

「ジョルノの5部?ディオの息子なんて邪道だって。あれは有り得ない」

とあっさり言われてしまいました(涙)。

この先輩に限らず、イマイチ第5部ってわたしの周りでは人気が無いんすよねぇ・・

ジョースター家直系の他部主人公に比べると明らかに異質なジョルノ

第5部の主人公であるジョルノ・ジョバーナは、第1部と第3部のラスボスであり、ジョースター家の宿敵ともいえるディオの息子です。

第1部から第6部までのジョルノ以外の主人公たちは、みなジョースター家の直系の子孫たちなのですが、ジョルノはその意味でも異端中の異端と言えますね(第7部以降はパラレルワールドなのでここでは外します)。

しかし第3部でのディオの首から下の肉体は第1部の主人公であるジョナサン・ジョースターの肉体なので、その意味ではジョルノもジョースター家の直系と言う考え方も出来ます。しかしどうもこの設定に難色を示す先輩のようなファンも少なからずいるようです。

確かに肉体はジョースター家のものでも、それを支配している精神は悪の権化ともいえるディオなのですから、それに拒否反応を示すという考えも分からないではないですけど・・

ちなみに第1部から第6部までの主人公の血統は以下の通りとなっています。

第1部「ファントム・ブラッド」
ジョナサン・ジョースター

第2部「戦闘潮流」
ジョセフ・ジョースター(ジョナサンの孫)

第3部「スターダストクルセイダース」
空条承太郎(ジョセフの孫)

第4部「ダイヤモンドは砕けない」
東方仗助(ジョセフの隠し子・承太郎の叔父)

第5部「黄金の風」
ジョルノ・ジョバーナ(ジョナサンの肉体を乗っ取ったディオの息子)

第6部「ストーン・オーシャン」
空条徐倫(空条承太郎の娘)

こう見てみると第5部主人公・ジョルノの異端さが際立ちますよね。

ジョースターの血統にこだわりのあるファンからしてみれば、納得できないと言う考え方も分かるような気はします。

カリスマ不足?な第5部のラスボス

もう一つ個人的に思っている第5部の大きな欠点、それが

ラスボスのカリスマ不足

だと思います。

第5部のラスボスである「パッショーネ」のボス、ディアボロは時を飛ばす能力を武器に、誰にも正体を悟らせず晒す事もなく、もう一人の人格でもあるドッピオと巧みに人格を入れ替えながらパッショーネのボスとして頂点に君臨してきました。

能力は邪悪であり、狡猾で知能も高く、石橋を叩いても渡らないほど用心深い男です。能力的には他の部のラスボスにも劣らない程の敵キャラだと言えます。

ただし!!

圧倒的に他の部のラスボスに比べるとカリスマ性が足りないのです(私見です、あくまで笑)。

スポンサーリンク

ディオやカーズ、吉良やプッチと比べるとどうしても弱いディアボロのキャラ

例えば、第1部と第3部のディオは言うまでもなく悪のカリスマと言うに相応しい「絶対悪」でした。人間はあくまで捕食対象であり、支配する対象でしかありませんでした。

第2部のカーズは究極生命体として地球上の全ての生物の頂点に立つほどの圧倒的な力を持つラスボスでした。

第4部の吉良吉影は、「静かに平穏に暮らしたい」、「異常犯罪者」でした。圧倒的な悪意と能力で自分の欲求を満たし、自分の小さなテリトリーを守る事だけに固執する、まさに今風にいえば「最恐のサイコパス」でしたね。

第6部のプッチ神父は親友ディオの目指した「天国へ行く方法」の成就のためにジョースターの血統を絶やす事に執念を燃やす聖職者です。

これらのラスボスたちに比べ、第5部のボスであるディアボロの目的は「常に人生の絶頂でいる事」であり、そのために誰も信用せずに正体を隠しながらボスとして君臨しているのです。

これらがどうにも中途半端という印象がありますね。スタンド「キング・クリムゾン」の能力的には他のボスキャラと遜色ないのですが、「ビビり」な「ヘタレ」という印象がどうしてもぬぐえません(私見です、あくまで)。

第4部の吉良吉影はもっとビビりでヘタレでしょ?と言う意見もあるかもしれませんが、吉良はそれを自覚して完全に吹っ切れています。それに吉良は頂点に君臨しようなどという野心はこれっぽっちもありません。むしろストレスの温床となるような頂点になど立ちたくもないというスタンスです。常に目立たず平和な日々を過ごし、自己のゆがんだ欲求を満足させるために殺人をたまに行えればそれが何にも勝る幸福であるという人間です。

目的もキャラもカリスマ性も他のラスボスに比べて中途半端・・それがわたしのディアボロ評です。まあ、他のラスボスがあまりに秀逸過ぎるというだけなんですけどね(苦笑)。

仲間も敵も見せ場十分で人気も高いゆえのジョルノの悲劇・・

あと、もう一つ巷で言われているのが、主人公であるジョルノ・ジョバーナの影の薄さです。

非常に冷静で頭のキレるジョルノですが、一部ネットなどではこの第5部の実質の主人公はジョルノの属するチームの幹部、ブローノ・ブチャラティであるという評価が多いですね。

確かにブチャラティはカッコいいです。名言も名場面もジョルノよりも多く、この第5部においてはいわゆる「非常に美味しいところを持っていく」キャラです。

そのためにジョルノの影が薄く感じるというのは同意します。しかしこの第5部の主人公はやはりジョルノだと思いますね。ブチャラティを正しい道へと導いたのは間違いなくジョルノですし、常に冷静な判断と勇気ある行動でチームの要ともいえる活躍をしています。

ブチャラティ以外にもこの第5部には濃くてカッコイイキャラが目白押しです。

同じチームの仲間であるレオーネ・アバッキオ、グイード・ミスタ、ナランチャ・ギルガ、パンナコッタ・フーゴ、トリッシュ・ウナ。さらには主人公チームに負けない程の人気を誇る暗殺チームのリゾット・ネエロ、ギアッチョ、プロシュート兄貴、ホルマジオら。

とにかく仲間も敵もカッコよすぎて人気や見せ場が分散してしまっているのがジョルノの影を薄くしていると思いますね。他の分に比べて群像劇の色合いが濃いのがこの部の特徴であり、それもジョルノの影を薄くしている要因だとは思います。ですが、ジョルノは間違いなく主人公としての活躍してると思います。やっぱりこの5部の主人公はジョルノですよ、絶対に。

海外評価が高い第5部「黄金の風」




とまあ、ここでは個人的に大好きな第5部がなぜイマイチ地味なのか?その理由について探ってみたのですが、海外では第5部かなり人気高いらしいですね。

実際、海外のコスプレーヤーのジョジョキャラ見たら圧倒的に5部と6部のキャラが多いんですよね。

確かに5部と6部は非常に個性的なファッションが目に付く部ですね。登場キャラ達もルックスがよくファッションも非常にカッコいいです。

でも国内ではあんまり5部押しのジョジョファンがいないような気がするんですよね。

ただ単に3部好きや4部好き、2部好きな人たちの声が大きいだけなんでしょうか。

ちなみにこの記事ではあくまで第5部が地味だという前提で話を進めましたが、あくまで個人的見解なので5部ファンの皆さまお許しください。第5部が一番面白いと思っているジョジョファンの戯言ですから(苦笑)。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

One Response to “ジョジョ5部“黄金の風”は神作か駄作か?主人公ジョルノ・ジョバーナの血統やラスボスのカリスマ不足に賛否?”

  1. ジンガ より:

    5部は神作ですよ。地味?むしろあれほど派手な部も他にないと思いますよ。
    決着が常にどちらかの死なので戦闘は他の部のような温さが一切ありません。
    そのため、常に緊張感が漂っており物語に迫力が増しています。
    敵も他の部なら情けなく命乞いしたりするような小物が出るのですが、
    5部にはそのようなヘタレは皆無で皆覚悟が決まった強敵のみなので、
    戦闘の密度が最も濃い部と言えるでしょう。
    (唯一ヘタレだったペッシもちゃんと覚醒しましたし)

    ジョルノの解釈に関しても異議有りですね。特に異質だからダメと評したその意見はもうアホかと。
    異質だからいいんですよジョルノは。ブチャラティも確かに良キャラです
    があいつはそれまでのジョジョ主人公に性格が酷似していて、
    言っちゃ悪いですがマンネリ感が否めません。ああ、また熱血キャラか
    と。土壇場でお人好しの悪癖が出て非情になりきれない甘さも歴代の
    ジョジョに酷似していて正直言うと二番煎じなので微妙でした。
    今までの人気のジョジョ主人公の性格をそのまま移し替えただけの
    お手軽キャラにしか見えなくて進歩みたいなものが見えなくて。
    対してジョルノはというとディオの非情さがジョースターの高潔さと
    上手く組み合わさって、冷静さと非情さを併せ持った高潔キャラという
    今までのジョジョ主人公にはなかった新たなキャラ性を確立させた
    という意味で私はジョルノを高く評価しています。
    それまでのジョジョ主人公の悪癖であった「敵に非情になれない甘さ」
    がごっそり抜け落ちて容赦なくトドメを刺して悪を根底から殲滅可能に
    なった点も進歩の一つでしょう。あれ読んでて本当にイラついたので。
    (それを受け継いでしまったブチャラティが好きになれないのもこれが
    最大の理由だったりします・・非情になれないギャングって失格だろと)
    能力も単純な力押しではなくより頭を使った戦闘用の能力で、
    良い意味でそれまでの部とは区別化されてるのもいいです。
    GEが万能過ぎるという批判もありますが、ただ殴るだけのはずなのに
    何でも後付けで出来てしまうスタプラと比較すると最初に条件を提示し
    ているのでよほどフェアだと思います。

    ディアボロに関してですが確かに他の部のボスと比較すると地味ですね。
    でもそこが良いんだと思ってます。ある意味一番地に足のついたリアルな怖さがあるなと。
    麻薬やギャングというのは今の現実で最も身近な題材です。
    薬物による犯罪のニュースは昨今珍しくありません。
    吸血鬼や究極生物はフィクションですし4部のサイコパス要素も
    麻薬やギャングに比べれば遠い題材です。一番身近にある恐怖。
    ディアボロは地味ですが地味であるがゆえに一番身近で怖いボスです。
    あと一番主役メンバーをタイマンで葬った数が多いのはディアボロなん
    ですよね。最後もGERというチートの中のチートでしか倒せなかった点も
    いかにディアボロが強敵であったかの証明になってるかと思います。
    (6部のプッチはタイマンではなく能力の副産物でまとめて葬ったので
    除外しました)

    総括すると5部は神作という事です。以上です。

コメントを残す

このページの先頭へ